スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイワシ2 ウロコ

浦安の郷土資料館に行った記事を書きましたが
一番じっくり見た展示物がコレ

201302浦安郷土資料館 (マイワシ) (3)
マイワシ水槽

201302浦安郷土資料館 (マイワシ)
遠目に水槽があるなと思ってましたが
アジだろうと思ってました

201302浦安郷土資料館 (マイワシ) (5)
マイワシでした。

201302浦安郷土資料館 (マイワシ) (9)
照明のせいなのか……
ウロコがあるからなのか……

201302浦安郷土資料館 (マイワシ) (6)
シルバーにしか見えません
写真だからではなく実物もシルバーです。
正確にはアルミ貼りっぽいシルバーでした。
201302浦安郷土資料館 (マイワシ) (10)
ジグリペイントの参考にしようと凝視しましたが

201302浦安郷土資料館 (マイワシ) (10)
下から撮ってもシルバーでした。

あっしはフイッシュイーターですが
陸上のフイッシュイーターなので
魚が水中でどのように見えているかは
ワカリマセン(^-^;

ちなみにウロコの役割を調べてみたらこんな
記載がありました。

・体表の保護や浸透圧の調整
・外敵や寄生虫から身を守る
・水流の圧力を感受し、流れの速さと方向を知る。
 温度や塩濃度の検知器、
 センサーの役割(側線に沿って存在する側線鱗がその役目を果たす)
・水流の乱れや水の抵抗を抑え、遊泳運動の効率をよくする役割

イワシボールの周辺でイワシのウロコがきらきらしているので
トカゲのしっぱ切りのように敵を惑わす
役割があるのでないかと検索(検索ワード「うろこ 剥がれ イワシ」)したところ

やはり、敵を欺くためにウロコが
わざとはがれやすくなってるそうです。

ちなみに金魚のウロコは
はがれても再生するようです。

スポンサーサイト

ボウズのスプリットリング

ジギングしてると魚を掛けた後に
スプリットリングからジグが外れてる事があります。

プライヤーとスプリットリングのサイズが合っていなくて、
スプリットリングが少しスキマの
開いた状態になってる場合、発生するようです。 

ボウズリングの200lbを随分前に買ったのですが
サイズが小さすぎて、上手くジグのアイに入らなかったです。
通販で260lbを買おうと思いましたが
サイズが判らないので実物見て決めたい所ですが
釣具屋さんにほとんど置いてません。

上野に行った際、釣具のサンスイさんを覗くと
ありました。260lb!!

サンスイさんは痒いところに手が届く品ぞろえですねぇ


 201302ボウズリング260lb (7)
ボウズとは不吉なブランド名・・・・


201302ボウズリング260lb (6)
260lbだとこんな感じでジグに入ります。

201302ボウズリング260lb (8)
少しずれております。

201302ボウズリング260lb 
こんな大きさ
縦に長いのでアシストフックの位置が
多少上方向にずれると思います。

201302ボウズリング260lb (5)
爪にさくっと入ります。

201302ボウズリング260lb (2)
アイにもするっと入るので
プライヤーなくても大丈夫ですが
まだ、使い慣れていないので
たまにプライヤー使います。

今の所、ジグが外れることはありません。

いい感じなので、ジギングの
スプリットリングはすべてこれに変えました。


[ 2013/02/26 06:56 ] 釣具 小物 | TB(0) | CM(0)

浦安郷土資料館

東京ディズニーランドのある千葉県浦安ですが
もともと漁師町だったそうです。

ってことで、浦安市の郷土資料館に行ってきました。
無料です。

201302浦安郷土資料館 (2)


201302浦安郷土資料館 (35)
アサリのキャラクターです。

201302浦安郷土資料館
期待を裏切らないネーミング。
今でもうちのそばのスーパーの脇で
アサリ売りのおじさんが居たりします。

さっそく入ってみると、
浦安の猟師町が再現されております。
201302浦安郷土資料館 (3)
たばこ屋

201302浦安郷土資料館 (4)
船宿
「ゑさ」です。(^_^;) 

201302浦安郷土資料館 (5) 
川も再現されております。

201302浦安郷土資料館 (7)
駄菓子屋さんもありました。

201302浦安郷土資料館 (6) 
入口の戸をあけっぱなしで
お店のおばあちゃんがものすごく寒そうでした。

201302浦安郷土資料館 (13)
懐かしの井戸です。

201302浦安郷土資料館 (8)
天ぷらやさんです。
中は休憩スペースになっていて
近所の子供が遊んでいました。

201302浦安郷土資料館 (9) 
山本周五郎下宿していたという
釣り宿、吉野屋さん

201302浦安郷土資料館 (10) 
山本周五郎の作品、読んだ事ありましぇーん(^-^;
201302浦安郷土資料館 (11) 
随分前からあったのですねぇ

201302浦安郷土資料館 (15)
焼玉エンジンも展示しております。

この資料館に展示してあった焼き玉エンジンの
始動風景を動画で見つけました。



始動に随分時間がかかります。
こりゃ昔の漁師さん大変でしたね~(^_^;)

201302浦安郷土資料館 (14)
実はあっしが子供の頃にあった古い家は
土間がありました。
家族一同 「懐かしー」の感嘆の声を上げていました。
木造でまさにこんな雰囲気でした。

201302浦安郷土資料館 (18)
さてさて、展示ルームに入ると
浦安の当時の漁の様子が展示されています。

201302浦安郷土資料館 (19)
海苔の養殖関連の展示も充実

201302浦安郷土資料館 (16)
こちらは木造船の展示スペース
ボランティアの方がミニチュアの船を作っていました。

201302浦安郷土資料館 (31)
干潟の展示です。

201302浦安郷土資料館 (32)
昔はゴカイを掘って釣りに行ったものです。
砂地に落ちている石の裏に沢山いました。

201302浦安郷土資料館 (34) 
市川付近の海の底の様子です。
あの深くなってるところにシーバスが居そうですw

201302浦安郷土資料館 (17) 
釣り用語の「ヒロ」約1.8m
矢引きって言葉は昔1度だけ
釣り船の船長さんから聞いたことがあります。

お近くの方は一度行ってみてはいかがでしょうか?
[ 2013/02/23 06:10 ] その他 釣り以外 | TB(0) | CM(0)

ウルメイワシ

スーパーマーケットでウルメイワシが安かったので買ってみました。
静岡産です。

3匹で150円
201302ウルメイワシ (2)
ジグのリペイント用に観察観察(^_^;)
ボラなどと違って魚にとっても柔らかそうで旨そうです~

本物の魚ならフィッシュイーターの魚も
パックり飲み込んじゃうんだろうけど
ルアーだとガッカリだよなぁ

「あ”~なんかちげーよ 硬ぇよ~」

みたいな

201302ウルメイワシ (3)
ケータイのカメラのせいかなんだか赤く映ってしまいました

201302ウルメイワシ (4) 
しみじみ見るときれいですなぁ

201302ウルメイワシ (7)
やっぱりお腹は白だよね
肛門がかなり後ろにあります。
201302ウルメイワシ (5)
上の方は青、よくできてますなぁ

201302ウルメイワシ (6)
ウルメイワシはうろこがなかったですよ
全部取れてますね(-_-;)

201302ウルメイワシ
泳いで餌を食べてる時は
口を開いてますね

201302ウルメイワシ (8)
反転した時に光り具合が違うかどうか
まげてみましたが特に変わり無いですわ

ウルメイワシ
ウルメイワシはニシン目、ニシン科
カタクチイワシはカタクチイワシ科だそうです。

漁獲量は日本産イワシ3種の中で最も少ない
目が大きく、脂瞼(目を覆う膜)が発達してるそうです。

塩焼きとショウガの煮物にしましたが
煮ものの方がおいしいですね

マイワシ

 

今回は石川県産のマイワシです。
5匹で250円位でした。

この2月に石川県産って
漁に出れるのだろうか・・・・

201302マイワシ (2)
 
いきなりピンボケ写真

201302マイワシ (3) 
ちょっとスリムです。


201302マイワシ (4)


201302マイワシ (5)
黒い斑点の数は決まってないみたいです。
2列ある場合もあるようです。

201302マイワシ (6)
尻尾方面

201302マイワシ (7)
やはり口がデカいな

201302マイワシ (8)
お腹

201302マイワシ (9)
背中
201302マイワシ

一部うろこが残ってました。


うろこが残ってないとリペイントの参考にならないか・・・・

うろこが残ってる部分は光っております。
イワシボールなどで水中にイワシのうろこが残ってると
釣れる雰囲気抜群ですが、あのキラキラで
食い気のスイッチが入るのかもしれませんね


マイワシは60年から80年周期で大量に増える波があるようです。
一部の説では魚種交代といって一定の周期で青魚の増加のサイクルがあるようです。
日本近海のサイクル
マイワシ→マアジ→マサバ(日本海)
マイワシ→サンマ→マサバ(太平洋)

なんて調べていたら
益田玲爾さんの若狭湾水中散歩 (京都大学の学者さんだそうです)
がヒットしました。

さまざまな魚種のコラムがあるので
狙うターゲットの魚のコラムを読んでみてはいかがでしょうか


以上です。

カッパ選び クラフテルかフレッシュレイニーか?

前々回の釣行でシマノの合羽が経年劣化で
すっかり水漏れしました。
耐久性考慮してゴム引きタイプしましたがもう、
5年位使ったので寿命ですね。

通気性は全くない素材でしたが
余り蒸れた印象は有りません。
ウエーダーの「汗ビッショリ、ムレムレ感」比べたら何て事は無いです。

急に釣行する予定があったので
とりあえず格安の雨具をヤフオクで買ってみました。
オレンジブルー・レインスーツ レインカモ
13000円が3600円だったので
お買い得だったと思います。ブランドはウオーターロ〇クスかな

まぁ、13000円ですから
・通気性素材との事でしたが、ズボンは海水に濡れ
 油を塗ったように繊維に張り付いておました。
 (水漏れはナシ)
・暖かかったので、防寒着としての機能はあるかも
・縫製はイマイチ。
・ポケットが沢山あって便利


さて、本格的にカッパを検討しました。
ゴアテックスは全く予算に合わないので
必然的に耐久性のある「漁師カッパ」を検討しました。

漁師カッパで釣り具屋さんに売ってるものは
・フレッシュレイニー(波のマーク)
・クラフテル(イカリマーク)
の2種類が多いです。
フレッシュレイニーマーク クラフテルマーク

ネットで調べても、この2種類のカッパは
情報が少ないなぁ

最近はエビス顔の漁師カッパもあります。
こちらは安いですが、社会の窓が無いのと
耐久性が??らしいので選択肢から除外しました。

漁業・農業の作業用品専門店。レインウェア・DICKIES・union 76他
いろいろ調べるとWEB通販で「カッパ専門店」なるものもあり
アメリカのオイルメーカーでしたっけ「76」や「DICKIES」のものもあります。

デザインは目新しくてよいのですが
詳しい方に聞くと耐久性イマイチらしいです。

201302スカイツリー1
ってことで浅草方面に買い物に

201302スカイツリー(23)
やはり近くに行くと巨大で高いスカイツリー

201302クラフテルカッパ
買いました、とりあえず下だけ
(多分上も買います)
クラフテルカッパ
色も迷いました、着てる人が少ないので
黄色もいいかな~と思いましたが
青色の発色が思いのほかよかったので
青にしました。

201302クラフテルカッパ (8) 
穴が空いても安心の当て布付き

201302クラフテルカッパ (7)
珍しく裾がぴったり。
(サスペンダーを目一杯上げたけど)

201302クラフテルカッパ (2)
写真ではよくわかりませんが
裾上げ用に、2か所ほど溶着しています。
溶着部分の下で切れ!ってことのようです。

201302クラフテルカッパ (5)
釣具やさんでクラフテルかフレッシュレイニーか
迷いましたが、流れでクラフテルにしましたが
Hさんからおしっこがしにくいと言われたの忘れていた
案の定ジッパーの位置が上なので
屈んでおしっこする必要があります。

ダム放流完了後に幾分ピリッといく可能性大(・_・;)

201302クラフテルカッパ (6)

まとめ
漁師カッパについて

・洗濯機で回すと劣化が進行、カッパを着てお風呂でシャワーが良いらしい。
・ベルトみたいなものはない。(サロペットタイプ)
 サスペンダー付きなので、ある程度ガバガバの方が風通しが良い
・5年位持つらしい
 (クラフテルの上位バージョンがありました。牡蠣養殖業者御用達らしいです。
  ただ、値段がちょっとお高いです)
・裾上げは座った時のことを考えてカットする。
 (普通に裾上げすると座った時にかなり裾が上がります)
・漁具専門店で買うと安いらしい。
・当然通気性は無い
・釣具メーカーの漁師カッパ風カッパは耐久性が悪いらしい。
・下に防寒着を着る場合も考えて試着は絶対にしたほうがいいと思います。

フレッシュレイニー
フレッシュレイニーマーク
・クラレ社の製品のようですが、クラレのHPには詳細情報なしでした。
・色は白、黄色、水色、緑
・お尻部分が強化されたバージョンがあるらしい?
・半ズボンタイプもあるらしい

クラフテル
クラフテルマーク
・色は白、黄色、水色、緑 
 (WEBでピンクとオレンジ発見 
 オレンジは上州屋さんオリジナルのようです、流通量少?)
 ツートンカラーもあり
・ おしっこがしにくい(単色サロペットタイプ)
・クラフテルで検索すると、
 スパンカーを作ってる画像が沢山ヒットします。




以上です。

少しは参考になったという方は
ぽちっとお願いします(^O^)↓
[ 2013/02/12 06:53 ] 釣具 カッパ | TB(0) | CM(2)

ジグリペイント3

天気もいまいちなので
夜にジグリペイントの続きをしてみました。
何故リペイントしているか?ですが
中古釣具店やヤフオクで投げ売りされている
いかにも釣れそうになく
塗料が剥げている格安ジグを買って居るからでぇす。

特別カラーで釣果倍増とかは
ほとんど考えておりませ~ん(^^;

塗りたいだけかもしれません(^_^;)

201302ジグリペイント (21) 
模型用のマスキング材です。

201302ジグリペイント (20)
目玉部分に垂らして
201302ジグリペイント (22) 
つまようじで拡げます。
油性では無さそうですが
30分程で乾きます。

Mr.カラー スーパーメタリック
201302ジグリペイント (2)
こちらは模型屋さんで薦められた
メタリック塗料
薄め液で薄めると分離してしまいます。
でも、少量吹き付けるだけで
すぐに塗装面がシルバー化します。

800円位しますが下地さえしっかり
してればかなり光るようです。

ウェーブ コンプレッサー317

201302ジグリペイント (8)
こちらはコンプレッサーです。
一応、小さなタンクがついているので
間欠的に作動します。

防音の為に椅子の上にクッションを敷いています。
そんなにうるさく無いので
深夜でも作業可能

201302ジグリペイント (9)
空気中の水分を取る仕組も有るようで
作業後には小さなタンクに水滴が付きます。

201302ジグリペイント (3)
シャウトのスライドアクター
ホロ貼り+薄いグローで終了しようかと思いましたが
チャート系のジグが少ないので
こんな色にしてみました。

201302ジグリペイント (4)
こちらはシコジグラ
こちらもうすーくグロー塗りして完了しようと思いましたが、チャート風に

201302ジグリペイント (10)
こちらはローリングベイト
エポキシ接着剤で凸凹埋めて
ヤスリでならして養生テープでマスキング

201302ジグリペイント (11)
マスキングをはがした時が快感です。
もっと研いてから塗れよかった(--;)

201302ジグリペイント (12) 
ブランカ150g
マスキング剥がした画像が無いや(--;)

201302ジグリペイント (19)
ヒラジグラにアルミ貼り

201302ジグリペイント (13)
中古釣具店で100円で買ったオーシャンスタイル
ホロ貼りしました。

201302ジグリペイント (14)
重すぎてどこで使うか不明(-_-;)

201302ジグリペイント (15)
センターウエイトヒラジグラ
イエロー色はクリアイエローです。
クリア系の塗料は薄くて塗料の乗り具合が
分かりにくいので垂れないように注意する必要が有ります。

201302ジグリペイント (16)
ツルジグショートオリカラ

201302ジグリペイント (17)
ツルジグショートオリカラ
ウエーブホロとアルミ

201302ジグリペイント (18) 
4面のホロの種類がすべて違いますよぉ。

しかし、あっしツルジグショート好きだなぁ

201302ジグリペイント (B)
こちらはタチウオジグ
この手のカラーでバンバン釣ってる人を見かけたので
やってみました。(^_^;)

201302ジグリペイント (A)
色が余ってたので娘に何か塗るものあるかと聞いた所
貝を塗ってくれと言われたので、塗ってみました。
シルバーがいい感じになりました。

1月なのに2週連続の勝浦釣行

今年(2013年)は東京でも大雪が降りました。
5日以上経ってますが、道端には雪かきの雪が
まだ残っております。

寒い寒いと言いながら
もう一度勝浦ジギングにトライしてみました。

今回もいつものOさん
前回たくさん釣れてもう一度行きたくなった模様です。

前回は丁度一週間前でしたが、その後大雪となり
時化て1日位しか出船してません。

今回、前日はイワシが沢山入ったようですが
前日釣果速報では
前回のようにイナワラ爆釣って感じではないです。

鯛やヒラメがジギングで上がってるようですので
海の中はイワシ祭り?

雪の予報だったので
仕事が終わってから実家に帰って
車のタイヤをスタッドレスに変えました(-_-;)。

一息ついていると、
新勝丸さんから着信履歴が・・・・

出船中止か?

「明日雪の予報ですが来れますか?」

「今、スタッドレスに変えたところです」

予約している人は我々2名だけのようですが
2名でも出してくれるそうです。

「一応、ツレに電話して聞いてみます」

Oさんに電話

ふぁんきい「明日、雪ですがどうする?」
ふぁんきい「先週に比べてかなり厳しい感じだと思うよ」

Oさんに「行こうよ」
やる気満々らしい(・_・;)

ふぁんきい「ではいつもの時間で」

201301下旬新勝丸ワラサ (8)
途中千葉の山の中
気温マイナス2度

路面もツルツルで車の挙動がオカシイです(~_~;)


さっそく出船
201301下旬新勝丸ワラサ (21)
やはり2名だったので
ポイント到着まで船室に入ってました。

久しぶりの時化模様です。

気温と水温が違うようで水面から靄が立ち上っております。

鳥がすごいです。夏場の相模湾のよう…

とりあえず、ジギングで開始
シャクシャク、シャクシャク

鳥はたくさん居ますが、水面に突っ込んで
小魚くわえてる様子はないです。

アタリないなぁ
やはりトップかなぁ

船長に聞きに行きます。

ふぁんきい「船長!このパターンだとジギングがいいですか?トップがいいですか?」
船長「何とも言えないけど、ハネが出たらトップの方が有利かな」

船長「昨日は朝からハネてたのだけど今日は落ち着いているね」

船長「昨日はここで大きいヒラマサ上がったよ」

確かに昨日ほかの船では15kgのヒラマサが上がってた


これは、せっかくミヨシに立ってるし
トップでやるか

風が強いので中古のドラドスライダーヒラマサチューン18F
がぶっ飛んでいきますよ

ふぁんきい「船長!トップルアーの引き方これでOkですか?」
実演してもらいました。

船長「短いジャークでもロングジャークでもいいよ、その日のパターンによるかな、うまく潜らせてね」

ふぁんきい「了解っす!」

波が高いのでルアー飛び出しちゃうけど
波と波の間でできるだけ上手く潜るように引いてみます。
途中飛び出してスプラッシュしちゃうけど
まあ、しぶきもアピールだと思って引いてみました。

3時間経過
Oさんもアタリが無い様子です。

やや、鳥の活性が上がってきたみたいで
一部水面に突っ込んでいる感じ

あ!

でたぁ!

出た!出た!(~_~;)

2,3回チェイスしましたが
フッキングしませんでした。

1時間後

出方がシイラみたく派手じゃないので
さっきのチェイスが見間違いじゃないかと心配になってきました。

と思ったら

あ!また、チェイス!

30分後

掛かった!

ノット部分で切れました。

昨日、慎重にリーダー組んだのですがかなり悔しいです。
ナイロンだからしっかり締まってると思うのだけどなぁ

もう、ここまで来たら、
横なぐりの雪も降ってきて波もすごいけど
TOPルアー投げ倒すことに決めました!
坊主万歳!

イワシがベイトなので途中、小さいルアーに変えましたが
波もあるしアピールの大きいデカルアーの

201301下旬新勝丸ワラサ (7)
ローデットF180に変えました。
さっきのドラドスライダーヒラマサチューン18Fより
飛び出しやすい感じがします。



ここまででチェイス4回
うーん釣れんなぁ
さっきより鳥の活性は明らかに上がってるし
いつ出てもおかしくないのだけどなぁ


船長も活性の高い鳥山を見つけて
船を廻してくれてるのだけどなぁ

水深は20m~30m・・・・

30分後・・・・・










あ!デ━━ (*`Д´)=○)Д゚) ´Д゚)・;' タァ━━!!





ノッ━━ (*`Д´)=○)Д゚) ´Д゚)・;' タァ━━!!



追いアワセを1発!

船長がタモもってぶっ飛んできました。
さすがに本日釣果なしはまずいと思ったのでしょうか(笑)

でも、ファイト時間は短くてスルスル上がってきました。

201301下旬新勝丸ワラサ
でへへ 、ワラサでした(^^;
船長計測で5Kgでした 。



いつもTOPで獲ってるお客さんのを眺めてましたので
上手い方には大したことはないかもしれませんが
これだけ粘って獲った一匹は自分の中では渾身の一匹でした。


後がから船長に聞きましたが
TOPで上手く掛けるには
・上手に食わす
・アワセはびっくりアワセではなくて魚の重さを感じてから
 「巻き合わせ」で合わせる
ということでした。
船長にいろいろ話を聞きましたが
ジェントルな船長ですね~

よくばりなもので1本獲ったら
もう一本欲しくなり、頑張りましたが
雪強くなり、もやで視界も悪くなり
1時間ほど早く早上がりしました。

201301下旬新勝丸ワラサ (3)
天気が悪くいつもより1時間ほど早く
沖あがりしたので、勝浦のB級グルメで有名な
勝浦タンメンを食ってみました。

201301下旬新勝丸ワラサ (4)
麺の上には玉ねぎスライス
汁には玉ねぎ肉の炒め物が入っていました。
ごまは入っていないようです。
久しぶりに辛い食べ物食べたけど
汁まですすりました。
寒い冬に体が暖まります。

201301下旬新勝丸ワラサ (5) 
一匹だけでした(~_~;)
丸々太っていておなかはイワシで一杯?(^-^;

201301下旬新勝丸ワラサ (6)
家に帰って捌いたら
イワシとサバがビッチリ(・・;)
イワシはお尻から食べられてるものもたくさん

【小魚を頭から食べるか?過去記事】
アシストフックの理由2

【当日の船宿釣果速報】
今日は雪の中での釣りです。
朝から鳥群れは沢山あるが反応なくハネ出しもなかったが、
ようやくハネ出しが出てきて
キャスティングでワラサをゲット出来ました(^_^)v

※あれだけ鳥がいて、山正丸さんどれくらい釣ったのか調べたら、その日はトップでワラサ3匹だったから、渋めだったのかもしれません。

【本日のタックル】
ロッド:ダイコーヘミングウェイHWC-710ML
リール:ソルティガZ(ノーマルギヤ)
ライン:4号
リーダー:フロロ14号(急遽ジギングロッドから外して使用)
      1.5m
ルアー:マリア ローデットF180

おまけ
マリア ローデットF180の動き


ドラドスライダーヒラマサチューン18Fの動き
[ 2013/02/02 06:15 ] 釣行記 ジギング | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。