スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

James Brown Godfather of Soul

久しぶりの音楽ネタです

興味のない方はスルーで・・・・

25日に偉大なSOULシンガーが
天国へ旅立ちました。(泣)

夜更かししてしまいました。。。。

いつかはこうなると思って
武道館に行けてよかったです。

しんみりしても仕方ないので
よろしければ
下の動画でゲロッパ!してください。

James Brown R.I.P. (ABC news)
http://www.youtube.com/watch?v=tvKL5m01628

ジェームス・ブラウン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェームス・ブラウン(James Brown、1933年5月3日 - 2006年12月25日)は、アメリカ合衆国のソウルミュージックシンガー・音楽プロデューサー・エンターティナー。JB。

ファンクの帝王と呼ばれ、 "The Hardest Working Man in Showbiz"(ショウビジネス界いちばんの働き者) "The Godfather of Soul" などとも称される。


プロフィール
サウスカロライナ州バーンウェル生まれ(1928年、テネシー州プラスキ生まれ説もある)。ファンク界の帝王とも呼ばれ、20世紀の最も重要な音楽家の1人に数えられた。歌手、ダンサー、そしてバンドのリーダーとして有名であり、1960年代から常にポピュラーミュージックに影響を与えつづけてきた。

ジャズ音楽家のマイルス・デイヴィスは彼の影響を受けたと告白しており、ヒップホップが広まるにつれ、彼のリズムの使い方が数多くの歌のインスピレーションになっており、その他ハウス音楽などダンス音楽全般において彼とそのバンドのリズムパターンが使用、引用されている。代表曲『Get Up (Sex Machine)』はあまりにも有名。

自身のバンドを J.B.'s と称しており、そのサックス奏者メイシオ・パーカー (Maceo Parker) は絶大な人気を誇っている。

なお、2004年1月28日に妻に対するDV(俗に言う「家庭内暴力」)の疑いで逮捕された。また、1990年頃にも麻薬関連で事件を起こし、一時期服役していた。

だが、彼を慕う人々は多く、独特の歌い方・圧倒的な声量・軽やかなステップとまさに持って生まれた天性の素質を活かしている。アメリカンフットボール最高峰NFLのチャンピオン決定戦やスーパーボウルのハーフタイム、『ロッキー4/炎の友情』に出演した事もある。

また、驚異的な記憶力で知られており、無名時代からの世話になったDJや関係者の名前などを覚えており、相手はどうせ忘れているだろうと思っていたら、JBがフルネームで覚えており「あの時はありがとう」と言ったなどという逸話が残っている。

2006年12月25日、ジョージア州アトランタの病院にて死去。享年73。

JAMES BROWN UK HALL OF FAME 2006 INDUCTION
http://www.youtube.com/watch?v=FmvTI8C9E50

JAMES BROWN LIVE TOKYO,JAPAN
http://www.youtube.com/watch?v=JQr19Ahgw-c

James Brown - Living in america
http://www.youtube.com/watch?v=gMMIND6I7YA

James Brown - Sex Machine
http://www.youtube.com/watch?v=CkGg3XkN80U

James Brown Live 8 - I Feel Good
http://www.youtube.com/watch?v=IWcNiebYGuo

The Legend James Brown - Eyesight
http://www.youtube.com/watch?v=4re_DvIXB9o

Michael Jackson King of Pop and Jame Brown Godfather of Soul
http://www.youtube.com/watch?v=zHTEve5igDk

jacket_l[1].jpg


James Brown - It's a Man's Man's Man's World
http://www.youtube.com/watch?v=OnvNLEBgsCU

以上でごわす
関連記事
[ 2006/12/26 01:13 ] 音楽 SOUL&FUNK | TB(0) | CM(3)

hoopさん
麻薬撲滅運動しながら、自らが麻薬で
パクられる・・・
その逸話は知らなかった
しかし、話のネタには尽きない人でした。


TSUYOSHIさん
こんばんは~
そうなんです。
誰にもマネ出来ない男
FUNKの語源はJBです。

じつはそれほどJBは聞かないんですが
影響を受けた弟子達は結構聞くのですた。

[ 2006/12/26 23:09 ] [ 編集 ]

私は映画「ブルースブラザーズ」でその存在をはじめて知りました。
"本家FUNKYおやぢ"ことJB…
Funkyおやぢさんのネーミングにも彼の魂が宿っているのですね。
[ 2006/12/26 21:58 ] [ 編集 ]

残念でごわす・・・
麻薬撲滅運動しながら、自らが麻薬で
パクられる・・・
サイコーでした。
ご冥福を祈ります・・・
[ 2006/12/26 19:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://funkyoyaji.blog72.fc2.com/tb.php/147-218597f1










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。