スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

毒魚を喰らう

関東で「アイゴ」が釣れると放流・・・
って普通の光景です。
刺されたらかなり痛いようで、高校の頃友人が
アイゴ=毒魚」を知らず、思いっきり握って
結果、身もだえしていました。

アイゴ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B4

和歌山の宿に置いてあった。
「イラストポイントマップ」を借りてみていると
ページ毎に「アイゴ」「アイゴ」と書いてあります。
そんなに「アイゴ」が釣れるのか・・・

千畳敷に居た釣り人に聞いてみると
「狙って釣る人もいますよ」との事。。。
何しろとても「引きが強い」らしいです
「グレの馬鹿引き、バリの無茶引き」って言うそうです。

新鮮な驚きです。旅はこうでないと

「美しい薔薇にはトゲがある」
わざわざ毒のある魚を食べるという事は=かなり旨い
でしょう~
白浜ちかくの巨大お土産センターで「アイの干物」購入しました。
結構安いです。
開くのも大変でしょう 刺されたら大変だし・・・

全体的に黄色いです
20060928062350.jpg


クセがある とのPOP表示がありましたが・・・
20060928062418.jpg


結構美味かったです。
クセもないし。アジの開きより身がしっかりしてて、
程よい油身です。

お土産や旅はこうでないとねぇ
銘菓「白浜の月」等を買っても仕方ないし・・・
関連記事
[ 2006/09/28 06:44 ] 釣り お魚について | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://funkyoyaji.blog72.fc2.com/tb.php/81-02e52a3c


アイゴアイゴ ''Siganus fuscescens'' (藍子、英名::en:Mottled spinefoot|Mottled spinefoot )は、スズキ目ニザダイ亜目アイゴ科 Siganidae に属する魚。体長30cm 。日本近海の暖かい海のサンゴ礁や磯に生息する。鰭(ひれ)の棘に毒
[2007/08/04 06:54] URL ギョギョギョでうぉっと驚き

アイゴアイゴ ''Siganus fuscescens'' (藍子、英名::en:Mottled spinefoot|Mottled spinefoot )は、スズキ目ニザダイ亜目アイゴ科 Siganidae に属する魚。体長30cm 。日本近海の暖かい海のサンゴ礁や磯に生息する。鰭(ひれ)の棘に毒
[2007/08/08 10:57] URL ギョギョギョでうぉっと驚き








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。