スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

葛西臨海公園水族館とオキアミ

急にかーちゃんが、葛西臨海水族園に行きたいと提案があった。
マグロが新しく入荷して「いけす」に入ったと
ニュースでやっていたそうな。

もう、何回も行ってるので、今さらである。
個人的には夢の島や幕張の熱帯植物園などに行きたいのだが
(こう見えても植物も好きなのである)

まあ、近いし行ってみるか

朝、9:30オープン、
休日だが、朝一はお客さん少ないや

葛西臨海公園水族館1
 
前にも葛西臨海水族園の記事書いたなぁ

葛西臨海公園水族館10 
マグロ水槽
手前は下の娘

葛西臨海公園水族館9 
50kg位かな

葛西臨海公園水族館8 
例のごとく、ジグを忘れた。
ミラーマン参上!
かーちゃんの手鏡でキラキラさせても反応なし。
前回は幾分反応あったのだが…

葛西臨海公園水族館2 
金目鯛が居た。

葛西臨海公園水族館3 
深海の魚だから、じっとしてるかと思ったけど
スイスイ泳いでいるのも居て意外・・・
赤は保護色だと思うけど、黒い深海魚もいるね

葛西臨海公園水族館6 
日本水産㈱(ニッスイ)が南極でオキアミ操業してることの方が興味がある。
調べたら結構面白いページが出てきたのですが、長くなりそうなので
後述します。
葛西臨海公園水族館7 
じっとして動かないや。。。
世界初公開、無色透明な血液を持つ南極の魚!
「オセレイテッド アイスフィッシュ(ジャノメコオリウオ)」


血が赤くない魚らしいです。
わざわざ「ジャノメコオリウオ」で検索かけて、
葛西臨海水族園のページ探したのに
なんで「血が赤くない」のか、理由が書いてないじゃん。

ダメじゃん

海洋政策研究財団のブログさんに
記事があったが、残念ながらなぜヘモグロビンが無いのか
理由が書いてないわ。

いろいろ調べると、水族園の人がチリまで取りにいって
水温3度で運んできたらしい。
水温3度維持で、酸素入れながら空輸だと設備が大変だなぁ

全然関係ないけど、先日うちの水槽のアフリカンランプアイが
5匹位になっちゃったので、アマゾン原産のグリーンネオンテトラを
3匹買ってきて入れた。

アフリカとアマゾンの魚なのに仲良くしてていい感じです。

話が逸れるな・・・


次、タチウオ
釣りの対象魚ばかり目がいってしまう・・・

葛西臨海公園水族館4 
ほとんど動かないし・・・

葛西臨海公園水族館5 
給餌の時間を聞けばよかった…

次、タコ
葛西臨海公園水族館15 
動かないタコ
葛西臨海公園水族館16 
微動だにせんわ・・・

お次は、波のでる水槽
カワハギが・・・・

葛西臨海公園水族館13 
ミラーマン参上!

葛西臨海公園水族館12 
ミラーマンの右手が写ってますね
右上です。
キラキラさせるとカワハギが集まってきます。
おもしれぇ

お次、
最近、ニュースで話題になった
スチーブマックイーンペンギン

葛西臨海公園水族館17 
みんな元気だな
フンボルトペンギン
フンボルト海流が流れ込む南アメリカの沿岸地域に暮らしており、主にペルーフォカ島(南緯5度)からチリアルガロボ(南緯33度)にかけて繁殖しているほか、南緯42度のチロエ島にも繁殖地がある[1]
出典:ウィキペディア フンボルトペンギン
暖かいところに住んでいるのね・・・

葛西臨海公園水族館18 
探してみました。


葛西臨海公園水族館21 
あらら・・・
餌タイムになっちゃった・・・
これじゃ、みつかんないよ。

餌やりの飼育員さんの姿が見えないのに
急に活性があがった。
音で判るのかな・・・


葛西臨海公園水族館20 
こりゃ探すの無理だよ

葛西臨海公園水族館22 
と思ったら、餌を食べたら一斉に毛つくろいタイムに
めいめい、ばらけて食後の一服・・


葛西臨海公園水族館23 
こやつです。
ひと時の自由を堪能して、収監されました。
楽しかったのかな

葛西臨海公園水族館19 
炎上マーケティングのような気もしないでもない。。。

さっきのオキアミの件ですが、下記リンクのページが結構面白いです。
ニッスイさんのページです。

オキアミ すみません、キャッシュで残ってるようなのでいつ見れなくなるかわかりません
南極から日本へ
日本水産株式会社
オキアミ事業部オキアミ課

日本水産㈱は、世界で唯一オキアミ事業部を専門に設けて、
南極オキアミ戦に取り組んでいます。
多くの遠洋漁業が消え去りつつある時代の流れの中で、
なぜ過酷な南氷洋で危険なオキアミ操業を続けるのか?

以下上記ページの抜粋です
リンクしてるのでゆっくり見てちょ

やっぱり釣り用のオキアミも南極で採ってるんですね
冬の暗黒の南極海は、探検家も避ける零下20~30度の強風が吹き荒れ
捕鯨全盛時代も冬に操業することはなかった。しかし、
ここ数年は釣り人の皆さんの「白い硬いオキアミが欲しい」との要望が、
われわれ操業者に厳冬の南極海への挑戦を促す力となって、
飛沫が凍り付いて船体を覆う厳冬期も、操業を続けている。


ニッスイさん、釣り人の気持ちをよくわかってらっしゃる(笑)
難しいように見えるが、オキアミ漁も、
釣り人の皆さんが魚を釣るのと基本は全く変わらない。
まず、船が向かう漁場は過去の漁獲記録に基づいて、
海流や氷山の状況などを考慮して決める。
船長も道具に凝るタイプ、漁場の選定に注力するタイプに大きく二分される。
本当に漁のうまい船長は、これらのバランスが絶妙で素晴らしい。
道具に凝り出す人は漁が悪くなるとやたらと漁具の調整や手直しをする。
場所にこだわるタイプだと、少し下降気味となると場所を変えたがる。
いつでも結果を残す人は、例外なく観察眼に優れている。
微妙なワイヤのすれ、雑音にしか聞こえないウインチの響き、
鯨や海鳥・ペンギンの動き、そして氷山の形態など。


釣りが大きな市場なのですね
また日本の消費市場は世界に解放され世界中から
オキアミも含めた多くの水産物が輸入されています。
ではオキアミ漁業存続は国の力に頼るのか?
否!オキアミ漁業を継続させる原動力は釣り人の皆さんが
自由な消費者として厳しくかつ楽しくオキアミを使っていただいていることにほかなりません


熾烈な国際競争なのだなぁ
この厳しい市場戦争での戦友は、ほぼ30年間に渡って、
ともにお客様に釣り餌を提供してきた、
全国の当社の主要ディーラー、販売店、さらにはオキアミを使う釣り人の皆さんです。
この戦友の支持を得るべく、安定供給、品質改善に邁進してきました。
中略
南極オキアミが、近い将来、人類の宝になると信じているからであり、
一般の人たちの知らないところで、科学者、交渉担当官たちが奮戦しているのです。
これに参加していないと、気がついたときには膨大な資源が、
15~16世紀の大航海時代以来世界を席巻してきた欧米勢力に
主導権を握られていた、ということになりかねないからです。


うーん、ニッスイさんは食用としていろいろ取り組んでるようですが
スーパーなどではなかなか見かけないですね

ここのオキアミは食べられるようです。
値段書いてないや
宇都宮水産(伊豆下田)

「食用 オキアミ」で検索ずると結構食ってる人いるなぁ
どこに売ってるんだろ、釣具店のはちょっとなぁ


関連記事
[ 2012/07/04 23:16 ] その他 普通に日記 | TB(0) | CM(4)

Re: タイトルなし

nuemiさん
こんばんは~

そうなんですよ、動かないタチウオが
餌をガシガシ食べるシーン見たかったですね~

ミラーマンは古かったですね~
主題歌の「ミラーマン ミラーマン」
ってのはなんとなく記憶があるのですが
ジェネレーションギャップ?v-404

> ああ、タチウオの捕食シーンが見たかった…。
> 結構勢いよく突撃するのでは?
> ちなみに本家ミラーマンは、私が生まれた頃に放送されていたらしい(爆)。
[ 2012/07/07 01:15 ] [ 編集 ]

ああ、タチウオの捕食シーンが見たかった…。
結構勢いよく突撃するのでは?
ちなみに本家ミラーマンは、私が生まれた頃に放送されていたらしい(爆)。
[ 2012/07/07 00:54 ] [ 編集 ]

Re:

もんちゃん
毎度でぇす

釣具屋のは嫌だよ
調べたらこんな感じだよ(・・;)

オキアミ蛍紫コーティング 900円

厳選した大粒オキアミをケイムラコーティングした付けエサ用のオキアミ!!ケイ ムラ加工したことにより紫外線が当たると海中で光り集魚効果が高まります。


>百聞一見に…!(◎_◎;)
>是非釣具屋のオキアミ食べて感想を?


[ 2012/07/05 20:05 ] [ 編集 ]

百聞一見に…!(◎_◎;)
是非釣具屋のオキアミ食べて感想を‼

[ 2012/07/05 04:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://funkyoyaji.blog72.fc2.com/tb.php/372-67a87897










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。