スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鯛カブラ製作

鯛カブラ製作ネタで・・・
これ以外に簡単に作る方法はありますが
素人製作過程でございます。

Reels + Wheels

参考サイトでございます
まいど参考にさせていただいております

針金1.2

1.2ミリのステンレス製の針金です、
ホームセンターに普通にあります。

プライヤー1

ワイヤーループプライヤー です
きれいなワッカが出来るプライヤーです。

プライヤー

丸いところに沿って曲げればあっという間に・・・

針金2

こんな感じです
今回は1センチくらい針金が平行する部分を作ります。
針金4

銀ロウで付けた場合にできるだけ面積が大きくなるようにするためと
軸に沿ってネクタイ等を固定するためです。

銀ロウ1

銀ロウです
こちらもホームセンターで売ってます。
溶接よりは強度が無いが、半田よりは強度がでる代物。
銀が主成分なので少々値がはります。
溶かすにはバーナーが必要でございます

銀ロウ2

平方ミリ当たり45kgの引っ張り強度があるようです
但し、できるだけ針金を密着させた方が強度が高いそうです。

銀ロウ3

こんなものも直せるようです。
いまどき、鍋を直す人も少ないと思いますが。。。
シルバーアクセサリーを作ってる人に聞きましたが
銀ロウにもいろいろな種類があるようです。

フラックス

ロウ付けしたいところに塗れば、銀ロウがはじけないで上手く隙間に回る事になります。
ちなみにフラックスの素材はガラスだそうです。。。

白いペーストですが「水」で粘度を調節すると使いやすくなります。
針金を包むように塗るとバーナーを当てた部分の針金が黒く焼けないで済みますよぉ。
ちなみに、シルバーアクセサリーを作る人はめがね屋さんの店頭にある
超音波洗浄機を持ってるそうでコレで洗うと黒ずみが取れるようです。

マイクロバーナー2
超小型バーナーです。
コレでフラックスを付けた針金を焼き針金が真っ赤になったところで
銀ロウの「棒」をあてがうととろけて隙間が埋まり密着します。

針金3

ワッカをくっ付けた写真です。
これはちょっと曲がってるので失敗作です。

オモリ1

鯛カブラのオモリです、号数表示が凸のように出てるのでコレを
ナイフで削って平らにします。当然、サンドペーパーでも良いですが
あっしは「鉛」の粉が飛ぶのでカッターで削ることにしました

後程コーティングするのでそれほどツルツルにしなくて良いです
ちなみに近隣に鯛カブラオモリが売ってない方は
南紀紀南釣具センター
の通販が便利です。
通販にもかかわらず、配送された包みの中に手書きの「暑いので釣りには注意してくださいね」の手紙が入っておりました。
なかなかきめ細かいサービス大変感動しました。感動したので宣伝しておきます。
昨年南紀に旅行に行った際、この釣具屋さんは一度行ってみたかったんですが
時間がありませんでした。

オモリ2

オモリの号数表示が凹の場合は「2液性エポキシボンド」で埋めます。。。
↑この写真は埋めた後です。
90分硬化型のエポキシボンドもありますが成分が一緒なんであっしは↓コレを使用しています。

コレ
ボンド

30分で固まるので注意が必要です。チューブから均等に出してマゼマゼしてください。
90分のものが「防水」なのでコッチが正しいと思います
今回はスピード重視です。

オモリ3

先ほどくっ付けた針金を穴に差込みます。
ヨーズリのオモリでは1,2ミリの針金は2本分ピッタリサイズです。


オモリ4

針金は一旦奥まで差込みます
ペンチの平らな部分で「トントン」するといい感じで奥に入っていきます。
ただ、最終的にはまた、引っ張って元の位置に戻します。

オモリ5

反対側の針金を曲げて銀ロウ付けします。
この絵では反対側の針金がロウズケしていないですが、本当は
反対側は既にくっ付いており、両方ワッカになってます。
鉛にワッカが近いと、バーナーの熱が鉛に逃げますので
なかなかロウ付けが完了しません

ウレタン

ウレタンフロアです
ドブ漬けすると鯛カブラのオモリの下の方に「しずくちゃん」が溜まりますので
すぐにチッシュで拭ってあげましょう~
ドブ漬けは3回くらいでいいと思います。
全体的にツルツルになればOKです。
ちなみに、どんぐりウキを製作されている方のサイトでウレタンフロアを
四角く固めて、水に漬けて比重を計ってるサイトを見かけましたが
比重は水とそれ程変わらないようです

オモリ塗装2

塗装ですが、一旦金色のMrカラーで全体を塗りその上に
赤やチャートを乗せていきます。
これは、一旦塗装してその上に赤ラメをパラパラくっ付けたものです
今更ですが、鯛カブラのオモリ部分は基本的にアピールしないので
鉛のままでもいいようです・・・・・・ってこの記事無駄じゃん
右はチャート
真ん中は赤ラメ
左は・・・・・


青貝
ハンズで売っていた「青貝フレーク」です 700円くらいでした
よく、漆の工芸品のお盆とかテーブルとかに貝が埋め込んでありますが
あれ、キレイですよね~「螺鈿」(らでん)というそうです。
今回は螺鈿風に仕上げてみました。

オモリ塗装4

先ほどの「2液性エポキシ接着剤」を鯛カブラオモリに乗せて
「青貝フレーク」をパラパラふりかけて、爪楊枝でモザイクにするとこんな感じになります。
この後、数回ウレタンどぶ漬けすると。凸凹が平らになっていきます
「螺鈿」を深く追求したい人は「麻生商店」こちらのサイトをドウゾ~
「青貝」 「螺鈿」 「材料」とかで検索をかけると螺鈿の材料が出てきます。
手鏡とか作ってらっしゃる方もいるようです。
男性は「手鏡」作ってマス!と言うと今の時期誤解を受けますので要注意です。

オモリゴム管

数回、どぶ漬けしたオモリにラバースカートとネクタイを付けます。
ラバースカートとネクタイは最近釣具屋さんにたくさん売ってます。
コレは、ウキ留めのゴム管です1.2mの針金2本分ですと
一番小さいウキゴムがフィットします。
今回は斜めにカットします。

オモリゴム管2
よいしょ、よいしょ。。。。(笑)

オモリゴム管3
装着完了!!
うーん、ゴム製品を被せる行為久しぶりです・・・・
しかし、この記事物凄く長いなぁ~

オモリゴム管5
上のほうに写ってるこの道具は「OFT/オフト ラバースレッダー」
ワームに刺してスレッダーにラバーを通して引っ張れば簡単に虫ワームができます。
な道具でございます。
ワームをゲジゲジ仕様にできるそうです。
今度、根魚ワームにコレでネクタイを装着してみたいと思います。

ウキゴムに通して・・・・・

ラバースカートを引っ掛けて

ラバースカートを引っ掛けて・・・

ラバースカートを引っ掛けて2

引っ張ると・・・・

ラバースカートを引っ掛けて3

装着完了!!
増毛してるようです・・・・
アデ○ンス~♪
増毛が得意な方はオモリ本体に増毛してもいいかもしれません・・・
(キモチ悪いって・・・)
オモリの上のほうに増毛して「7・3」別けとかするとカッコイイかもです・・・

ネクタイ

同様に「ネクタイ」を装着します
「7・3」別け「ネクタイ」「増毛」とか
かなり、おやぢなキーワードが増えてきました(爆)

ラバースカートを引っ掛けて4

増毛完了!
ネクタイ完了!
針はシーハンターなどで作ってワッカに結べばOKです。
道糸に絡む場合はハリスの上部を熱収縮パイプで固めるといいかもしれないです

鯛カブラでき

完成です!
水中実験したところ
ネクタイは下向きに装着した方が反転流を受けてヒラヒラ度が高いようですよ

あとは出勤してください!(笑)

※コレで釣ったことあるの?って質問は無しで(爆)




おあとがよろしいようで。。。。。。

関連記事

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/09/26 23:38 ] [ 編集 ]

nuemiさんこんばんは~
「あとは釣行記が揃えば完璧」
「あとは釣行記が揃えば完璧」

キタ━━━━━(  д) ゚ ゚━━━━━━!!!!(爆)
一番、恐れていたツッコミ
キタ━━━━━(  д) ゚ ゚━━━━━━!!!!
頑張ります(笑)

隊長さん
鯛釣り行ったんですね!!!
キタ━(゚∀゚)━!!!!!
キタ━(゚∀゚)━!!!!!
キタ━(゚∀゚)━!!!!!(笑)

進呈しますので
あっしの代わりに釣ってください、おねがいします(祈!!)
「あとは釣行記が揃えば完璧」
が簡単にクリアできると思います
お願いだから使って!(爆)



よしさん
カマス釣ってますか?~
メチャクチャ参考にさせていただきました
結構、釣行記に感化されての釣りって
多かったりするんですよ~
やはりそちらでもブレード系ですか
でも本当はミノーで釣りたかったんですが風が強くて・・・・

『南紀』ではなく『紀南』釣具センターですね、(恥)
コソッと直しておきます・・

どーよさん
こんばんは~!
やっぱり研ぎ出しですか!
しかも塗装をしてからの研ぎ出しだと
塗装の層の断面が出てきたりする訳ですね~
塗り物で見かけますね~
うーん、手が込んでますね~
作ってしまいそうでコワいです・・・・
[ 2007/09/24 02:47 ] [ 編集 ]

いつもいつも紹介ありがとうございます。
螺鈿ですが貝田ルアーとかで見かけますね。
ってか数本ありますが。

やり方としては
青貝フレークを付けます→1度ウレタンコーティング→その上にまた塗装→違う色を塗装→またまた違う色を塗装と何重かに塗装をして、1度ウレタンで上の色を保護します→貝の段差をペーパー掛けをすると綺麗な塗装になり→またウレタンにてコートします。
研ぎ出し作業ですんで面倒くさいです。


[ 2007/09/23 22:45 ] [ 編集 ]

なぁ~だ。売らないの?
残念・・・
それはそうと昨日、タイラバ釣行してきましたが、あのドキドキ感は、はまりますよねぇ~
[ 2007/09/23 21:13 ] [ 編集 ]

お久しぶりです  
しかし本当に『売るほど!!』作ってますね~!  しかもかなりの出来で!!  釣具屋で売ってるのと何ら変わらない気が!?
ちなみに鯛かぶらのオモリ通販してる釣具屋は『南紀』ではなく『紀南』釣具センターですよ(笑)
  
ここ最近、忙しくてしばらくPCチェックしてなかったので知らなかったですが(すみません・・)カマス僕の参考にしてもらってたんですね!  実は僕がジグやミノーに拘ってるだけでこちらでもブレード系のクルクルとかが一番釣れる時多いです(いまさら遅いですが・・)


[ 2007/09/23 16:38 ] [ 編集 ]

nuemiです
そろそろ釣具屋を始めると白状してください(笑)。ネット販売しても、かなりイイ線いくのではないでしょうか。あとは釣行記が揃えば完璧(爆)。
[ 2007/09/23 00:33 ] [ 編集 ]

隊長さん
こんばんは~
販売はしないっすよ~売れるような代物ではないです(笑)
凝り性なんで、ハマッてしまっただけです。。。
こんなんでよければ要りますか??(笑)
ラバースカートとかは色があればご希望で。。。
今なら大丈夫です。
[ 2007/09/22 21:36 ] [ 編集 ]

うわぁ~完成してるv-10
個人的にはグリーンがいいなぁ。
そろそろ販売っすか?
[ 2007/09/22 19:53 ] [ 編集 ]

こんにちは~
グランツさん
そうですね~(^o^)いい時期ですもんね~
ダイビングやってる人のサイトで、七つ島のリポートでは鯛が沢山いるみたいですね~
いんてぃくも作り始めましたよ~
ムフフo(^-^)o♪d(⌒〇⌒)b♪
[ 2007/09/22 17:37 ] [ 編集 ]

この丹精込めた鯛カブラ!

10月の釣行!

爆りそうな予感が・・・(゜ー゜)ニヤリ
[ 2007/09/22 11:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://funkyoyaji.blog72.fc2.com/tb.php/221-8b455b06










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。