スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プライヤーシース発注いただきました。

今年は釣具自作サイトのように
なってしまったこのblogですが、
プライヤーシースを発注頂き
作成してみました。


 201312プライヤーシース自作レザー (2)
こちらはお借りした
ラパラのアルミプライヤーです。

201312プライヤーシース自作レザー (3)
この大きさでとても軽いです。

201312プライヤーシース自作レザー (4) 
量ってしまいました。
軽さを重視してご使用されているようです。
ご依頼のMさんは巨大魚ハンターで
マグロからシーバスまでこなします。

201312プライヤーシース自作C (10)
型紙です。
ある程度汎用性があるように
大きめに作っています。

201312プライヤーシース自作C (4) 
こちらはGさんの
プライヤーです。

バストーナメントでも使うのでしょうか?
最近、メキメキ上位にランクUPしてるみたいです。

201312プライヤーシース自作C (3) 
KAHARAのプライヤーです。

手のひらに収まるサイズで
 
201312プライヤーシース自作C (6)
型紙を作りました。
 201312プライヤーシース自作C (5) 

 
201312プライヤーシース自作C (7)
型紙は牛乳パックみたいなものがいいです。 

201312プライヤーシース自作C (18) 
現物合わせ。

今回は落下防止の「ヒモ」を
引っ掛けるリングを作りました。

201312プライヤーシース自作B (8) 
ステンレスのDリングを埋め込む事ばかり考えていて、
いい案が浮かばなかったのですが、ここにきて閃いた。

今回のレザーは2mm厚ですが、
薄くしたい箇所もあるので
「革漉き」を買ってみました。

レザークラフト業界では
使ってる人も多いようです。


201312プライヤーシース自作C (11) 
届いたら「角質取り」だった(*´∀`)

201312プライヤーシース自作C (12) 
一応、 ドイツ Solingenで作られたらしいです。

201312プライヤーシース自作C (13) 
カンナと同じ仕組みです。

201312プライヤーシース自作C (15) 
替刃を外した所

201312プライヤーシース自作C (14) 
余り上手く削れないのですが、
替刃の片方の歯が長いみたいで

201312プライヤーシース自作C (16) 
向きを変えたら削れるようになった。

201312プライヤーシース自作C (28) 
もう1つ、新しい道具です。
「菱目打ち」です。

201312プライヤーシース自作C (29) 
開けた穴が菱形になってるそうで、


201312プライヤーシース自作C (30) 
糸を通した後に穴が「締まる」ってことらしいです。

201312プライヤーシース自作C (31) 
いつもの糸
麻糸を使う事もあるみたいですが
耐久性重視

201312プライヤーシース自作C (32)  
ボンド

201312プライヤーシース自作レザー  
今回も「栃木レザー」です。

201312プライヤーシース自作C (17) 
型紙も重要ですが
最終的には様子をみてカットします。

この部分は「コバ」が凸凹しないよう
出来上がり直前でもう一度かっとします。

201312プライヤーシース自作C (19) 
防水の「ロウ」を塗るので
養生のアルミテープ貼り

201312プライヤーシース自作B (2)
スキーのワックス塗りに使っていた
小型アイロン


201312プライヤーシース自作B (3) 
南無~

201312プライヤーシース自作B
ロウを塗ると
レザーの色が変わります。

 
201312プライヤーシース自作B (4)
ロウを塗ると
しなやかな革がゴワゴワになります。
201312プライヤーシース自作B (5) 
良く調べると、ロウを浸みこませた革は
実際にあるようで
「ブライドルレザー」と呼んでるみたいです。

本場英国では、数日間、ロウをしみこませているらしく
乗馬の「鞍」に使われているそうです。

ロウを染み込ませている為、
カビとも見えてしまう白い粉(ブルーム)が
浮き出る場合があるそうです。

201312プライヤーシース自作C (21) 
完成後に再度ロウ塗り

201312プライヤーシース自作C (22) 
アイロンを使って大幅に作業性UP


201312プライヤーシース自作C 
いつもか違える箇所
ベルトに通すループ部分が
縫い目にかぶってしまうので
カットしました。

201312プライヤーシース自作C (23) 
Gさんの分
 201312プライヤーシース自作C (33)
小さめです。

201312プライヤーシース自作C (34)  
脱落防止リング

201312プライヤーシース自作C (27)
Mさんの分

ロウをレザーに浸みこませた場合
白い粉みたいなものが浮き出てくるので
ボロキレで擦るといいみたいです。

コンロで炙るとロウが溶けていい感じです。

濡れた場合は、入れっぱなしだと
プライヤーが錆びる可能性があるので
プライヤーシースとプライヤーを水洗いして
それぞれ別に陰干しすると良いと思います。

あっしが使っているのは
ロウを塗っていないですが
先日ジギングに行って頭から水をかぶりましたが
干したら元に戻りました。

元々、布で破れてしまって作り始めたので
革と意識せずにガンガン使ってみてください。

そういえば、今日は2013年大晦日ですね
皆様よいお年を!!

スポンサーサイト

大峯千日回峰行

釣りと関係ない話です。

仏教について以前書いた記事ですが
塩漬け状態だったので、UPしてみます。

ほぼ毎日、山登り往復48キロ、標高差1300メートル超
実施期間は5月3日から9月22日、年間143日の期間だけ
1000回登るとなるとおよそ9年の歳月が必要。

お坊さんの修行です。

同じことの繰り返しで見える真実(WEB記事です)

大峯千日回峰行大行満大阿闍梨・慈眼寺住職 塩沼亮潤
出典:WEDGE Infinity

「大峯千日回峰行」
山での修業を途中でやめるためには
持参した短刀で自害しなければならない掟だそうです。

その後、

9日間飲まず・食べず・寝ず・横にならずの『四無行』

生死に関わる修行なので
事前に葬式をしてからだそうで。。。。

断食の途中からうがいは可能だそうですが、
見張り役のお坊さんが
「うがい」の水の量をチェックしてるそうです。(*_*)

参考までに、不眠の世界記録は11日間だとか。

1時間ほどの動画ですが
如何ですか、
淡々と語ってますが、内容はすごいです。

[ 2013/12/23 17:16 ] その他 普通に日記 | TB(0) | CM(0)

外房ジギング 2013年12月

外房ジギングに行ってきました。

20131214外房黒潮2   
数日前の黒潮の流れ
2013年12月6日から12日

20121214黒潮 
2012年
20111215黒潮流れ 
2011年

20101214黒潮流れ 
2010年

201312外房ジギング (2) 
潮は大潮

201312外房ジギング (13) 

前日の船宿記事
ワッショイ♪(´∀)ノ━( ・ω)ノ━【☆*★祭★*☆】(´Д)ノ━(・∀)ノ━ワッショイ♪
ワッショイ♪(´∀)ノ━( ・ω)ノ━【☆*★祭★*☆】(´Д)ノ━(・∀)ノ━ワッショイ♪
ワッショイ♪(´∀)ノ━( ・ω)ノ━【☆*★祭★*☆】(´Д)ノ━(・∀)ノ━ワッショイ♪

201312外房ジギング (7) 
平日なのにほぼ満員
ワッショイ♪(´∀)ノ━( ・ω)ノ━【☆*★祭★*☆】(´Д)ノ━(・∀)ノ━ワッショイ♪

201312外房ジギング (3)
天竜ジグザムディープライダー 56/S-6 (∩゚∀゚)∩

201312外房ジギング (9) 
北西の風強く
チンサムウェーブのうねりは無し
ワッショイ♪(´∀)ノ━( ・ω)ノ━【☆*★祭★*☆】(´Д)ノ━(・∀)ノ━ワッショイ♪


201312外房ジギング (8) 
水深40m~50mを狙いました。
ワッショイ♪(´∀)ノ━( ・ω)ノ━【☆*★祭★*☆】(´Д)ノ━(・∀)ノ━ワッショイ♪
 

201312外房ジギング (14) 
鳥山も見かけました。

201312外房ジギング (12) 
サンマも飛んでました。
サメも泳いでました。


201312外房ジギング (10) 
いつものOさん。ヾ('・'*)ノ゛

201312外房ジギング (19)
釣れません。(´・ω・`)ショボンヌ

201312外房ジギング (23)
潮が早いです。とても(; ̄Д ̄)

201312外房ジギング (16)
!Σ(×_×;)!
201312外房ジギング
( ̄△ ̄ゞ=ヾ ̄△ ̄)
 201312外房ジギング (11)  
祭りが来るかと思ったのですが(´ヘ`;)
 
201312外房ジギング (26) 
来ませんでした。


201312外房ジギング (28) 
港に帰りました。

201312外房ジギング (29)  
私もですが、Oさんも

201312外房ジギング (30) 
ボウズです。(◞‸◟ㆀ)ショボン


疲労 
Oさん、意気消沈(◞‸◟ㆀ)ショボン

船中ワラサ3
ヒラマサ1

201312外房ジギング (6) 
帰りに勝浦坦々麺を食べようと思いましたが
探しても店が無く。゚(゚´Д`゚)゚。

馬鹿ちゃんラーメン2 


201312外房ジギング (4) 
車がたくさん止まっていた
ここにしました。。゚(゚´Д`゚)゚。

馬鹿ちゃんラーメン 
(@ ̄□ ̄@;)!!

201312外房ジギング (5) 
セット850円(☆/>u</)

大多喜看板 
(*・∧・*)?

大多喜秀治看板 
。゚(゚´Д`゚)゚。


大多喜秀治  
(@ ̄□ ̄@;)!!


[ 2013/12/17 07:14 ] 釣行記 ジギング | TB(0) | CM(8)

IPA(イソプロピルアルコール)でジグの塗装はがし

中古ジグのリペイントをしています。
今回はイソプロピルアルコールで塗装を剥がしてみました。

樹脂製のミノーでもやっている人がいます。

あっしが説明するより
こちらのほうが詳しいので
リンクを貼っておきます。

塗装剥離実験室~IPA(イソプロピルアルコール)と漂白剤を使用した塗装剥離

201312ジグ塗装はがしIPA (2)
カー用品店で買いました。
180円

ホームセンターだと100円位で
売っています。

201312ジグ塗装はがしIPA (3) 

成分にIPAと表示がありました。
調べると薬用で消毒にも使われているようですが、
普通のアルコールと比べ少々匂いがします。

201312ジグ塗装はがしIPA (5)
100円SHOPのパスタ用のタッパー
この樹脂は溶けないです。

201312ジグ塗装はがしIPA (4) 


201312ジグ塗装はがしIPA (6)
一晩置くと、
塗装がシワシワに(;゜∀゜)



歯ブラシで擦って
さらに一晩置くと

201312ジグ塗装はがしIPA (7)
簡単に塗装が剥がれました(*´∀`)
手袋しないで液体を触りましたが、
やめたほうがいいです。

手の油が抜けて真っ白になります。

201312ジグ塗装はがしIPA 
同じように見えるジグですが、
GL工房のツルジグは鉛にメッキがしてあり、
IPAで塗装を剥がした後が楽です。

シャウトのステイは塗装が落ちますが
下地が少々残りました。

アクセルのウレタンコーティングした
マサムネは全くコーティングが溶ける様子なし。

でした。

TKB決勝大会に参加しました。

登山の経験が全く無い人は
エベレストを前にして
頂に立つことは
全く想像出来ないであろう 。

登山家は日々鍛錬を積み
経験と引き出しを増やし
ようやく、その頂に立つことが出来る。

釣りは実力の世界

おそらく、釣りを始めた頃は
そんな事は微塵も思って居なかったに違いない。

先日、とある友人から
外房でヒラマサを2匹釣ったと連絡があった。
船中で唯一の釣果でしかも2匹だそうだ。

ヒラマサ釣りに通い、試行錯誤し
たどり着いたステージ
これは「運」が入る要素は微塵もなく
やはり実力で叩き出した釣果といえるのであろう。

カワハギ釣りの大会では
「匹数」を競う大会が多い。
今回参加したDKBは3枚の長さを競うのではあるが
実はここにも大型を釣る技術があるようだ。

予選で2回ご一緒させていただいた
N名人は3回予選に参加し
3回とも決勝進出枠に入っていた

しかも、私の参加した予選会では
途中寝ていた。


大会前日、熟睡した。
予選から日数が経過した上に
「グレートサミット」に辿りつけないことを悟った結果である。

家のそばに「スーパー」がある、
「サミット」である。
閉店間際のアサリ半額を目指し買い物に行くのである。。


今回の大会はダイワさん主催の釣り大会である。
カワハギ釣りに於ては「匹数」を競う
「DKB」が最も権威のある大会である。

今回もダイワさん主催の大会で、
釣ったカワハギの3匹の長さの合計を競うのだ。
但し、大きさに関しては
狙って釣る事が難しく、
参加した大会も誰にでも上位に食い込む可能性はあるが、
当然ながら「数」を釣る人は大物も釣る実力は上である。


5時半、荒川屋さんに到着した。
さすがに12月になると寒い 。



201312DKB決勝 (6)
 
ストーブが着いていた。
寒い寒いと言っているが
服も着ないで寝ている……

201312DKB決勝 (32) 
船宿の番犬
ちらと一瞥し
何を主張するでもなく

201312DKB決勝 (33) 
すぐに寝てしまった。

「ちらと一瞥して、また、寝てしまう」のは、
毎晩仕事から帰ってきた時に
慣れているので問題はない。

むしろ、愛情表現と理解している。


たまに「おかえりなさい」等と言われると不吉な予感がする。

今回はブログで知り合った
sagexpさんにお会いできるということで
楽しみにしていたのである。
 
赤いクーラーが目印ということで
なかなか来ない。

しばらくして赤いクーラーの人が現れた。

声を掛けるとやはりsagexpさん でした。
ブログの文章で人物像を想像し
意外だったりするものであるが
想像通りの雰囲気で、その上

201312DKB決勝 (38) 
カッコいいのである。
服装もとてもおしゃれである。

そういえば自分は20代後半に
ネットで知り合った人の
釣りに参加したのであるが
皆、口をそろえて
「20歳位年上かと思っていた」
と言っていた、
よほど文章が年老いていたようだ。

顔出しOKと本人に確認したが
少々悔しいので
隠してしまった。

昨年は船中2位になったらしく、
今回も予選一回で通過である。

当然の事ながらDKO、
シマノステファーノグランプリ決勝進出等
歴戦の猛者なのだ。

天はニブツ、いや、
二物を与えずと言われているので、
きっとどこかに弱点があるに違いない。

201312DKB決勝 (7)
ダイワのNさんのレギュレーションの説明。
愛想の良い素晴らしい社員さんである。


途中、仕事とはいえ、釣りを見ているのは
辛いでしょうと声を掛けた所、
「慣れています」と笑顔の返事があった。
ちなみに自称「イカ星人」だそうである。

「イカ星人」とはイカ星からやって来た
イカ王子ではなく、
「イカ釣り」を溺愛しすぎてやまない、
「イカ釣りフリーク」の事である。

「コリン星人」の小倉優子とは関係がない。

「タコ星人」 「アジ星人」「ショウサイフグ星人」は
余り聞いたことがない。
「イカ星」からやって来た
「イカ星人」だけに許された称号である。

「あなたは何星人ですか?」
と聞かれるかと思い身構えたが聞かれなかった。

聞かれたら危うく
「オッパイ星人」と正直に答える所であった。

ちなみに「オッパ○イ星人」とは
「オッパ○イ星」からやって来た……


閑話休題


201312DKB決勝 (9) 
船長のあいさつ。
今回は船宿の賞もあり
気合いが入っているはずだ。

201312DKB決勝 (37) 
釣り座は左舷ミヨシから2番目
両サイドの方にご挨拶

船釣りでご挨拶の
タイミングを逸してしまうことが多いので
最近は真っ先に
ごあいさつすることにしている。

挨拶をしないと、
元来気が弱い人間なので
「オマツリ」をした際の険悪な雰囲気がたまらなく辛いのだ。

オマツリをすると、謝罪の念に苛まれ
船縁を乗り越え
海に飛び込み、そのまま「オッパ○イ星」に戻りたくなるのである。

そんな訳で自宅でも誰よりも先に
真っ先に挨拶をしている。


201312DKB決勝 (34)
晴れてよかった。

201312DKB決勝 (11)
出航。 

 
 

201312DKB決勝 (35) 
準備万端である。


今回は
Aトリガー180とシマノのオシアカルカッタ201
スマックレッドチューンと
エイテックのウルトラコンタクト 91

ポイントは竹岡沖
先程、ご紹介した、
「天はニモツ、いや、二物を与えず」の
sagexpさんと釣りの話や音楽談義

sagexpさんは「レッチリ」が好きなようで
落ち着いた風情から意外に
音楽の趣味は ファンキーな様子である。

ちなみにあっしはファンク音楽が好きであるが
白人アーティストでスタイルが
ファンキーな グループとして「レッチリ」を認識していた。

その証拠にこの動画 である

「レッチリ」とP-ファンクの総帥「ジョージクリントン」とのセッションである。

この動画に出てくる
ファンカデリックのギタリスト
「ゲイリーシャイダー」はいつもオムツをしている。

今回は出演していないが
手下のベーシストはブーツィーコリンズである。
いつも星型のサングラスをしている。

このブーツィーコリンズは小倉優子と同じくコリン星からやって来た
ブーツィーコリン星人なのだ。

自分は「フィルコリンズ」も
コリン星人では無いかと疑っている。

数年前、日本でも宇宙人が総理大臣に就任した事がある。

以下は側近である菅直人副総理兼財務大臣の記者会見における発言である。

記者の「鳩山総理の発言が軽いと言われている」との質問に対し、

「もともと宇宙人と称せられている総理ですから、言葉の意味が我々と言っていいのか地球人と若干同じ言葉でもニュアンスが違ったりしますので、私は長い付き合いですから、あまり深刻に考えてはいません。」
出典:Wikipedia


地球侵略を目論む宇宙人がここまで浸透しているとは恐ろしい限りだ。




ブーツィーコリンズ

先程、申し上げたジョージクリントン総帥だが
こんな名言を残している。


「全ては股間のイチモツの角度次第」



201312DKB決勝 (12)
天はニモツ、いや、二物を与えずと言うが
幸いなことにこの世に「男」として性を受け、
ささやかな「イチモツ」を所持している。

両親に感謝である。

あっしの今日の釣果も
「全ては股間のイチモツの角度次第」である。


201312DKB決勝 (13) 
竹岡沖に参加釣り船が集結

201312DKB決勝 (14)   
早速、釣り開始
開始から20分位で
2匹ゲット

と思ったら
その先が伸びない

201312DKB決勝 (17)
普段は釣りをしている最中は
爆釣で忙しく食事をすることはないのだが、
今回は特別に昼飯たべた。
余裕である。(爆)

201312DKB決勝 (15)
船長も船内の沈黙した雰囲気を察してか
早掛け賞がスタートした。

1流し後、沈黙
2流し後、

掛かってしまった。

先程、所用を済ませたので

「イチモツの角度が良かったようである」


201312DKB決勝 (20) 
好きな賞品を選んでいいということで 

201312DKB決勝 (19) 
トースター頂いてしまった
ダイワさん太っ腹である。

きっと社員皆さんは常に角度が良いに違いない。

201312DKB決勝 (16)
オモリは25号
いつものタルマセ釣りである。

201312DKB決勝 (2) 
このブログもうそろそろ、
自分の釣りに関して何か書いてもいい頃だと思うのだが……

201312DKB決勝 (3) 
当日の様子はsagexpさんの記事をご参考ください。

 201312DKB決勝 (21) 
終盤にきて検量タイムである。

201312DKB決勝 (22)  
多分、22、19、15センチ位だっただろうか 
最終的に5枚であった。

船内ブービー賞もあるという事で
即座に釣りをやめてしまった(爆嘘) 

201312DKB決勝 (31)
表彰海上に次々集まる
参加釣り船

201312DKB決勝 (4) 


201312DKB決勝 (24)
船内各賞の発表。
ブービー賞に期待したのだが
残念ながら頂けず。

ブービー賞を頂くのも難しいものだ。

201312DKB決勝 (25) 
飛び賞ゲットの
sagexpさん
201312DKB決勝 (26) 
豪華賞品の数々

201312DKB決勝 (27) 
完全に元を取った感じである。

201312DKB決勝 (23) 
総合優勝の発表。 
各船宿の1位は須原屋さんであった。
自分も2回予選で須原屋さんで
乗船したのだが、
残念ながら須原屋さんで予選突破できなかった。

皆さんにダイワさんの25リッターのクーラーが
配布されていた。

須原屋さんだったら
おこぼれに預かれたはずである。

ただ、自分が須原屋さんで出場していたら
須原屋さんは船宿の1位にはなっていなかったはずである。

 
201312DKB決勝 (28) 



今回の死力を尽くして頂いた賞品の数々
(参加賞)
201312DKB参加賞 (4) 
キチントさん
フライパン用のホイルシート

一回使ってみたかった。

201312DKB参加賞 (6) 
釣り糸「Seaguar(シーガー)」 の呉羽化学さん協賛。
これから自宅のサランラップは
すべて呉羽化学にすると決意した。

201312DKB参加賞 (5) 
ダイワさんから
クーラーに貼るシール状の定規
これは素晴らしい

残念ながらこのシールを貼るための
クーラーは着いていなかった。

201312DKB参加賞 
同じくダイワさんから

ありがとうございました。

201312DKB参加賞 (2) 
ダイワさんから
近々、YAZAWAのコンサートを見に行く予定があるので首から下げて行こうと考えている。


201312DKB参加賞 (3) 
ダイワさんから
予選で頂いたのは緑だった。
明日、近くの小学生と公園で約束があるので自慢するつもりだ。

201312DKB早掛け賞 (3) 
早掛け賞のトースター

実は最近、家内が食パンにチーズ乗せて焼くのが大のお気に入りのようである。
毎朝、パンをコンロの魚焼きスペースに入れている。

自宅に帰り、家内に「トースター」だと伝えた所、「こんなに小さいの?」「冷蔵庫の脇のスペースに入る!」と大変喜んでいた。

包装紙にくるまず渡したのだが、
どうやら、「オーブントースター」と勝手に勘違いしているようであった。

怖いので、すぐに寝てしまった。

ダイワさん、協賛各社の皆様
船宿の皆様
大変お疲れ様でした。

貧果に終わったのは
シ○ノのリールとエイ○テックを使ったからである。

やはり、釣具はダイワである。

アシストフックの自作

こんにちは。

もう何年も前から市販品は
買わなくなってしまいました。
イニシャルコストはかかりますが
作った方が安いですし。

では早速、

【材料】
ザイロンノット(50号)
エポキシ2液接着剤(30分硬化型)
ニードル
セキ糸(PEライン1~1.5号)

【道具】
カッター
つまようじ
バイス(あれば)

201312ジギングアシストフック自作 (5)
ザイロンノット50号です。
少々太い気がしますが
抱きつき防止で腰のある太めです。
使ってるうちにに柔らかくなります。

ちなみにザイロンは紫外線に弱いらしく
ケースは透明じゃないのが良いかと思います。

以前買った、出来合いのアシストフックも
パッケージに紫外線防止と書いてありました。

ザイロンについて調べると

ケブラーに比べ2倍の強度を持ち、
弾性率、 650°C高い分解温度、難燃性を持っている。
出典:ザイロン - Wikipedia

ザイロン技術資料より:東洋紡
高湿度雰囲気下では、100℃以下の温度でも
強度低下が起こります。
高温多湿の場 所は避けて保管して下さい。

耐光性
ザイロン®は光に曝されると強度が低下します。
キセノン耐候試験機での評価(左下図)では、
ザイロン®は初期の強度低下が非常に大きく、
屋外使用では遮光が必要です。
右下図に示すように、屋外暴露試験では、
6 ヶ月後の強度保持率は約35%です。

やはり、紫外線には弱いみたいです。
もともとの繊維の色は黄色ですが、
ザイロンノットはコーティングしているのかもしれません。
使っていると、黄色い繊維の色が出てきます。

よつあみHPより
ザイロンが最強といわれているのは、
その比類なき強度だけではない。耐切創性や高耐熱性、
高難燃性にも優れている。
特に優れた耐切創性は釣りにおいて強力な武器となる。

だそうです。

劣化に関してはいずれも
急速に進むものでも無いですし、
ひなたにおきっぱなししない限り大丈夫でしょう。

201312ジギングアシストフック自作 (3)
今回はシャウトの3/0です。
ダブルバーブです。
ダブルバーブは
奥まで刺さると「2点支持」になるので
バラシが減るかなぁ

ちなみに「シャウト」=「ささめ針」さんです。
「シャウト」さんのサイトは別にあると思いますが

ささめ針さんのHPハンパ無いです。
グルメ探検隊「やっちまった!ウミケムシをついに食らう!」2009年7月27日 UP!
外道イーターのあっしですが、
さすがにこれは無理(;つД`)

それ以前に閲覧要注意


201312ジギングアシストフック自作 (4) 
いい感じです。
「針」メーカーですから安心です。


ザイロンノットの
長さを決めます

201312ジギングアシストフック自作 (6)
結ぶ所を指で押さえて

201312ジギングアシストフック自作 (7) 
折り返しフックの下の方に届く位を目安に、
セミロングジグにピッタリ位の長さです。


201312ジギングアシストフック自作 (8)
ハサミでは切れないので
折り返してカッターでスパッと切ると

201312ジギングアシストフック自作 (9)
切り口がキレイです。

201312ジギングアシストフック自作 (14) 
 
ザイロンノットですので
芯があるので抜きます。
(ザイロンXは中芯が無いです。)

201312ジギングアシストフック自作 (16)
爪で摘まんで

201312ジギングアシストフック自作 (17)
簡単に抜けます。

201312ジギングアシストフック自作 (18)
なんか気持ちいいですね(*´∀`)

201312ジギングアシストフック自作 (19)
ニードルです。
ザイロンノット50号なら大きいので大丈夫です。

30センチ位の針金を同じ長さで折り曲げて
Uの字になった先を差し込んで引っ掛けても出来ます。

201312ジギングアシストフック自作 (50) 
よく出来てますね

201312ジギングアシストフック自作 (49) 
引っ張る時
201312ジギングアシストフック自作 (51) 
差し込む時

201312ジギングアシストフック自作 (24)
差し込んでいきます。

201312ジギングアシストフック自作 (26)
中央部で繊維から顔を出させます。
先に折り曲げて顔を出す
位置を決めておいたほうがいいです。

差し込んでいくとザイロンノットが
じゃばら状になって短くなっちゃうので……



201312ジギングアシストフック自作 (28)
引っ掛けて

201312ジギングアシストフック自作 (29)
 
引っ張ると

201312ジギングアシストフック自作 (30) 
中に入って行きます。
無理するとニードルが壊れます。

201312ジギングアシストフック自作 (31)
そのまま引っ張っていきます。


二重になったラインを
多少指でしごいて
長さを合わせて


201312ジギングアシストフック自作 (38)
反対側からつまようじで
穴を広げます。

201312ジギングアシストフック自作 (44)
フックにあてがって
どこで外に出すか決めて

201312ジギングアシストフック自作 (40)
グリグリ


201312ジギングアシストフック自作 (45)

ズボッ
途中から穴を開けます。
この長さがフックに接触する面です。


201312ジギングアシストフック自作 (41) 
穴が開いた状態で
このままソッと

201312ジギングアシストフック自作 (42) 
フックの先から
入れていきます。
※ザイロンノットの切り口(逆)から入れないように(*´ω`*)
201312ジギングアシストフック自作 (46) 
バーブが引っ掛かりますが
慎重に芯を通して


201312ジギングアシストフック自作 (47) 
よいしょ

201312ジギングアシストフック自作 (48)
抜けた

201312ジギングアシストフック自作 (58) 
ザイロンノットの長さが多少違いますが気にしない
接着剤硬化後にカット可能です。

201312ジギングアシストフック自作 (55) 
エポキシ2液の接着剤
30分硬化型が柔らかくていい気がします。(*´∀`)
コニシのクイック30がいいです。

201312ジギングアシストフック自作 (56) 
同じ量出してよく混ぜます。
瞬間接着剤でもいいと思いますが
以前作ったアシストフックの接着剤部分を
ペンチでひねったらばりっと
取れたのでそれからはエポキシ接着剤にしました。

それと瞬間接着剤は固定しない繊維部分に
染み込むと固まって
ポッキリ折れるように切れちゃうみたいです。



201312ジギングアシストフック自作 (57) 
よく混ぜて

201312ジギングアシストフック自作 (59) 
つまようじでフックと
ザイロンノットの間に接着剤を
グイグイ入れていきます。
外側にも塗って

 
201312ジギングアシストフック自作 (52)
セキ糸を用意して
(PEだと1~1.5号位かなぁ)

201312ジギングアシストフック自作 (53)
金属部分に5回位巻いておくとテンション掛かっていい感じです。

 
201312ジギングアシストフック自作 (54) 
クリンチノットで引っ張ると締まる結びにして
ワッカを作っておきます。


201312ジギングアシストフック自作 (66) 
セキ糸のワッカを入れて
外側にも接着剤を刷り込むように塗って

201312ジギングアシストフック自作 (61)
縛っていきます。
バイスを使うと楽ですが、
バイスを買う場合は
口が開く大きさを確認した方がいいです。
フックの軸が太いと挟めません(*´ω`*)

201312ジギングアシストフック自作 (60) 
今回は面倒なのでバイス無しで

 
ぐるぐる
201312ジギングアシストフック自作 (62) 
ぐるぐる

201312ジギングアシストフック自作 (63) 
接着剤が染みでて来ますので

201312ジギングアシストフック自作 (65)  
つまようじで取って
適当に均しておきます。

201312ジギングアシストフック自作
最後にセキ糸を結んで出来上がり。
1時間位で固まります。

201312アシストフック自作A (2) 
固まるとテカテカになります。

固まってしばらくは
エポキシ接着剤はカチカチにはならないので、


ザイロンノットが長すぎて
余った場合や、形が悪い場合は
カッターでカット可能です。


この先は熱収縮パイプを入れたい場合
(今回はザイロンノットの張りを強くしたいので
アシストフックのラインに入れます)

あっしは「環付き針」の場合は
「環」の所を熱収縮パイプでカバーしたりします。

以前 、カヤックフィッシングをしてる人の
サイトで見たのですが、
フックとジグが当たって「カチカチ」する音が
海の上まで聞こえるそうです。

乗り合い船で一斉にジグを落として、
これまた一斉に「カチカチ」音がしても
魚が食って来るので
魚の警戒心に影響があるかどうかはわからないですが、
気分的には嫌ですね。

それ以前に船のエンジン音がありますけど。(*´∀`)


熱収縮パイプは釣り具やさんにありますが、
余り収縮しないのが多いです。

201312ジギングアシストフック自作 (13) 
カー用品店の電材コーナーにある
熱収縮パイプ。
「エーモン」社製


 201312ジギングアシストフック自作 (10) 
こんなにスルスルですが、50%縮むようです。
実験


201312ジギングアシストフック自作 (11) 
フォークに差して炙ってみると



201312ジギングアシストフック自作 (12) 

かなり締まります。

201312アシストフック自作A (6) 
パイプ径が小さい場合は
広げておきます。
(鉄の菜箸等をパイプの両サイドから
入れて斜めにすると良いです)

201312アシストフック自作A (7)
先に入れておけば良いと思った方
(正解です(*´∀`))
ただ、先に入れると少々邪魔です。

ただ、接着剤で固めた部分の直径が太いと熱収縮パイプが通りません(*´∀`)

その時はカッターで凸部分を
ならします。

※環付きフックは熱収縮パイプは通らないです(´Д`|||)

201312アシストフック自作A (8) 
この辺で引っかかる場合が多いので
水でぬらしたり、メンソレータムほんの少し
塗るといいです。

201312アシストフック自作A (9)
入りました。

201312アシストフック自作A (10) 
やかんの蒸気で暖めます。
(蒸気は100度以上にはならないのでライターより安心かな)
ザイロンは熱には強いらしいです。

201312アシストフック自作A
上下を開けて柔軟性を確保。
(熱収縮パイプは無くてもいいです。)

青物の捕食は「吸ってる」らしいので
余りラインが固まってるのっは良くないと思います。

201312ジギングアシストフック自作 (2)
こんな感じです。

ではでは(^_^)/

ディズニーランドの蒸気船

釣りに行ける「マイレージ」を貯めるべく
ディズニーランドに行きましょうかと将軍に提案したところ
「釣りが混んでるじゃないのぉ?」とすっかり見透かされてしまいました。

まぁ、次女が大層「ミッキー」に傾倒しているのでいいか

日曜日にオープン前に並び
ある程度アトラクションを廻った所で
次女と二人で別行動

10分待ちの

201311ディズニーランドA 
キャプテンEO

201311ディズニーランドA (2) 
黒い頃のマイケルが拝めます。
いつでも昔のマイケルが見れるのはファンにとってはたまらないでしょうね

あっしも「黒い」マイケルは好きです。

3才の次女も「ノッテ」ました。

夕方になり
疲れた頃に蒸気船に乗りました。

201311ディズニーランド (15) 
こんなに大きい船で風が強い日は
操船が大変だなぁ
(強風の際は運航中止になるらしいです。)

※よくよく調べると運河の底に「レ○ール」が敷いてあるみたいです。
(多分、「枠」みたいな物じゃないかな)

蒸気船と謳っていましたので
メカを確認

201311ディズニーランド (3) 
1階の中央部にあるボイラー
燃料は不明
こういう機関は船の下の方にあるのが普通ですが、1階に鎮座していました。

ちなみに「ボイラーマン」は不在

その昔、新聞の下の方の広告に
「ボイラーマンになろう」ってよく出てました。

戦隊モノかなにかだと勝手に思っていました。

201311ディズニーランド (4) 
こういうメカはいいですね~
ちなみに外輪船は喫水が浅いのが特徴らしいです。

この船の名称は「マークトゥエイン」ですが、船内アナウンスで 「トムソーヤの冒険」の作者のマーク・トゥエインの名前の由来は川を蒸気船が航行する際の測深手の水先人への合図“by the mark, twain”に由来してるみたいです。

日本語では「水深二尋」らしいです。

この船は喫水0.8mだとか
墨田川造船製

201311ディズニーランド (14) 
で、これがピストン関係
ボイラーから1階の天井にスチームの配管が通っています。

よくよく調べると
蒸気機関もいくつも種類があって
このタイプはピストンが2つあるタイプみたいです。

上の筒が「弁」の役割をするピストンで
下の筒がメインのピストン
お互いに逆に動作する事で
蒸気の「吸入」「排気」をしてるらしいです。

スタート時は
シリンダーとピストンが冷えているので
蒸気が急激に冷えて真空になってしまうので蒸気を流して暖めるみたいです。
(この船は不明)

ちなみに蒸気機関は

1769年 イギリス
ワットが蒸気機関の特許をとる。

1853年 日本 黒船によりペリー来航。
土産の中に蒸気機関車の模型があり、日本における蒸気機関車開発のきっかけとなる。

ってことですが、鎖国してたお陰で
80年近く日本人は蒸気機関知らなかったみたいです。

実は鎖国中でも薩摩藩が琉球経由で
蒸気機関の情報を得てて
開発してたらしいですよ


201311ディズニーランド (8) 
水と油がピストンからどんどん出てきます。
出航前に油を差していたのを見かけました。

水分で潤滑成分が流れ出ちゃうので
常に潤滑してないと駄目なのでしょう


201311ディズニーランド (9) 
「カチカチ」音がしていた機械
IHI製、何だろうこの機械

はしけに近づいて
機関員の方がバルブを操作しています。

201311ディズニーランド (10) 
細かく操作していたので
蒸気の量を加減してる模様です。

乗組員の方に足元に写っている
レバーが何か尋ねたのですが、
知らないのか、はぐらかしているのか
何度聞いてもわかりませんでした(* ̄∇ ̄*)

嘘でもいいから納得させてぇ(* ̄∇ ̄*)

かなりモヤモヤしてしまい
このブログも長くなってしまいます。

推測ですが、
ボイラーの出力は一定なので
蒸気の供給量をバルブで変えて
アクセルとしてるのではないでしょうか

足元のレバーは「前進」「後退」のレバーかなぁ

ただ、蒸気機関から
外輪へは直接コンロッドで繋がってるし
途中にギアとか無さそうだけど

調べると、蒸気機関車の
「前進」「後退」はピストンに送る蒸気を逆にしてるみたい。
調べたら蒸気機関車には「逆転機」ってのがついていて同じようなレバーが付いていました。

ちょっとスッキリした感じ( ^∀^)

201311ディズニーランド (11) 
「伝声管」とかないみたいで
操舵室と機関員の情報のやり取りはしていない様子でした。

ちなみに「伝声管」ってのは
船の中の情報を声で伝えるパイプです。

今の軍艦等も万が一の為に
まだ付いているらしいです。

100mとか余裕で届くらしいですよ。




園内で見かけた釣り仲間(* ̄∇ ̄*)

201311ディズニーランド (2) 

記念日撮影してたのは
うちの家族位でした。(*´ω`*)

201311ディズニーランド (19) 
すっかりクリスマスムード




ディズニーランド内のジェットコースターの巻き上げ機のデコレーション













201311ディズニーランド (18) 
かなりのスローリトリーブでした。(* ̄∇ ̄*)


【おまけ】
[ 2013/12/05 07:19 ] その他 釣り以外 | TB(0) | CM(2)

凸凹日記 その4

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/12/04 13:14 ] その他 番外自作日記 | TB(-) | CM(-)

凸凹日記 その3

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/12/04 12:34 ] その他 番外自作日記 | TB(-) | CM(-)

凸凹日記その2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/12/04 08:33 ] その他 番外自作日記 | TB(-) | CM(-)

凸凹日記その1

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/12/04 03:52 ] その他 番外自作日記 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。