スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お手軽平塚のサバジギング

能登遠征に一緒に行った Oさん、ジギング4回で毎回爆釣を体験しております。
ヒラマサに行こうとメールのやり取りをしていると、
毎回「サバ」が目に付きます。

メールのやり取り
ふぁんきい「外房相変わらず好調だね~」
Oさん「そうだね~、サバも釣れてるよ」
ふぁんきい(外房でサバ?)
ふぁんきい「サバ?どこで釣れてるの?」
Oさん「浅八丸
ふぁんきい「って外房じゃないじゃん・・・」

そんなに「サバ」が釣りたいのか?

まぁ確かにサバは食べておいしいけど、
狙ってまで行くものでもないし・・・・・
大体、邪魔物扱いなんだが・・・

どれどれ、浅八丸さんのHPでも見てみっか

ほー!昨日の釣果は60匹
7:00出船、3時間で3500円
安い~。。。。

結構、面白そうじゃん。
これは、数釣り勝負だ!
(最近、管釣りからの流れでマシン山崎氏に注目しておりまして
今回はファンキーマシンに変身に挑戦じゃ)

でも、トップが3時間で60匹ってことは
時速20匹、3分で1匹
ジグの沈下スピード勘定に入れてもほぼ入れ食い(゜o゜)

さっそく、浅八丸さんに電話して予約しました。
ついでにヒアリング
・ジグは40g~60g
・フックはNo1かNo0だそうです。

手返し勝負なので
急いで、手製のアシストフックのバーブをリューターで削りました。
(乗船時に知ったのですが、安全の為、バーブレスフック限定でした)

当日、
出船7時、2時間ほど前に船宿に到着しました。
4時自宅から出発しましたが1時間ちょっとで到着。
思ったより近いね

船宿の座席表は平日にも関わらず
5人位名前が書いてあります。
外したサバが転がっていかないようにトモ側を選択
(いろいろ細かいw)

以前は番屋の目の前から出船してたけど
新しく港ができて、そこから出船になりました。
201205下旬サバジギング2 
浮桟橋でヨットハーバーみたい

201205下旬サバジギング1 
ファミリー層も多く、お父さんと来てる女の子に
声を掛けたら小学校4年生だった。
運動会の振り替え休日らしい。
釣れるといいね~

201205下旬サバジギング3 
急遽2隻出しになりました。
しかし、平塚の船はどこも立派だな~

201205下旬サバジギング4 
Oさんは船が大きくて、スピードが速いことにいたく感動しておりました。

201205下旬サバジギング5  
もう一隻の浅八丸
別の方向にいってしまいました。

201205下旬サバジギング7 
写真では見えないけど鳥がすごいです。

201205下旬サバジギング6
ジグはみなさん60g位でとても小さいです。
バスロッドでもOK
ほぼ皆さんピンクでした。

201205下旬サバジギング8 
でた~鳥山~
潮目で流れ藻がたくさんあったので
船の高いところに立ってシイラがいないか探しましたが見かけませんでした。
 
201205下旬サバジギング9
さあ、開始です。
指示棚は上から30m位です。

Oさん順調に揚げていきます。
あっしもヒット~

バーブレスフックなので硬めのロッドのOさんは水面バラシ多数。
(ジギング練習でいつものロッドを使用)

Oさんがどこで習ってきたのか
平戸ジャークで攻めています。(^_^;)
結構平戸ジャーク釣れてるのだよね(^_^;)

Oさん「なんか変?」
ふぁんきい「いや、いいと思うよ(^-^;」
ふぁんきい(横で平戸ジャークされると視界に入ってくるのだよね)

気持ちいいほどにサバオンリー
ちょっと飽きてきたw

ふぁんきい「船長、深いところにワラサとかいるのかな?」
船長「サバの中にたまにまじってるなぁ」
(まぁ素直にサバを釣りましょ・・・)

ぽつぽつ釣れてますが、2時間位経過したでしょうか
20匹位釣れましたが、どうもペースが遅い・・・・
サバ釣りも数釣りしようとすると難しいものだなぁ

船長に聞きにいきました。
ふぁんきい「船長、いまいち釣れないのだけどどうやったらいいの?」
船長「早く巻いて~」
ふぁんきい「早く巻いて、ワンピッチでいいんですか?」
船長「それで大丈夫ですよ」
ふぁんきい「棚はシビアなの?」
船長「気にするほどシビアじゃないよ」

釣り座に戻りました。
ふぁんきい「船長が死ぬほど早く巻いてって言ってたよ」

それでは、早く巻きます。
どりゃー!!うおりゃー
いまいちだなぁ

船長が近くを通りかかったので
ふぁんきい「船長!こんな感じですか?」
船長「もっと早く巻いてください~ニコっ!(^^)!」

ふぁんきい「えー(^_^;)もっと早く巻くの~?」
どりゃー!!うおりゃー!!
漫画で走っているシーンで足が見えなくなるシーンが有りますがあんな感じ('~`;)

すげー釣れるし・・・
3投で2匹ペースになった(爆)
このメソッドを習得していれば時速20匹も夢でない気がした・・・

201205下旬サバジギング10 
40リッタークーラー満タン33匹だったかな
リーダー10号(太目でブッコ抜いてリーダーをつかんでそのままクーラー直行
クーラー内で針外しで外すと手返しいいです)

201205下旬サバジギング11 
すべて「マサバ」?
ゴマ模様出て来なかったけど

201205下旬サバジギング12 
注目の2枚おろしマシーン
頭と内臓が手作業で機械にいれるとあっというまに2枚おろしになります。

201205下旬サバジギング14 
〆サバ
旨かったでえす

ここで初心者向けアドバイス

針はバーブレスで
お子様も多いので、指に刺さると大変危険です。
船宿でバーブレスにしてくださいと指示がありますが
ペンチでしっかり針の返しをつぶしてくださいね
万が一指に刺さったら返しがあると抜けないので病院行きです。
先週も病院行った女性がいたとか(・・;)
バーブレスフックでも魚が暴れるので100均のペンチがあった方が安心かな(海水でサビサビになると思いますが)

ジグは?
色はピンクがいいみたい。
重さは40~60g
ライトジギングロッドでキャスト出来る人は100g位のジグでお祭り防止しながらやった方がいいかと思います。
バスロッドの人はラインも細いでしょうからジグは船宿指定の重さがと思います。
ロッドの負荷とラインの太さに合わせた方が楽しめるかな
ふぁんきいは3号ラインでリーダー10号だったので100gの近海仕事人(ピンク)がジグをしゃくってる感があってよかったです。

お祭り対策
サバは横に走るので、一気に巻き上げてブッコ抜くといいと思います。
ブッコ抜く際は竿を立てるとラインと竿が平行になって穂先が折れるので要注意です。
リーダー太目にするとリーダーをつかんでブッコ抜けるので楽です。

フックサイズ
船宿聞いた話では1番か0番でした。
大人の人差し指の曲線よりちょっと小さい位が丁度いいかな


船宿でブロック氷を200円で売ってくれます。
おうちの冷凍庫にスペースがある人クーラー1/3位の量の氷を作って持って行くと丁度いいのではないでしょうか。(ブロック氷はアイスピックで細かくしてね。ブロックそのままだと魚が痛みます)
サバは「生き腐れ」と言いますので氷は多めがいいです。
船上で各釣り座からホースで海水が出ますので水氷を作って下さい。
氷だけだと魚が冷えないよ
船宿の「サバ捌きマシン」で2枚おろしにした後も氷を売ってくれますのでご安心下さい。

絞めについて
今回はあっしは数釣りチャレンジだったので一部しか絞めませんでした。美味しく食べたい方はエラの脇から指を突っ込んでエラを引きちぎると血が沢山出ます。
「サバの首おり」という絞めかたも有りますが折った所から水分が入るもありあっしはやりません。

噂のサバ捌きマシンについて
頭と内臓を取った状態で機械に入れて行くようです。
あっしはお願いして2枚おろしにしてもらいましたが、捌く作業に自信のあるかたは
10匹位なら持って帰って捌いた方がきれいに捌けると思います。

小学生でも釣れる?
小学生でも釣れると思います。
ただ、想像以上に魚の「引き」が強いので小学3年生以上がいいかな
事故防止で帽子、サングラスはあった方がいいです。

うちも小学2年生の娘と釣りに行く予定です。
3500円なら相模湾クルーズと思ったら安いものです。

スポンサーサイト
[ 2012/05/30 22:08 ] 釣行記 サバジギング | TB(0) | CM(4)

春のヒラマサ釣り

 5月初旬の能登遠征で満足したはずですが
ムクムクとジギング「愛」が復活

しんのすけさんBooさん
外房ヒラマサ釣りに行くと聞いて、
当日千葉勝浦新勝丸のBlogをチェックしていると
しんのすけさんBooさん、船上中継Blogにしっかり写っていました。

うらやましい限りです。

あっしも行きたいな~
平日休みなので、前回能登にご一緒したOさんに連絡
今回はマイレージが溜まっていないみたいでNG。

しかし、今回は全く自信がないです。

さぁ、今回はどこに行こうか散々迷った挙句
新勝丸に決定。

5:15集合らしいので、2:30に出発。

201205新勝丸ヒラマサ5
 
京葉道路を通って、蘇我ICで降り
その後は一般道。
快適なドライブです。


201205新勝丸ヒラマサ6 
4:30に到着。
漁師さんも忙しくしております。

201205新勝丸ヒラマサ7 
5月の半ば、晴れていると快適な朝です。

新勝丸は初めて乗船するので船着き場がわからない
舳先の船名をチェック。目の前に泊まってました。

既にたくさんのアングラーが来ていて
7割のお客さんは船中でタックルの準備しています。

釣り座は胴の間です。

タックルを降ろして、車は駐車場に移動。

船長に最近の状況をヒアリング
ヒットゾーンは?「ボトム」らしいです。
ジグの重さは「120g前後」
水深は平均して40m位だったかな。
ま、この辺は根によって変わるので参考だと思います。

氷は最初にペットボトル氷をくれるので船上ではそれで冷やして
最後に氷をくれます。

201205新勝丸ヒラマサ8 
いよいよ出航です。

201205新勝丸ヒラマサ9 
釣り師の朝は早い
ダバダー♪、違いが判る男

201205新勝丸ヒラマサ10 
20センチ位のトビウオを見かけました。
夏の海だなぁ~

201205新勝丸ヒラマサ12 
山正丸さんです。
山正さんに乗船しようか検討しましたが
大原港はちょっと遠いので今回はパス。
自分のブログ見直したら、2007年にまるさんと乗ってました。
外房ジギング久しぶりだなぁ

それでは、まずは ゼロワン130gで開始です。

おー!!魚ハネてるぞー

船中ヒット~
シイラでした。(まあまあサイズ)
見事にリリースされてましたw

トモの釣り人が「なんだあれ~?」

デカいウミガメでした。

船中、ぽつぽつと魚が上がっております。

キタ━(゚∀゚)━! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

開始30分でヒットしました!

ガンド(ワラサ)でした。
取りあえず坊主回避成功~

はははは~

その後、 投入後数を数えていたら・・
1,2,3・・・

40m位なので、25位数えたところで着底するはずですが
40、41、42・・・・

うっかりしてました。

オカシイ!変だ!
巻け~!!!!

ヒットしてる~
十分にフッキングできずにフックアウト(^_^;)
残念~

キタ━(゚∀゚)━! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
201205新勝丸ヒラマサ2
ヒラマサ2kg位?ゼロワンで釣りました。

ベイトは全く不明でしたが、目立つように
シェイプの大きい190gのジグに変えました。
 
感じのいい常連のお隣さんに
キタ━(゚∀゚)━! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ファイトしながら、「きっと、スレですよ。」なんて仰ってますが
大物のようです。

しばらく手を休めてファイト見学。
船長もタモ片手に待機。

「外れた~」
アシストフックのラインが切れたそうです。(大汗)

30分後
キタ━(゚∀゚)━! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

201205新勝丸ヒラマサ4  
オーシャンシールズ ガラシャ190gでーす。
東海地方で鯛が釣れるジグらしいですが
こちらは青物バージョンです。

201205新勝丸ヒラマサ11 
だははは~
ここの海水ホースは水流が強くていいっす。

しめた後にホースの先を
ヒラマサに咥えさせるプレイで血抜き

201205新勝丸ヒラマサ3 
3本目、3キロちょい
開始2時間で3匹、うーんついてるなぁ~

普段全く運動をしないので腕が疲れました。
ライトジギングロッドに変更。

底からワンピッチワンジャーク、その後2ピッチワンジャークなど
いろいろ手を尽くしますが追加はなし。

どーよさんの特製ジグ?も登場しましたが
残念ながらアタリなし
(活性が低い時に使用したので・・・アレで釣りたかったのですが)

11:30に終了
8回位移動したかな

この日は底から15シャクリ目位でヒットが多かった気がします。

201205新勝丸ヒラマサ14 
上2個がヒットジグです。 
リーダーフロロ18号
メインライン5号?(最近リールに巻いてあるライン号数わからないです。重症・・・)
VARIVAS セリオラ [ikスタイル]サイズ3/0

201205新勝丸ヒラマサ17 
勝浦灯台
近くに官軍塚があります。

官軍塚
戊辰の役末期の明治二年一月三日夜  

熊本藩兵350人を乗せた船が、市内川津沖の岩礁地帯で難破し、
130数人の死者を出しました。地元川津では総出で救助にあたり
遭難者を埋葬供養したのがこの官軍塚です。
この船は熊本藩主細川護良が函館五稜郭で榎本武揚鎮圧に苦しむ
実弟の津軽藩主津軽承昭を救援するため、横浜で米国汽船を雇い出発させたものです。

だそうです。

201205新勝丸ヒラマサ18 
港内に船が入ると、陸側アングラーから驚嘆の声が・・・

何?何?

基吉丸さんのイシナギの水揚げでした(汗)
70kgを筆頭に11匹釣れてたみたいです。
フォークリフト出てるし(大汗)

この時期沖から乗っこんでくるみたいです。

201205新勝丸ヒラマサ19
 
帰り。
ここのソフトクリームがおいしいのですが
ダイエット中なので素通り。

201205新勝丸ヒラマサ15
上の魚はワラサです。
配布用に発泡スチロールを別途用意してました。
(釣る気満々だったらしい)

201205新勝丸ヒラマサ20 
刺身旨かったです。

当日船宿の釣果報告

午前の結果
ヒラマサは3キロ前後を27本ゲット出来ました(~o~)
ワラサは3~4キロサイズが50本位でした!
船長の話ではヒラマサTOP4匹。

また、行きたいなぁ~

 
[ 2012/05/14 17:59 ] 釣行記 ジギング | TB(0) | CM(12)

能登遠征ジギング 料理編

能登直送!
ブリ料理編です。

201205ブリ料理3

上、ガンド
下 ブリ

201205ブリ料理5
まな板ショー!
デカいので難儀しました。

ガンドは脂がまったく乗っていませんでした。
自分もワカシの「漬け」などさっぱりしていて好きなので
全然問題ございません。
もらって頂いた方も脂が乗っていない方が好きな人もいたようで
これはこれで十分アリかな。

しかし、スーパーで売ってる養殖の
ブリの刺身のものすごい脂を見ると
かなりメタボに育てるのだと思います。

この日は甥っ子も来ていたので ブリパーティになりました。

その1 ブリのカルパッチョ 
 201205ブリ料理
新玉ねぎが出ていました。
水にさらして、サラダ脱水機で水分をしっかり取ります。

201205ブリ料理15
いつものミツカン「カルパッチョソース」

201205ブリ料理8
できたー♪
今回は奮発してイクラ乗せ

その2.アボカドとブリのわさび醤油あえ
201205ブリ料理1
アボカドがきれいだと得した気分。
黒い斑点は入ったモノがありますが
どのように見分けるのでしょうか?

201205ブリ料理9
できたー
わさび醤油ですが、小学生にも余り気にならないようです。
個人的にはこれが一番旨かった。

その3 ブリのつみれ汁
201205ブリ料理2
ブリ、塩、しょうゆ、ショウガの絞り汁
つなぎで、片栗粉とたまご(黄身も一緒に入ってしまった)
隠し味に冷凍してあった、柚子の皮をおろし金で擦っていれました。

201205ブリ料理6 
シラガネギの香りとブリの風味がなんともいえません。

今回「つみれ」は上品な味付けだったけれど
練り物は塩大目がいいですね~


その4 ブリの「漬け丼」 

 201205ブリ料理7

「漬け」は醤油、日本酒、おろしショウガ、ごま油少々
 大葉とごま油の香りがプリプリしたブリの食感を引き立てますw

これは大葉がポイント

その5 ブリのアラ煮

201205ブリ料理11 
Oさんからメールが入り
アラ煮が旨かったとそうだ。
さっそく一品追加

アラと醤油、みりん、日本酒、砂糖、ショウガの千切り

ご飯のおかずに丁度いいです。
ブリの胃袋とハツも一緒に煮てみました。
胃袋は細く切って煮た方がいいかも

胃袋は素材としては面白いので
上手く料理するともう一品出来たはず
失敗した。。。。

その6 ブリの西京漬
201205ブリ料理14

タケヤの白みそ(西京味噌600円位した) 300g
酒 大2
みりん 大2
醤油 大1
砂糖 大1/2

魚に塩をふり10分、水気を拭き取る。
上記材料を混ぜた味噌を塗る。
乾燥しないように1~4日寝かせる。
味噌をよく拭き取って(洗っても可)
弱火で焼きます(ゴゲやすいそうです)


201205ブリ料理13 
今回はこのまま冷凍しましたw

大量に持ち帰りましたが
手元に残ったのはブリ1本とガンド3本
もうちょっと残せばよかった。
 

[ 2012/05/07 08:30 ] 料理 お魚料理 | TB(1) | CM(4)

能登遠征ジギング

待ちに待った遠征当日!
同行のOさんの仕事が毎日残業がちなので
東京を夜12時出発することにした。
 
いつも通り、中央道→松本→安房峠→富山→氷見経由
安房峠経由の場合、 高速道路使用より
100キロ程距離が短く高速料金セーブできる。

山梨の勝沼ICでインターを降り、諏訪まで北上
塩尻峠が面倒なので諏訪ICから塩尻まで高速利用 (300円)
この経路だと高速代は4000円も掛かっていない。
なおかつ、カーナビの高速フル利用で富山の小杉ICまで
1万円なので財布にやさしいのである。

今回同行するOさんは若い頃から
ミッドシップエンジンの2シーターで峠を攻めて
自分でエンジン載せ変えたりしていた変態
変人なので「ある意味」安心である。

徹夜ドライブだが、いつもは1人で運転しているので
道中は長いのだが、今回はあっという間に塩尻に着いた

ここで運転手はあっしに交代
これからは、長野→岐阜をかすめて、富山に抜けるルートである。

201205能登釣り

安房峠を越えた辺りで夜が明けた。
淡い新緑にサクラのピンクがまじり
この時期しか味わえない春の風景である。

富山に抜け、源泉垂れ流しの海王温泉で 一風呂浴びた。
その後氷見の道の駅で海産物をチェック

氷見で遅い朝飯を食った後 船長に電話してみた
予約は明日であるが
午後船に空きが有れば乗ろうという魂胆である。

残念ながら、午後船も一杯のようだ。

グランツさんが乗船して
2時半に港に着くらしいので顔を出す事にした。
 
とはいえ、時間はたっぷりあるので
チョイと川で釣りして遊ぶ。

DSC_0409
天気も良く釣れそうな雰囲気なんですが…


201205能登釣り1
蛇と目線が合った。 一気に萎えてしまった 。
納竿、納竿・・・・・

お次は能登観光
201205能登釣り2 
途中、能登の観光地「巌門」で観光。
さすがGW期間中である。
関東、関西ナンバーのクルマが多い。

201205能登釣り3
すっかり観光気分
Oさんは景色の良さにいたく感動していたが
あっしには見慣れた風景

改めて見るとなかなか絶景!

201205能登釣り4
岩の下が穴になっていて
向こう側に抜けられます。

下クチビルで有名な松本清張「ゼロの焦点」の舞台である。

201205能登釣り5
観光船の船着き場
観光船が運航してるの初めて見た。


201205能登釣り6 
グランツさんとは3年ぶり位の再会
以前から激しい釣行回数もさることながら
浜の清掃活動を主催するなど素晴らしい人物なのだ !

クーラーを見せてもらうとブリが2本!
デケエ!

質問攻めにして
攻略法をヒアリング
大物は底の方に居るらしい。

誘い方はイカパターン(はや巻きストップ)
魚パターン半々位のようだ。 

海底はそれほどゴツゴツしていない感じらしい
「明日も絶対釣れますよ!」と励ましのお言葉!

グランツさんありがとう!

船長から今日乗るか? と声をかけてもらい
「うおー乗れるか!」と思ったが
船長が乗組員を勘定したら定員一杯だった。

もう、寸止めプレイである。 (漏らした)

富来西海漁港を後にして
七尾方面に向かい
 
201205能登釣り9
七尾の食祭市場を見て
青柏祭の山車を見学 やはり大きい。

祭りは明後日からのようだったが
重さ20トンが街中を練り歩く
うーん一度ゆっくり見てみたいものである。

その後、七尾の釣具屋に廻り
早め夕食を食って

201205能登釣り11
本日のお宿へ

201205能登釣り8
ここでもサクラが満開
出発前にいろいろ調べたがこの健康ランドの前評判は
かなりイマイチだったが行って見ると全然問題ないレベル

夕方入って一風呂浴びて
8時には寝ようと思ったが前日一睡もしていないのに
興奮して寝れないw

いよいよ本題!
翌日、5時半出船だが、早々に港に着いた
今回はリンク先の「どーよさん」も来てくれてうれしい限りである。
久しぶりの再会で元気そうで何より
残念ながら、日本海の釣りの女王「お嬢さま」は
今回は仕事の都合で不参加 残念至極である。

今回の釣行では事前にどーよさんから色々と
アドバイスをいただいて、ヒデキ感激である。

201205能登釣り12 
いよいよ出船
まるで鏡のような水面
1か月前のローゲー吐いた海とは大違い!
普段の「行い」が良い事を我ながら実感

201205能登釣り14 


201205能登釣り15
朝日が山から上がってくるのは
外房ではなかなか見ない光景である。

201205能登釣り16
さすがに酔う人はいないだろう
敢えて波があるとすれば近くを通る漁船の引き波くらい

今回は、近海ジギングロッド、MCワークスのヒラマサロッド
タイカブラ用の太刀魚ロッド3本を持参。
TOPで出るのはもうチョイ時期が遅いそうなので
車で留守番させた。

さーて
水深70m
緊張の1度目の投入!


どーよさん
いきなりヒット!

3巻目位でヒットさせている
この男やはり何か持っている・・・・
201205能登釣り17 
あっしにも1投目でヒット!
おこぼれ頂戴ヒット~♪

いきなり爆釣のヨ・カ・ン
ウフっ♪

もう、ガンド(ワラサ)の祭りである。
この半月、これをオカズに飯を食ってきた甲斐があるというものだ
脳汁大分泌である。

1匹目はバラさないようにと慎重なファイトを心掛けたが
3匹目を過ぎた頃からファイトが荒くなってきた。

うりゃーごり巻きファイト!
疲れた・・・・・

5匹目くらいで、シルエットの大きい200gのジグに変更
ロッドはヒラマサロッドである。

キタ━(゚∀゚)━! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
重い!

スレ掛かりである。

お次!キタ━(゚∀゚)━! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
船長~~「タモお願い!」

船長より一応ブリ認定!写真撮影サイズだそうだ
あー疲れた・・・・・

シャキーン♪
禁断の~ 電動リール登場!

電動ジギングは初であるが、まあ疲れ知らず
ガンドもガンガン巻き上げ、250gのジグ付けても回収楽ちん

やはり年寄には「電動」である。

電動リールは高速巻き→ストップ2秒の誘いを繰り返したが
(イカパターン)ストップで竿先にツンツンアタリがでる。
おもしれー、どんだけ魚居るんだよ~(大汗)

右巻きリールが久しぶりなこともあり、
アクセルを操作してるので
なかなかアワセられない(笑)

段々余裕が出てきた。

大物狙いでジグ着底から1巻目に集中するが
なかなかヒットぜず、キャストしてできるだけ海底をトレースしたら
確率が上がるのではないかと思ったが上手くいかない。

途中、なかなか手ごたえのあるサイズが掛かったが
お祭りでフックアウト!残念~

201205能登釣り18
さすがのどーよさん余裕のファイト

201205能登釣り19
写真撮るよ~
カシャ!

201205能登釣り20
どーよさんと同行のTさん
でかいらしい

201205能登釣り21 
ブリゲット~

Oさんも最初は手こずっていたが ガンドを上げている。
後で聞いたがさすがに「ショゴジギング」とは勝手が違っていたそうだ
帰りの車中で「大満足」と言ってたので安心した。

12時頃に早あがり。
船中ガンド200本! クーラー満タン

船長が釣ったそばから〆てくれて
クーラーに収めてくれた
ありがとう!!

おかげでクーラーがオイルサーディンの缶詰になった。

201205能登釣り10


201205遊心丸ブリ
おかげさまで、ブリ(少々小さ目)捕れました!!
それでも測ったら88センチ!

その後、奥様の実家に魚を届け
毎度おなじみ「じんのびの湯」で温泉に浸かり
富山の先輩の実家にお魚を届け東京に帰りました。

東京着23:30
丸丸48時間の遠征となりました。
(翌日仕事w)

釣り船は石川県能登の「遊心丸」
船長、また行きたくなるから爆釣電話勘弁してね~

当日の遊心丸釣果ブログ

またまたベタ凪。
どーよさん、東京からファンキーさん参戦、ジギング6人で出船。
あまり鳥は居ませんでしたが、魚達はやる気満々♪
1投目から、ガンド、ポツポツポツ。
ガンド、ガンド、ガンド・・・♪
たまにブリ~♪結局、お腹いっぱいで強制終了。
ファンキーさんも♪ブリGet♪
ジギング2回目の初心者でも♪頑張りました♪
ブリ3本、小ブリ2本、ガンド200本以上。
暑い中、お疲れ様でした。



満足満足!と言いたい所ではあるが
なんだかやり残してきたことが沢山あって
既に禁断症状が出ているのであった。(汗)

[ 2012/05/05 23:28 ] 釣行記 ジギング | TB(0) | CM(6)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。