スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アシストフックの理由2

kozakana.jpg

うーん 青物は頭から小魚を喰うのか?尻尾から喰うのか?

知りたーぃ!!

某水族館に電話して聞いちゃいました。。。

ワシ:「もしもし、魚の生態について教えてほしいのですが?」

女性:「どういった種類の魚でしょうか」

ワシ:「えー ブリとかヒラマサとかの青物ですが」(あくまで丁重に。。。)

女性:「少々お待ちください」(おー!!担当がいるらしい 期待大)

おじさん:「もしもし」

ワシ:「青物の餌のとり方について知りたいのですが、ブリとかの青物ってどのように餌をやっているんでしょうか(気分的には:そちらにいらっしゃる青物様はどのようにしてお食事されてますか?)」

おじさん:「えー魚の大きさによって、ぶつ切りにしたり、丸のまま与えたりしていますね」(すごい丁寧で嬉しいじゃ、あーりませんか!)

ワシ:「そうですか~(喜!)丸のまま与えた場合はブリとかってどのように魚を食べてるのでしょうか?頭からですか、尻尾からですか?」

おじさん:「当館ではブリはいませんが、青物は・・・・・・青物は・・・・(キター!)

おじさん:「「尻尾から丸呑みですね~」(ワシ:んんッ~~ あれー おかしいなー(汗;))

ワシ:「あっ(汗;)そうですか~ では生きてる魚を青物が食べるとき場合って、やはり尻尾からでしょうか?追い越して反転してガブリでしょうか?」

おじさん:「普通に後ろからですよ。。」

ワシ:(うっ;;)

ワシ:「という事は、尻尾から食べると背ビレや尾ビレが逆になって引っかかっちゃったりしないのでしょうか?」

おじさん:「ええ、当園にいる、鳥やペンギンなどは全部頭から飲み込みますね~。でも魚は関係ないようですよ~」

ワシ:「あッ、そうですか、実は私、釣りをするモノでして、本当にお忙しい中恐縮なんですが、青物を釣ってまして、昔は尻尾の方に針を付けたんですが、最近頭の方に針をつけるのが主流でして。。。。。その理由は知りたくてお電話したしだいです」

おじさん:「ほー そうなんですか~」

ワシ:「で、一説によると頭の急所を狙って一撃を与えてから食べるとか、ホントにブリとかは頭から食べるのかな~と思った訳です、恐縮です」


おじさん:「普通ムロアジなんかを餌にして釣る漁師さんは針を頭につけますよね~口から通したりして、そういうことなんじゃないかと思いますよ~、小魚でもありえない動きをするのは決して食べないですね」

ワシ:(うっ、ルアーだって事言い忘れた。。。。ルアーだと尻に針付けても大して動きに大きな問題はないんだよな~ おじさんにココでルアーですよって言っても、今更説明大変だし。。。)

ワシ:「そうですか、いやー本当に有難うございました~助かりました~


おじさん:「いえいえどうも」


おじさんはとても丁寧に説明をしてくれたのですが、本当は「必ず頭から食べますよ」って答えて欲しかったんだけど、事実は事実として受け止めるしかありません。ただ、毎日魚と接していて本当に魚が好きでこの職業に就いたであろう水族館のおじさんの話はまちがいないでしょう、ただ、急所を狙って一撃喰らわしてから食べるってのは余りに擬人化された表現で、丸呑みしちゃえばいいのでそんな事はないでしょう(たぶん。。。。。)

あーすっきりしないなぁ~ (水族館のおぢさんありがとう、今度は餌をやる時間を調べて見にいきますよ~)


コメント
隊長さん
お返事ありがとうございました。
結構、シングル、ダブルの地域差があるのかもしれませんね。
私はヘタクソなので外房でテールフックを着けると根掛りでしょう。
毎回、ジグ入れてカウントダウンするのですが「もうチョイ!もぅチョイ!」と落としていくと、必ず根掛りします(泣)

投稿 ファンキーおやぢ | 2006年6月26日 (月曜日) 19:50

こんばんは。
ファンキーおやぢさん。
松山に釣行する時は、基本的にテールフックとアシストフックの併用ですが、根掛かり地帯では、アシストオンリーになります。
その場合、シングルか、ダブルかについては、フッキング率が高いのか、最近はダブル装着者が多いように感じています。私もその一人です。

投稿 隊長 | 2006年6月25日 (日曜日) 22:11

隊長さん
こんばんわ コメントありがとうございます。(喜)
「メジロまでなら、ジグを寝かせるイメージでヒラヒラ誘うとアシスト、高速早巻きジャカジャカで誘うとテールに喰らいついてきます。」ってのはかなり分かりやすいですね~
いやいや貴重なご意見です~。
ありがたい限りです。

ちなみに隊長さんはテールフックとアシストフック併用ですか?
関西ではアシストシングルが普通ですか?
ファンキーおやぢは日本海でジギングデビューしたのですが(東京在住です)皆さん2本フックが普通でしたが、関東では2本フックの人はほとんど見かけませんね~
でも、2本フックでダブルで掛かるのもかなり意外で面白いんですけどね~(最初はビックらコキましたよ)

投稿 ファンキーおやぢ | 2006年6月22日 (木曜日) 00:35

こんばんは。
ファンキーおやぢさん。
先日、私のBlogに訪問していただいた後、何回かお邪魔していたのですが、今回初めてコメントさせていただきます。
”青物は頭から小魚を喰うのか?尻尾から喰うのか?”・・・確かに、疑問です。(てか、よう判らんです。)
メジロまでなら、ジグを寝かせるイメージでヒラヒラ誘うとアシスト、高速早巻きジャカジャカで誘うとテールに喰らいついてきます。
時期的なお魚の遊泳力の差なのか・・・。
ただ、ブリ級になるとスローでのヒラヒラで反応するようで、アシストでしか経験ないです。
あくまでも、素人ジガーの考えです。
また、お邪魔します。

投稿 隊長 | 2006年6月21日 (水曜日) 22:29

そうなんです、ビミョーにかみ合っていなかったんです。(笑)
ファンキーおやぢがしつこいので。。。。。この絵は水族館のHPにありました。大きい魚はマグロです。

投稿 ファンキーおやぢ | 2006年6月 6日 (火曜日) 05:40

水族館のおじさんと微妙に会話がかみ合ってない…(^^;
ところで 上の絵はファンキーおやぢさんが書いたんですか
ヒラマサがベイトを追ってるシーンだろうなぁとは思いつつ
私にはルアーが小魚おってるようにしか見えません(^^)


投稿 ボート船長 | 2006年6月 5日 (月曜日) 12:24

つりに行きたい・・・

投稿 ファンキーおやぢ | 2006年6月 4日 (日曜日) 07:35

はやく続きを・・・

投稿 hoop | 2006年6月 3日 (土曜日) 17:57

ほ!
船長さんですね〜
どもども〜

hoopさんから聞きましたが、大物ゲットの後に、かなり衝撃的な事件に遭遇したようですね〜
(体長1、7メーター重さ70キロ)ぐらいだったらしいですね〜
なかなかお目にかかれるもんじゃありませんよ
東京湾で「ラッコ」が10匹並んでバタフライで泳いでるのを目撃するくらい貴重でしょう(んなことないか)
「続き」は忙しくてなかなかかけません〜
展開はわりとしつこく食い下がります
このコメントケータイからなの

投稿 ファンキーおやぢ | 2006年6月 2日 (金曜日) 20:01

アドレス入手したのでやってきました
続きが気になるっす


投稿 ボート船長 | 2006年6月 2日 (金曜日) 12:52

表層に限って追い越して飲み込みますよ。→ほう~ 

ベイト(ジグ)の周りの水ごと
吸い込む!です・・・
重いジグはとりのこされ、軽いフックのみが口に入る・・・
どうでしょう?
→その通りだと思います

たぶん、GTやシイラ型の頭の形の魚(目と口が近い)はちょっと捕食の仕方が違うでしょう(生態含め)ブリ、ヒラマサとカツオ、マグロの捕食の仕方も少し違う気がします。四国でマグロ漁をやっていた人に聞いてみよっと~。、最近「四国に戻ってまた漁師やろうかな~」なんて言ってる気のいいお兄さんが(元遠征漁師さん)会社に行けばいるのですわー。
しかし、ワシらのやり取りってかなりディープゾーンに突入してますね~

投稿 ファンキーおやぢ | 2006年6月 2日 (金曜日) 06:13

海と水槽は全く違いますからね~カツオ、マグロはもろ後ろから追い越して飲み込みますよ。
表層に限ってですが・・・
ナブラ打ちはテールにトリプルです。
ジギングやりませんが、私の見解はベイト(ジグ)の周りの水ごと
吸い込む!です・・・
重いジグはとりのこされ、軽いフックのみが口に入る・・・
どうでしょう?

投稿 hoop | 2006年6月 1日 (木曜日) 18:25
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://funkyoyaji.blog72.fc2.com/tb.php/18-bdbcd252










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。