スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プラノのタックルボックス竿たての自作

管釣りで人気のプラノのタックルボックス

色々な竿立てキットが売ってますが
あっしは自作です。

自作竿立ての質問を頂いたのですが
昨年に作ったので
自分でもすっかり忘れてしまいました。

多分、竿たて3か所で
かかった費用500円位かな
工具はリューターです。

201303プラノ竿たて
黒い筒状のものはダイソーで売ってる懐中電灯
3本で300円

201303プラノ竿たて (3)
リューターで上部をカットして
切欠きを作ってます。切欠きはリールが収まるようになってるのと
ネジ廻しを入れる「口」にもなってるようです。
(自分で作ってすっかり忘れてる)

201303プラノ竿たて (3)
こんなところにも穴を開けてますが
こちらもドライバーを入れてねじを締めるために開けた模様(~_~;)

201303プラノ竿たて (6)
下側のねじ止め部分は黒いスポンジを貼り付けて
安定させるのと、黒い筒が外向きにならないようにしています。

201303プラノ竿たて (5)
内側からステンレスナットで2か所上下を締めております。

黒い筒は下部に穴を開けて
水分が入った場合に抜けるようになっております。

弱点はプラノのボックスが
中身が軽いと倒れる事かな。
前回の風が強い釣行でも大丈夫だったから
余程のことがないと倒れないけど

自作にしては上出来かなあ)^o^(
関連記事
[ 2013/03/21 06:56 ] ハンドメイド 釣具 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://funkyoyaji.blog72.fc2.com/tb.php/477-31ca744a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。