スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライト船釣りロッド 格安ロッド卒業か?

イサキ釣りに行ってから、
ライト船釣りロッドを
釣具屋さんでチェックしております。

大体、しばらく我慢すると
購買意欲も薄れてくる可能性が高いのですが、
物欲の炎が再燃する可能性があり、
折角調べたので記事にしてみます。

(この記事書き始めてから2ヶ月位経過しております、
釣具屋さんで何度も触って来ました。)

【今回のロッド選びのポイント】

・値段が安い方がイイ
20000円以下、できれば15000円以下

・丈夫な方がイイ
釣具屋さんに行って気が付いたのですが
竿先が細いロッドが多いです。
何だか折りそうな予感(・・;)

・バットが長い方がイイ
最近はやりの万能LTロッドですが
軽くするためか
グリップの長さが短いものが多いです。
60号のビシとはいえ、3.75g*60号=225g
脇で挟まないとチトつらいです。
グリップ長さは35センチ~40センチ位有れば良いみたいです。

・多少重くても丈夫なのがイイ
丈夫=重って事だと思いますが
軽いのは100g切ってるようです。
ビシ釣りなのでバランスさえ良ければそれほど軽くなくてもイイかな

【ダイワ リーディング 73】
MH-200 標準自重110(g)先径 0.8mm 鉛負荷30-80(号) 37,900円

こちらはかなり予算オーバーですが
触った感じはかなりイイですが
残念な事にグリップが短いッス。
前作にくらべ50g軽量化って
グリップが短くなっただけでは?

82調子で果敢に棚を攻めた方が
面白いという意見も頂いたのですが、
オモリを吊るした感じでは82は結構硬かったです。

てか、あっしにはまだ無理ですわ。
73と82の間が合ったら面白いと思うのですがどうでしょうか(^-^)

リーディングXA73の正統後継機種。
【セールス文章】前作より、胴~バットにパワーを持たせ、また穂先をグラスソリッドからメガトップに変更する事により、感度と操作性が大幅に向上。さらに30%以上(50g)の軽量化をはかり、ライトゲームをよりアクティブに楽しめる仕様にバージョンアップ。

ダイワ リーディング XA73 205II(廃盤品につき中古)

全長2.05m 2本継 錘負荷 15-60号 メーカー本体価格\37,300

もう型落ちで中古しか無いけど
中古ならば予算内かな
昔釣り船の船長さんだった人に
イサキ釣りの竿は何がいいか聞いたら
これがオススメとのこと。
イサキだけやるのであれば205の1がイイと事でした。
やっぱりこれかぁ?

【セールス文章】7:3調子で誘い、乗せる! ライトゲームスペシャル2ピース。
感度と操作性にこだわったシリーズ。キス竿のような繊細な穂先に、大物にも対応する粘り強くしなやかに曲がり込むバットがゲームロッドの可能性を広げます


【シマノNEW海明(かいめい)】

30 210 標準自重115 (g)先径 1.8mm 鉛負荷20~80(号)リールシート位置363(mm)

こちらはSBさん愛用のロッドです。
かなり使いやすいそうで、
イサキ釣りには評判良いらしいです。
「 誘うまでは7:3調子、魚を掛けてからは6:4調子 」
なかなか魚だけでなく人間もヒットしそうな素晴らしいうたい文句だなぁ


【セールス文章】汎用性、そして基本性能をグッと押し上げるために[海明]で実現した「変化調子」は、誘うまでは7:3調子、魚を掛けてからは6:4調子と理想的に変化し、積極的な誘いと確実に獲る粘りを生み出します。握りやすいフィッティングサポートCI4グリップ採用のほか、細部のパーツにもとことんこだわり抜き、衝撃さえ覚えるほどの軽さを達成。仕上がりに一切の妥協はありません。また、スパイラルXを採用したブランクスは、いうまでもなく竿本来が持つパワーや感度を十二分に発揮し、14アイテムのラインナップと併せて船釣りのあらゆる場面に対応、そして変化さえもたらす竿になりました。


【エイテックのALBATROSS fulafula アルバトロスフラフラ】
180ML 標準自重140(g)先径 1.05mm 鉛負荷15~60(号)23,000円

釣具屋さんで見てきました。
値段もいい感じです。
人気商品のだそうです。
グリップはぎりぎり脇ばさみ出来る長さのようですが、
ガイドの内径が小さいのと先っちょのブランクが細い(--;)
ちなみにトリガーシートです。
あっしはトリガーシートはあった方がいい派です。

【セールス文章】特殊加工GSSカーボンの限界知らずの曲がりに、切れ味をプラス。
カーボンの感度と軽さに、粘りと強度をプラス。どこまでも曲がる特殊加工カーボン「GSS」と、カーボンチューブラーをワン&ハーフスタイルでジョイントし、操作性と軽量化を実現。マイクロガイドコンセプト&ブランクタッチシート採用で感度とホールド感が更に向上した「新生Fulafula」が登場。
GSSの素材特性と、中弾性カーボンの復原力。絶妙のコンビネーションが生み出す、抜群のしなやかさと、小気味良い切れ味こそ「Fulafula」の身上。

【エイテックのALBATROSS fulafula アルバトロスフラフラ】
180M 標準自重145(g)先径 1.10mm 鉛負荷20~80(号)24,000円

こっちも触ってみましたが
MLよりいい感じかなぁ
50gのオモリをぶら下げてみましたが
海面に対して垂直よりやや斜めに竿先が入っていました。

210Mになると163gになるので
かなり重い部類になりますなぁ

【SUGOTEC LIGHTGAME スゴテックライトゲーム】
180ML 標準自重94(g)先径 1.0mm 鉛負荷15~60(号)29,000円

こちらも釣具やさんで見てきました。
何しろ丈夫さがウリみたいです。
カーボンをX状に巻いているそうで
興味を持ちましたが、
やはりエイテックさんはガイドの内径が小さいです。
小さい方がアタリは出やすいらしく
ガイド数もかなり多いです。

それとビシ釣りが視野に入っていないのか
グリップが短いです。
さすがに脇挟みはできない感じです。

カーボンのソリッド穂先なので
アタリを出しやすくするためにガイド数が多いのかな?
ネーミングがダイワ、
シマノにはないノリですなぁ

【セールス文章】スゴテック”は従来の素材の配合と製法を見直し、これまでにない驚異的な強度を実現したカーボンソリッド穂先です。巻込み強度大幅UP、張りのある高感度が特徴。
とにかく、ものすごいんです!
感度アップと糸絡み軽減を実現するFuji SiC Kガイド マイクロガイドパフォーマンス。
ブランク本来の性能を最大限に引き出すXラッピング採用で、ネジレ&潰れ強度アップ。
見やすい穂先カラー&糸巻きで目感度アップ


【LIGHT GAME CI4[ライトゲームCI4]TYPE73 M200】
TYPE73 M200 標準自重95(g)先径 0.9mm 鉛負荷15~60(号)38,000円

なかなかイイ金額しますなぁ(^-^;
重さも軽いですが、軽すぎる気がします。
保証がついてるような事も聞きました。
ただ、予算オーバーかなぁ
実際の竿を触ったのですが
やっぱり穂先が細いッス

【セールス文章】TYPE73のアイテム中もっともライトな仕様。ライトタチウオを中心にマゴチ、マルイカ、タイラバなど、幅広い釣種をこなす。少し柔らかめのセッティングを施した穂先はアタリを捉えやすく、同じ硬さ表示でもTYPE64より硬めに設定したバットは掛けアワセに向くセッティング

【LIGHT GAME CI4[ライトゲームCI4]TYPE73 MH200】
TYPE73 MH200標準自重98(g)先径 1.0mm 鉛負荷20~80(号)39,000円

こっちはMHです。
ミディアムハード略だっけ?
穂先がM200に比べて0.1mm太いですが
M200と比べてしっかりした感じがしました。
これもいいなぁ

ブリップはぎりぎり脇挟み可能って感じです。


【セールス文章】TYPE73 MH200[LIGHTGAMECI4]の中心的存在。メインで使用するオモリは50号とやや高負荷寄りの設定で、ライトタチウオを中心にライトヒラメ、イサキ、テンヤマダイなど、幅広い釣種に対応。73 M200同様、掛けアワセに向くセッティング。青物をもターゲットの範疇に入れてしまうポテンシャルは随一


ここまで悩んだ末に
やはり、今ある格安ロッドで
イイのでは無いかと思ったりして
持ってる格安ロッドを眺めてみる・・・

201303「オレンジドルフィン赤イカ マイカ180」 (3) 
乗り重視!! 赤イカ、マイカ(剣先イカ)ロッド
グラスロッドは用途が限られるし

201303 オレンジドルフィン 太刀魚テンヤ215(9) 
またもや格安タチウオロッド
こちらもいい感じですが、格安すぎてガイドがねぇ(^_^;)

最終的に【シマノLIGHT GAME CI4[ライトゲームCI4]TYPE73 MH200】 と迷って
お店でオモリを装着して、しばし熟考・・・・

シマノの方はグリップがやや短かったことと
アルバトロスフラフラが2本買えそうな価格だったので断念しました。

【エイテックのALBATROSS fulafula アルバトロスフラフラ】 を購入
浅草釣具のセールで安かったヽ(^。^)ノ

エイテックのALBATROSS fulafula アルバトロスフラフラ 180ML

エイテックのALBATROSS fulafula アルバトロスフラフラ スペック

この記事書いてて180Mでもヨカッタかな~と
まだ迷ってます(爆)
関連記事
[ 2013/07/13 05:56 ] 釣具 ロッド | TB(0) | CM(4)

Re: 短い竿を使う程

ばれたか?さん
こんばんは~

やっぱり、思った通りです(^_^;)
ばれました(^^)d

追い食いのことまで
頭が回りませんでした。

相変わらすスルドイですねぇ(^-^;

さて、今日は当然、
狙っていきますよね
船宿速報楽しみにしてます(^-^)





> 柔らかい竿でなければなりません。
> これはセオリーです。
> 追い食いを狙うには、曲げた状態で棚をキープ、もしくはコントロールしなければならない釣りは、硬い竿は不向きです。掛けた魚がロッドの力で浮いてきてしまうので…
> これは持論です。
> バレましたね。ここまで書いたら…
[ 2013/07/15 04:06 ] [ 編集 ]

短い竿を使う程

柔らかい竿でなければなりません。
これはセオリーです。
追い食いを狙うには、曲げた状態で棚をキープ、もしくはコントロールしなければならない釣りは、硬い竿は不向きです。掛けた魚がロッドの力で浮いてきてしまうので…
これは持論です。
バレましたね。ここまで書いたら…
[ 2013/07/15 00:07 ] [ 編集 ]

誰でしょうさん
こんにちは!

素晴らしい選択ですか(^^)d
ヨカッタです、(^.^)

誰でしょうさん
何となくわかりますよ(^_^)
違うかなぁ(((^_^;)
[ 2013/07/14 21:47 ] [ 編集 ]

シマノMH200

では、硬いですよ。
素晴らしい選択だと思います。
[ 2013/07/14 12:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://funkyoyaji.blog72.fc2.com/tb.php/473-15458e86










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。