スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これはいけません

老後の趣味が・・・・

こんなニュースを発見しました
これはいけません。
でもあっしは嫌いじゃないけど
釣った以外はあんまし食べナイですよ。
怖いから・・・
でも、あっしみたいに
「おやぢ」にはあんまり関係無いですケド

でも実は妊婦はメカジキは
食べる量制限されてるんですよ
食物連鎖のピラミッドの上の方にいる
あんましよくないみたいですよ(がっかりですが・・・)
http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/06/tp0613-1.html

汚染と乱獲が原因ですから
やっぱり、食用油は新聞紙を裂いて吸い込ませてから
燃えるごみに出しましょう~
(すげえ安易な結論やな・・・)

乱獲と汚染、42年後に食用の消滅…国際研究チーム

 約40年後にはすしや刺し身が食べられなくなる?――。の乱獲と環境汚染が現在の規模で続いた場合、2048年までに食用可能な介類のほとんどは消滅してしまうという報告をカナダ・ダルハウジー大などの国際チームがまとめた。

 3日付の米科学誌サイエンスに掲載された。

 同大などが03年まで50年あまりの世界の海洋調査や群記録などのデータを解析した結果によると、世界で漁獲した魚の29%は、同年の時点で漁獲量の9割が減少。これらは乱獲や汚染などによる生態系の破壊が原因と見られ、湖や川でも同様の傾向がみられるという。

 すでに危険な状態にある大西洋マダラのほか、将来的には、アサリなどの二枚貝からカジキ、キハダマグロなどのマグロ類、さらには魚をえさにする鯨類までが、ピーク時の1割以下という漁獲困難な水準に衰退する恐れがあるという。
(読売新聞) - 11月4日


なんか悲しい気分~



関連記事
[ 2006/11/05 20:27 ] 釣り お魚について | TB(0) | CM(2)

影ワニさん
こんばんは~♪

東京の川も護岸工事がすすんで、家の近くには昔はカニやゴカイが沢山居たんですけど、今は淋しいかぎりです。

なかなか、環境汚染って実感湧かないですが、東京湾がキレイニになったといっても全世界的にみたらあんましいい方向には行ってない気がしますね。
孫の代まで楽しい釣りが出来たらいいなぁ~と思います。
いつになく真面目なふぁんきいおやぢでした。
[ 2006/11/07 23:14 ] [ 編集 ]

こんにちは。
海の汚染問題は深刻ですね。
名古屋港も汚染が進んでて、特にシーバス等のフィッシュイーターは軒並み食うなと言われます。
しかもそういう汚染されやすい所に限ってシーバスは居つくんですよねぇ。

取り敢えず、自分も天麩羅油は燃えるゴミに出すよう徹底しますよw
[ 2006/11/07 11:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://funkyoyaji.blog72.fc2.com/tb.php/110-5b60b677










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。