スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カワハギ釣りでぇす

こんにちは
あはあは! あはははは!

またカワハギに行ってしまいました。

今回もSBさんと釣行です。

今回はSBさんの息子さんDちゃんも同行です。
Dちゃんは小学5年生
釣りが一番楽しい時期ですね・・・
いいおとうちゃん持ったもんだ~

あっしも小学生の頃、
とーちゃんに釣りに釣れていってもらいましたが
良く覚えています。いわゆる管理釣り場でしたが
楽しかったなあ~

ということで、3時15分にあっしの
ランボルギーニカウンターパンチで迎えに上がりました。

SBさんと、息子のDちゃん
お父さんのしつけも良くて
素晴らしい少年ですわ~

あっしも、子供2人いますが
立派な教育してますな~色々勉強になります。

到着いたしました。

出船6時、
港を出ました。
SBさん「今日は良さそうだねえ~」
ふぁんきい「そうっすね~」

予報では凪の感じがしていたのですが
沖に出ると例によって波が・・・・

201012カワハギ萬栄丸
ザップン~

201012カワハギ萬栄丸2
この季節、西風だと東京湾の東側なので、
波が結構高くなります。

さあ、釣り開始

SBさん先行でございます。2枚4枚!6枚
ふぁんきい2枚、相変わらず、ふぁんきいはスロースターターですわ

荒天にも係わらず、SBさん好調に飛ばしてます。

言い訳ですけど、この波ヒジョーに釣りづらい
うーん、これも修行ですが、前回に引き続き荒天・・・

ココで備忘録。以降は自分が忘れないように書くので
余り参考にされませんように・・・

荒天での釣り
波で船が上下しますから、オモリを底に着けておかないと
仕掛けが上下します。オモリは底べったりなのですが
ラインが緩んだり、テンションかかったり・・・・(汗)

これは船の上下動をロッドを上下させて対応するのですが
やはりアタリが取れません。
一瞬、船の上下動が収まるタイミングがあるので
そこで、ツツツーーーとタルマせるとアタリが取り易いかな
いづれにしても勝手に魚は掛ってくれないので、
アタリを出す事に専念しますが上手くいきません。

荒天でアタリを取る
船が上下動していても まれにアタリが出ますが
これを上手く掛けていくのが至難のワザ・・・

ゼロテンションもしくはちょっとタルマセ
タルマセてもアタリが出ないので、ゼロテンションを試みましたが
これもうまくアタリがでないです。
まさに修行・・・
もう少し、やってみても良かったかな

基本に返る
海が荒れていると、エサ付けもラフな感じになりますので
しょっと注意してちゃんと付けるといい感じでした。

エサチェックしなさすぎ
仕掛けを下ろしてアタリがないと、つい粘って誘ってしまうのですが
エサが無くなっていること数度・・・・
もうちょっと早めに仕掛けをチェックしたほうが良かったかな~
エサが付いてないとつれないですしね~
とはいえ、仕掛けを上げてきてエサが付いているとガッカリ・・

やっぱりアタリが出ると釣れる
ちょっと、波が収まってくるとアタリが取れるようになりました。
アタリが取れると釣れるようになります。

10時位になって多少波が落ち着いてきました。
アタリが取れるようになってきましたよ~

俺時間がやってきたようです。
うはー!!タマにはこの時間が欲しいです

Dちゃんは残念ながら船酔いで終始ダウン
良く頑張った!!Dちゃん毎回荒天パターンで
最近、沖釣りで竿が出せていないようですが、
毎回参加する心意気、立派なもんだ!!!

今回は2艘出船で1号船に乗船しました。
TOP17枚 ふぁんきい14枚
この3枚の差が大きいのだよなぁ~

当日の、船宿釣果 2010年12月中旬
萬栄丸釣れたかな~
水温17.5℃ 
15~27cm 0~22枚
勝山沖~富浦沖 15~30m
本日2隻で出船しました。朝は沖合いの風波が残り釣りづらい。
濁りが入ってしまって、食いが悪かった。
8号船 5~22枚
1号船 0~17枚 0は船酔いでダウン

家族もカワハギ飽きてきた感じがあり
みりん星、いやミリン☆干しを作ってみました。

だいたい、
みりん  大さじ4
醤油   大さじ4
酒     大さじ1
砂糖   大さじ1

の感じで、作りました12時間漬け込んで
12時間天日☆干し

201012カワハギ萬栄丸5
あっしは美味しいと思ったのですが
家族にはイマイチ不評。
多分焼くのが面倒なんだと思います
スポンサーサイト

能登の神徳丸さん

ふぁんきいは石川県に縁がありまして
最近行ってませんが、能登に何度か足を運んでおります。

リンク先のどーよさんのサイトを見ると
神徳丸さんという釣り船が出ております。

で最近の神徳丸さんの釣果ブログを見ると
牧場と化しております

OK牧場です・・・・

真剣に行こうかと考えてしまいました。

でも片道9時間は無理だぁ~

行きたいな~と思って見ていたところリンク先のグランツさんが釣行されていました。

皆さんマシーンです。

ちなみにフクラギ700本
少なく見積もって1本=2Kgとして1400Kg !!!
釣り船大丈夫かなぁ(爆)
たまに「ガンド」も混じるみたいです。

参考までに関東と北陸で呼び方の違いです。
関東
ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上
北陸
コゾクラ、コズクラ(35cm以下)→フクラギ(35-60cm)→ガンド(60-80cm)

船長さんの評判もいいみたいですし、
能登に行ったら乗ってみよーっと

場所はこの辺です(汗)

大きな地図で見る


やっぱり遠い・・・・
[ 2010/12/15 21:54 ] 情報 実況 好釣果 | TB(0) | CM(4)

荒天のカワハギ釣り 5回目

また行ってきました
カワハギ釣り

今回はSBさんと2名で釣行。
SBさんと2人で釣りに行くのは初めてです。
まあお互い、何度も顔を会わせてますので
気心はしれております。

前日、すさまじい暴風雨で
千葉の港では、スロープに揚げていた
漁船が横倒しになってました。
釣りにいけるのだろうか・・・・・

3時にフェラーリテスタロッサナニシテマンネンで
迎えにきてもらいました。
このフェラーリテスタロッサナニシテマンネンはトヨタ製です。
運転してもらっちゃいました。

行きの車中
「SBさん吹流しがヨコですよ!!」
「船出るんですかねぇ」
「出るでしょ!!」
「ププププププ

とて脳天気な2人組です。

前日、朝早かったのでとっとと寝る予定だったのですが
時化後の荒食いを期待して 寝れませんでした。
SBさんも同じだったそうです。

さあ到着しました。
でも、まだ出船までに2時間ありやんす。
外は真っ暗、風ボーボー

時間となりました。 船が出ました。
風も幾分みましたが、波が高いので港の前のテトラの内側で
釣りをします。

うーん
釣れねえ。浮島廻りで1時間位やってたのですが
結構深くて、もう少し魚が居ると思いましたが
全然エサが取られましぇん~
 
テトラには波がぶち当たっております。 外は凄そうです。
こんなうねりでどう釣ったらいいか判りません~

201012カワハギ1 

いよいよテトラの外へ
あわわわ ~
うねりがスゴイですわ

201012カワハギ2 
いよいよ本格的な釣り開始
船中ポツポツと上がっております。

SBさんはちょっと酔った様子です。

ちなみに、SBさんとは「チームタルマセ」を結成しております。
信条は
「実生活がたるんでいること」
合言葉は
「たるんでんじゃねーよ」(褒め言葉)
カワハギ釣りはもちろん
「タルマセ釣り」

ちなみに今回SBさん、
釣ってる途中でふぁんきいに
「宙でやってんの?」と聞いてきました。

チームタルマセメンバーにあるまじき発言です。

ふぁんきい「えーっ!チームタルマセですよ!」(笑)

いやー本当に相変わらず
ふぁんきいはタルマセ一本勝負です(汗)
でも今回はちょっと宙を意識した誘いをしてみました。

いやー内房とはいえ、外房並みのうねり・・・
SBさん いよいよ本格的に船酔いダウンです。

こんなときは放っておくに限ります。
※後で聞いたらやっぱり船酔いしたときは
放っておいて欲しいらしいです。

なんだか船長さんがあっしに
何度も枚数を聞いてきますよ

「今何枚?」

「18枚でぇす」
「18枚でぇぇ~す」

ちょっと中だるみの気配・・・・・
201012カワハギ3 

最終的に24枚で終了~

SBさんは途中で船酔いから抜け出し
20枚近く上げてました。すげえ
 
「センパア」でドーピングしたそうです。

帰りの車中は、SBさんのクルマで
「クイーン」ベストを聞きながら帰りました。

しかし、クイーンって曲の作り方が
発想を超えていて凄すぎです。
まともな神経ではこんな曲はつくれましぇん

ちょっと目からウロコでした。
やはりエゲレス人は一味違うなあ

クイーン、翌日までふぁんきいの脳を
フレディが支配しておりました。
「イジカム、イジゴウ、イジカム、イジゴウ、ナニシテマンネン♪」

当日の、船宿釣果
萬栄丸釣れたかな~
水温20℃
カワハギ 
15~26cm 2~28枚
勝山沖~富浦沖 15~30m
朝のうちはウネリ高く全然ダメでしたが、
日中はナギよく段々と活性が高くなってきました。
ほとんどの型が15枚以上でした。 
2番手27枚 3番手24枚

うーん、3位に着けました。
18人居たからちょっといい感じになってきたかなあ~

移動するポイントとつり方が合ってない気がしますので
今後の課題かな~
カワハギ釣り、先が見えないなぁ

カワハギ午後船 ゴンズイを食べてみた。

またもや、カワハギ釣りにいってしまいますた
一部では、最近のハゲしい釣行に(ハゲ釣りだけに)
離婚したとか、仕事辞めたとか噂が流布してるようですが
釣りのスイッチが入って臨界点に達したというのが実情でございます.

ブログの更新が追いついてません・・・

カワハギ釣りに関しては「ハマる」感じがしていたので
もう、釣行前にタックル買っちゃいました

で、今回のカワハギ釣行ですが・・・

結果から言いますとSさん19匹
あっしは11匹

うーん、ますます深みにハマッタ感じがします。

釣行前に岩井漁協のお店で昼ごはん

201011シッタカ
「シッタカ」(尻高)正式には「バテイラ」の煮貝です
爪楊枝でくるんと回して、尻尾まで簡単に取れます

口の中に広がる、潮の香り
まろやかなキモの舌触りがなんともいえません~

201011ゴンズイ天ぷら
こちら、ゴンズイの天ぷら
限定商品で確か380円位だったかな

ドジョウのようなヌルのまろやかさが何ともいえないですぅ~

外食でも外道料理~
ゴンズイの柳川鍋とか味噌汁とか旨そうですね~

ヒラツメガニ取り 九十九里にて

カニ獲り。
昔、ハマッタのである。
カニ獲りに・・・・
港に行って網ですくうという原始的な方法でした。

いやー積年の課題でした。
カニ獲り。

そこで、こんな記事を見かけました。
@nifty釣り通信【ゆるゆる釣り部】外房流のカニ網でのヒラツメガニ釣り

すげー獲れてますよ
いくっきゃないでしょ---
仕掛けは上記のWEB記事通り
森川漁網店 〒299-4213 千葉県長生郡白子町八斗2088
で買いました。カニ網ですがデカイです。
カニ網1500円、ライン500円、糸巻きも奮発してしまいました。

この森川魚網店さん、おじいちゃんとおばあちゃんが営業してます。
8時30分位には開店してるようです。
カニ獲りを終えたお客さんが、丁度お店に居てクーラーを見せてもらいました

カニぎっしり・・・
ポイントも教えてもらいました

森川漁網店のおじいちゃんと30分くらい世間話をしてポイントに向かいます。


201011九十九里ヒラツメガニ1 
誰かいますよ

201011九十九里ヒラツメガニ2 
えーうちの娘です。
クルマに忘れ物したのでちょっと留守番頼みました。


201011九十九里ヒラツメガニ3
場所は千葉県の白子海岸。
いやー写真で見るとドンヨリしてますなー
やり方は魚の「アラ」をカニ網に入れて網を放り投げるだけ。

1投目2匹
2投目3匹


3投目
わお

201011九十九里ヒラツメガニ6
てか、どんだけこの海にカニいるのやら
こちらは「ヒラツメガニ」です。
外すのすごく大変
案の定挟まれて、人差し指から血がでました。
カニは挟まれたら地面に置け!といいますが網に絡まっているので
地面に置けないし・・・
力ずくで、ハサミを広げました。。。

201011九十九里ヒラツメガニ7
あっというまにこの通り・・・
ヒラツメガニです。
手足含めて大人の手のひら程の大きさです。
1匹、モクズガ二が混ざってました。
モクズガニって淡水のカニかと思ったら産卵で海に降りるみたいです。

ちょっとまとめてみますね。
1.エサはイワシとかサンマとかがいいみたいです
(地元のじーちゃん談)重要度☆☆?
ふぁんきいはカワハギ釣りでゲットしたトラギスの頭を
10個ほど入れました。

2.離岸流を見つけるといいです。 重要度☆☆☆☆
最初のうちは、仕掛けがヨコに流されてましたが、
離岸流を見つけるとカニ網のラインが
真っ直ぐ沖に持っていかれます。
でも、余り気にしなくても引き波でラインはドンドン出ていきます。
ラインは100m位用意。

3.長靴はあったほうが良い 重要度☆☆
  ウエーダーでなくても大丈夫です
遠浅なので波が引いたタイミングで
波打ち際に走りカニ網を投入します。

4.軍手はあった方が良い 重要度☆☆☆☆
挟まれますので・・・・・

5.カニ網は2個あった方が良い 
(地元のじーちゃん談) 重要度☆
地元のじーちゃん曰く、カニを外している間に、
もう一個の網を投げるといいらしいです。
山ほど獲れるので、2個も要らないかも

6.流してる間が暇だ 重要度☆
ラインが出切るまで10分くらいかな~ 
ちょっと暇

7.釣り竿でやってる人も居ましたが、
森川漁網店特製カニ網はモシャモシャで投げても
ほとんど飛ばないです。
竿でやるなら、ジギングロッドとかがいいかもです。

8.ポイントは?
なんだか九十九里ならどこでも居そうな気がします。
ポイントを考えるなら、
離岸流を見つける方に気を配ったほうがいいかも
サーフのヒラメやってる人は直ぐに判りますね~
離岸流はこのサイト詳しいです→海上保安庁九管区海洋情報部 離岸流
長岡技術科学大学 水工学研究室 離岸流について
 ~発生のメカニズム,シミュレーション,調査~
 

9.1年中取れるみたいですが
年を越すとサイズが小さくなるようです。
地元のじーちゃんが言ってました。
小さいほうがから揚げとか出来ていいかも・・・・

201011九十九里ヒラツメガニ9 

浜で子供が遊んでました。

ヒラツメガニパスタ 
カニパスタ作ってみましたよ
余りカニの風味がしなかったです。
味噌汁はカニの味がしました。

美味しい食べ方知ってる方います?
[ 2010/12/02 18:01 ] 釣行記 陸 カニ取り | TB(0) | CM(5)

「カワハギの外道を食べる」まとめの巻 

カワハギ釣りのの外道を食べる!の
まとめページを作ってみました。

魚の名前をクリックすると記事に飛びます。
一応すべて喰ってます。(汗)
記事が重複しますがご勘弁ください。
結論としてはやはり大き目の魚が食い甲斐があります。

20101117トラギス
トラギス(色がちょっと)

オキトラギス1
オキトラギス (背筋トレーニング中)

201011クラカケトラギス2
クラカケトラギス(背中のVのマークが特徴)
このVマークが釣れると竿頭確定との釣り人のもっぱらの噂(爆嘘)

アカササノハベラ1
アカササノハベラ(上の赤いやつ)

201011その他の外道4
ホシササノハベラ

201011キツネダイ
サクラダイ(釣り上げるともっと背鰭とか派手です)

201011イラ1
イラ(白い斜めラインが特徴)

201011テンス1
テンス(噛み付き注意)

201011その他の外道4
キュウセンのオス(下の派手なやつ)

201011カゴカキダイ1
カゴカキダイ 旨い!

201011コスジイシモチ1
コスジイシモチ (ネンブツダイではありません。食べるのはオススメしません)

201011シラコダイ1
シラコダイ (悲しい熱帯魚…食べるのはオススメしません)

以上です。
[ 2010/12/02 17:40 ] 料理 外道料理 | TB(0) | CM(0)

ホシササノハベラ キュウセン食べ比べ 外道料理 7

 えーまだまだ続く、カワハギ釣りの外道料理
今回は、ホシササノハベラとアカササノハベラの見分け方から

アカササノハベラ1 

すみません、うろこ取っちまいました、
真ん中のやつ「アカササノハベラ」

目の下の黒い線が、胸鰭まで届いていて
白い斑点がないのが「アカササノハベラ」
もう、この辺どっちでもいいや、
でもブログにUPする以上間違えてはいけません。

201011その他の外道4
上のやつは「ホシササノハベラ」、
目の下の黒い線が胸鰭まで届いてなくて
背中に斑点があるそうです。
元々一緒の種類にしてたみたいですが
最近、2種類に分類されたそうです。

下の派手なのが、キュウセンのオス

今回は、ホシササノハベラとキュウセンの塩焼き一騎打ち企画
DSC_0158

塩焼きにしてみました
あまり味が変らない気がします・・・・
うーん、味ワカンネー(爆)

便利なカワハギ外道リンク
「カワハギの外道を食べる」まとめの巻 
[ 2010/12/01 21:42 ] 料理 外道料理 | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。