スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カワハギの生態

カワハギは夜、寝るそうです。
次回のカワハギ釣行を考えると頭の中がカワハギで一杯です。
色々調べてみると、カワハギは夜寝るときに
海草を噛んで流されないようにして寝るそうですよ

ホントかなぁ~

こんな感じかなぁ

カワハギが寝てるところ2
空中昆布
空中昆布
空中昆布
空中昆布
海底昆布

先っちょ過ぎですか?

海草を噛んで寝るってのは本当だそうです

釣魚考撮カワハギに書いてあります。

この辺も面白いです。
ダイワの水中生態学入門
カワハギ編

なかなかこのサイト魚に関して面白い事が沢山書いてありますよ

それとカワハギ釣りって「おやぢ」のイメージですよね
今でこそ、バスやってた人も流入してるらしく
少しはオシャレな感じもしてきましたが・・・

スズキ→シーバス
って結構かっこよくなったりしますよね。
横文字にすると、なんとなくかっこよくなります。

カワハギ(皮剥ぎ)
→横文字でSKINだそうです。
「ねぇねぇ来週ヒマ?スキン行く?」
スキン行くって。。。。。


WEB辞書でカワハギを調べると
カワハギ(皮剥・英名 Thread-sail filefish)だそうです
逆引きしてみると
Thread:糸
sail:帆
filefish:カワハギ

一般的にカワハギ=filefishのようです。

foolfishとか呼ばれていたりもするようです。
あんまりだぁ

まあ順当なところで
カワハギ→ファイルフィッシュがスタイリッシュかもしれません
なぜ「file」なのかは判りませんでした。

「ねぇねぇ来週ヒマ?ファイル行く?」
なかなかカッコいいじゃあーりませんか

でも、ちょっと昭和の香りのする
「カワハギ」って呼び方もカッコいいと思います。

かっこ悪いのがカッコいいみたいな。。。

ふぁんきいは
「かっこ悪い」のが「カッコいい」
ってのは結構好きです。

スポンサーサイト

オカッパリ回遊魚 2匹目のどじょうはいるか?

ということで前回、イナダをゲットしたポイントに再度行ってみる事にしました。


2匹目のどぜう
出発は19:30pm朝マズメを狙います。

夜の自動車
残念ながら大雨が降雨でございます。

ご飯を食べていないので、夕ご飯を何にすべきか真剣に迷います。
としまやチャーシュー弁当
千葉で展開する「としまや」
弁当屋さんです。何故かワニのマーク
チャーシュウ弁当が有名。「としまや」だけあって年増の店員さんが多いです(ゲフォ)
この時間では営業してないですね

すきや

すきやって余り行く機会が無いんですよね~
子供の頃は外食なんか中々できなかったもんです。
外食ヤッホーでした。大人になるってすごいなぁ

MAC
マックねえ。。。
クルマで移動すると
食べる機会多いのですよね~
洋食でなくて和食がいいなあ~

夜の自動車
ところでこんなに釣行が込んでくると
高速代金がモッタイナイので
下道でトコトコ行きます。

王将餃子
餃子の王将もいいのですが
通りすぎてしまいました。
オーマイガッ!!

吉野家
牛丼といえば吉野家、
濃い目の味付けが好きなあっしとしては
余り食指が伸びません
でも、吉野家さん、単品メニューで頑張るよなあ
券売機を置かないのは、
お客さんとのコミュニケーションを
大切にしてる理由だそうですよ
あまり、お客さんとのコミュニケーションは
求めてないんだけどなぁ
まあ、いいや

なかう
なか卵もうどんが食べれて良いのですが
なんだか店がバッ○チイ印象があって行きません

一体この記事いつになったら釣りの話題になるのか
書いてる本人も漂流してる感じです

ゆで太郎セット
ファーストフードに否定的なことばかり書いているのでここらで
マイブームを・・・
最近は、「丸亀製麺」とか本場讃岐風うどん店が増えていて
麺は美味しいのですが
「だし」がイマイチ関東の人間には合わないなぁ、
安くて美味しいのですが・・・

そんな中で「ゆで太郎」は
麺は小学校の給食のようですが
セットもあって中々良い感じ。。。
でも、ロードサイド店舗って無いんですよね~

ペッパーランチ
それとペッパーランチ、
アツアツ鉄板にご飯と生肉が乗ってるという
画期的な提供のされ方をしていますが
これがどうして、
ハフハフいいながら食べると美味しいのです。

ジャンクフードここに極まれり!!
ただ、ロードサイド店舗が無いんですよね~

ココ一番屋ってカレー店もあるのですが、
先日釣りの帰りに寄ったら

オススメメニューの「きざみカツカレー」が
880円っすよ!!
サービスも良いのですが店員も多すぎです。

厨房前のカウンターに座ったのですが、
待たされるなぁと思っていたら
カレーは一人前ずつ鍋で温めてました
しかもカレーに具が入ってないです。


松や牛丼
最終的に「松屋」に落ち着きました。
時間もないのでカレーを注文。
松屋のカレーは美味しいです。

それとサラダのドレッシングが美味しい。
何故か、「松屋」のBGMはブラジル音楽が
かかっていることが多い気がします。

あーお腹いっぱい!
しかし、高速道路使わないと時間がかかるなあ~
この分では到着は24:00過ぎか・・・
夜の自動車

やっと到着しました!
早速車中で寝ることにします。








翌朝、4時起きです。
すごい雨です・・・・

クルマの中でタックルをセットして
合羽も着て

風も強く
このまま帰ろうかと思いましたが
折角来たので頑張ります

ハァ・・・・

すごい波


強風が強くて、危険が危ないです。


もっとすごい波

頭から海水をかぶってしまいます。


合羽を着てるのですが、
なんだかケツの周りに忍び寄る冷たい感触が・・・



海水が目にしみる
うひゃー眼が!

合羽を着てたのに
脱いだらスゴイんです
股間が・・・


合羽を着ていたのに染みた

帰りに8:30からオープンしている千葉の地元スーパーで魚を買った。

スーパーの店内でもズボンが浸みていた。
旅の恥はかき捨てである。

[ 2010/10/23 22:39 ] 釣行記 陸 ジギング | TB(0) | CM(7)

カワハギ乗合でワシも考えた

いよいよカワハギ乗合である。今回は久しぶりのHさんと2名で釣行
脳内情報は予備知識満載で、肝パンならぬ脳パン喫茶状態である。
※ちなみにノーパン喫茶は死語である。
 あっしは行った事がない。人生の後悔の一つである・・

201010カワハギ萬栄丸1
到着までの車中は大雨でしたが、普段の行いが良いせいか、
モーゼの十戒の如く港に着いたら晴れた。

201010カワハギ萬栄丸3
向こうに見える山は沖合いにある「浮島」

船宿は千葉内房勝山の萬栄丸さん

初めての釣り宿は落ち着かないものだが
Hさんは船長ともなじみのようで心強い。
6時出船、何しろ、乗合カワハギは初めてである。
船宿で塩が配布された。
アサリにふりかけておくと身が締まるらしい。

いよいよ実釣
行程10分、早~っツ 
釣り船には色々乗ったがこんなに早いのは始めて
皆様仕掛けにアサリ装着済み

1投目ふぁんきいは完全に出遅れ状態である。
さあ投入!!
まずは中オモリ無しでスタートするが、トラギスばかり釣れる。

しばらくしてHさん1匹目ゲット、

一方、ふぁんきいの釣果は
あ!やっと1匹釣れた・・・

Hさんはコンスタントにポツポツ釣れている。

うーん悩む悩む
今度は中オモリ1号を2個装着してみる。
この釣りはなかなか難しい・・・
オモリをまた外す、また付ける

何とか2時間ほどで3匹くらい釣った
もうHさんとは倍くらいの差を着けられてしまった・・・

船は沖合いに大きく移動
カワハギ船はあまり移動しないイメージだったが、
ポイントを転々としていくので
飽きないで釣りが出きる。

外道が多い
たまに大きなアタリがある。
巻き上げ最中に笑顔で「来ちゃったよ~、これはカワハギ!わははは~」
上げてみると赤い魚である・・・しかも3連発、鯉のぼりかぁ・・・
ちなみに赤い魚はトラギス。やはり底の方で喰ってくるので一番下のフックを
15センチくらい上げた。

アタリがあり巻き上げる
ふぁんきい「うーん、ゲドゥかなー?」
Hさん「カワハギ付いてるじゃん!」

またもやアタリ
ふぁんきい「カワハギ!!カワハギ!!」
巻き上げると魚なし
Hさん「カワハギ居ないじゃん!」
ふぁんきい「バレたみたい・・・・」

それから巻き上げ最中の
「やったねカワハギ!ウハウハ」宣言は止める事にした

ゲドゥ攻撃にさらされ、
かなり嫌気が差してきた・・・・

D社の『クイックハリハズシ』

思ったより使える代物なのだが
外した魚が足元のバケツに落下するので
バケツの中があっという間に赤い魚でいっぱいになっていく
daiwa クイックハリハズシ

トラギス選手権大会であれば
ふぁんきいはぶっちぎっりの優勝だ!

Hさん「トラギス思ったより旨いよ持ち帰ったら?」
ふぁんきい「ま、ま・・まぢで?」
正直、弱い心が大きく動いた(爆)

なんだかしっくりこないなあ
ふぁんきい「うーん、中オモリがイマイチわかんないだよね~」
Hさん「中オモリもう少し追加してみたら 潮が早い時は増やした方がいいよ」
潮が早いときは、流されるのでオモリは軽くて良いのではないかと勝手に思っていた。

「なるほどね~」
カミツブシ式の中オモリで1個1号、2個付けたと思っていたのが1個外れていた。
早速4個に増量

下オモリと中オモリの関係がわかるようになった
中オモリをゆっくり落としていくと、糸ふけが出るので中オモリが底に着いたことが判る
再度持ち上げ、また、ゆっくり落とす。

いわゆる、「タルマセ」→「ハワセ」である。
中オモリを落としていく最中で明確なアタリが出るようになった。

確率変動
急にスイッチが入ったように釣れはじめた。
後で話を聞くと、一人で連続して釣ってたらしい

Hさんも爆釣状態、このタイミングでふぁんきいとHさんがお祭り
2人で自爆である、おまけにHさんは鯖を掛けてしまった。

爆釣と判ったような事を書いているが
エサをアサリから昨日の残りのアオイソメに変えてみた。

釣り方が合ってるのか
アオイソメが良いのか正直良くわからな~い

はい、移動しまーす
(うっ、この場所結構、あっしの釣り方に合ってたのに~)

大塚先生
カワハギ釣りに行く前に動画で目にした
「大塚先生のアワセアクション」
アタリがあるとふわーっと腕を伸ばしてあわせます。
なんだかオーバーだなぁ~


釣れ始めるとあっしもこの動作になってました
何となく自分でも気がついていたのだか

隣で見ていたHさんボソッと「オーバーだねぇ~」

見てた?見られてた?(笑)

聞き合わせしてるとリールを巻くタイミングが判らなくて
竿を上げていくと、
カワハギ竿を持ったバレリーナみたいになってしまいます。

ふくら「ハギ」が釣りそうなバレリーナ
カワハギだけに・・・さむっ

潮が早くなると
船が流されると竿先で中オモリを落とし込んでいくスピードと
船が仕掛けから離れていくスピードの方が早くなるので、
なかなか中オモリが底に着かない。

糸を送り込んでいくスピードを船が流されるスピードより速くすれば
中オモリの着底が感じられるのだが・・・・

糸を送り込んで行くと船っぺりから体が落ちそうになります。
同乗者が居なければ「トモ」まで歩いていったと思います・・

糸を送り出す「逆スマック機構」があれば便利かも・・・
※参考までに、スマック機構は案の定、使わなかった。(爆)
 しかし、ダイワさん人間が釣れる仕組みよく考えたな~ 
 

集中力勝負
後半は、アタリが少なくなってきた。
よそ見して仕掛けがトップガイドにぶつかるようになってきた。
自分でも判るほどの集中力の低下・・・

最終的に19枚で終了~
流石にHさんに2枚及ばなかった。
中オモリ増量のアドバイスが無ければ
もっと貧果でストレスが溜まった釣行だったに違いない
ありがとうHさん。
※ちなみにトラギスは全部放流した、
 こんなに釣れていなければお持ち帰りである(爆)
 PSよくよく調べると、キスより味が濃くて
  天ぷら「まいうー」らしい 
  高級天ぷら店でも出されるようですよ
  調べたら楽天で1キロ1800円で売っていた!

201010カワハギ萬栄丸4
ふぁんきい釣果

201010カワハギ萬栄丸5
Hさん釣果

201010カワハギ萬栄丸2
勝山漁港

船宿の当日のカワハギ釣果レポート 
15~27.5cm 6~31枚
勝山~富浦沖15~25m
朝は小型が多かったが日中にかけて潮が流れ良型主体に楽しめました。
2番手29枚 3番手23枚

以下備忘録も含めてタックル記載です。
竿  :Aトリガーカワハギ 180
リール:スマックレッドチューン 100L 
    釣り具やで半額だったので買ってしまった
仕掛け:ダイワ 快適カワハギMV幹糸仕掛け 3本針
    中オモリと1本目の針の距離がありすぎるように感じたので上部をカット
オモリ:30号 安売りのホロ貼りのやつ
    途中からナマリのナス型オモリに変更
中オモリ:ヤマワ産業(Yamawa-Sangyo) ARシンカー1号
針  :種類ありすぎて忘れた
ライン:1号、ゴーセン、釣り具やで安売りの4本撚り名前忘れた
集 寄:misaki 集魚ブレード途中から下オモリのすぐ上に取り付け
リーダー:クレハ シーガーエース 5号
エ サ:船宿のアサリ剥き身
    前日釣行の余り青イソメ1パック 
    やはり前日の余りの使わないであろう「生イキ君ツインパック」
    釣りの終盤で、針に付けてコマセとし使用・・・

以上でございます。

オカッパリ回遊魚

釣りって難しいわよね

今回は
一発勝負の回遊魚よ~
釣れる時間は限られてるので
その間
かご釣り
投げのカワハギよ

場所は房総の某所
昼ぐらいに到着して、そのまま車中泊して
翌朝の青物狙いよ

到着したわ
磯の良い場所は先客よ

まあ、仕方無いわね
ヌルくかご釣りでもするわ

かごをセットして
1投目・・・・

タナが合ってないわね

2投目
まだまだ、タナが合わないわ

3投目、
ドピューーーーん!!

201010オカッパリイナダ1

かご釣りセットがイスカンダルの彼方に飛んで行ったわ
ライン高切れよ

こんな事もあろうかと思って
ロッドにジグをセットしてあるの

フッ
我ながら正確なキャストで繰り返し投げたわ・・・・

取れるわけ無いわね

こんな事もあろうかと思って
かご釣りセットもう一個あるの

まあ、場所もイマイチだし投げでカワハギでもやるわ
前回、大きなカワハギをゲットしたの

・・・・・・

全く駄目だわ

なんだか今日はヤル事ナス事
歯車が噛み合ってない感じ・・・

ダメダメオーラが出まくりだわ・・・・

あっという間に、夕方よ
回遊魚 ナウゲットチャーーンス♪よ


夕方から2時間キャストしまくったわ
アタシ含めて5人位居たけど誰もヒットしないわ

闇夜に包まれたわ・・・

コレからが本番
夜のかご釣りよ

しかし、このコマセやけに水っぽいわね
思いっきりコマセが全身に掛るのですけど
オイニーサイクーだわ

ダメよ
全然ダメ

20:00

チーン
やる気なし子だわ

バーナーでお湯沸かして、カップラーメンすすったわ
寂しい・・・

とっとと寝ることにするわ

あ”-
なにこのクルマの中、蛾やらハエやら虫だらけぢゃない

こんな事もあろうかと思って
蚊取り線香持参だわ

蚊取り線香をカットして
2本同時に両サイド点火よ

クルマのドアを締め切って燻し作戦よ
ゴホゴホ
なかなか虫が死なないわ
その前にアタシが死にそうだわ

まあ、何とか虫も静かになって就寝よ

翌4:00、夜明けまで1時間以上あるけど
タックルセットして、磯を歩くわ

誰も居ないわ
一番良い場所ゲットよ!!!

夜明けまで30分以上あるわ


暇よ・・・・・

しばらくすると1名、現れたわ
まだ、闇夜なので顔が良く見えないけど話してると
スゴク感じのいい人だわ~
素敵な初老の紳士って感じね

段々明るくなり、戦闘開始よ!

夜明けから30分・・・・・
ダメね、
さっき来たおじさんが前回は6時に釣れたって言ってるわ
6時まであと15分

ただ今この磯3人乗ってるんだけど・・
誰もヒットしてないわ・・・

初老の紳士「隣釣れたよ!」

あっ!!

貴方、さっきまでアオリイカやってたと思ったらいつの間に・・・
ロッドが弓なりよ!!

こんな事もあろうかと思って
タモ持って小走りに、タモ入れしてあげますよ~

スッテーーーン
千葉の磯は滑るわ

魚 でか!!

きゃー思った以上に魚でかいわ~

立つと滑るから、ホームベーススライディング状態でタモ入れよ!!

よかったわね

すると背後で初老の紳士が「こっちも釣れたよ~」あー他人のタモ入れしてる間に、祭りだわ~

初老の紳士の魚もデカイわ

頑張らなきゃ!!

30分経過・・・・・

アタシの両サイド、イナダゲットよ
アタシだけ釣れないわ・・・・・

初老の紳士「7時まで釣れますよ」
暖かい励ましの言葉 ウレシイわね
ふぁんきい「いやー 両サイド釣れましたね~ アタシだけですね・・・」
初老の紳士「この釣りは運ですから!」
なんと優しいお方・・・・

(このまま失意のもと、帰路につくのだろうか・・・・)
(またブログお姉語でUP・・・・)

続きを読む前に
ブルースリーをクリック!!


[ 2010/10/15 07:51 ] 釣行記 陸 ジギング | TB(0) | CM(10)

オカッパリシーバス

彼岸花がさいてますね
ところで、この彼岸花全国ほぼ同時に咲くらしいです
アタシの中の彼岸花=シーバス開幕という図式も
余りあてにならなかったわねー

さてこの彼岸花
死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)
とか呼ばれてるようですよ。

子供の頃、
彼岸花採っておうちに帰ったら怒られたわ
アタシ小さい頃から
「美しいもの」に眼が無いのよ

おほほほ

さてシーバスよ、
この時期は過去に良い目に遭ってるのと
久しぶりのシーバスオカッパリで
数日前からハイテンションよ

タックルをチェックしてみると
お気に入りのK-TENニップレスが
1個しかないわ、
釣具屋さんに行ったら売ってないって・・・

もう時代遅れかしら・・・・
アタシと一緒ね

ヨレヨレアトール
こんなの買っちゃったわ、
以前と比べて良い色が出てるぢゃない~

昔、能登のサーフでサゴシに
ズタズタボロボロにされたけど
実績のあるルアーよ、
これでイチコロだわ

さあ、釣り場に着いたわ
釣り場は角よ!!先っちょとか角とか大好き!!
潮も良い感じに流れてるし

10投・・・・・
なんだか釣行前の盛上がりが
どこ吹く風
全く釣れる気がしないわ・・・

岩場の向こうの方から、
白い灯が三つ並んで
少しずつ接近してくるわ・・・・

何?何?
怖いわ!!

彼岸花のタタリ・・・



ほ! 人間だったわ

何かを取ってるみたいね・・・・

ここにはカニしか居ないわよ

カニとって何所かに売るのかしら?
釣りエサとして1匹200円で売ったら、
100匹で20000円
ブラボーね!

ちなみに単価200円ってアタシの勝手な想像だわ

このカニカニ3人組
アタシの後ろのテトラを登って帰るみたい
そういえば、この釣り場ウエーダー着用なの
カニカニ3人組みもウエーダー着用よ

テトラを登り始めたわ
ソコ滑ると思いますけど・・・

あ!
じゃぼん!!

プププ(* ̄m ̄)

尻餅ついてるけど思いっきり
ウエーダーの中に海水が

だから滑るって言ったじゃない

あ!
言って無いわ ゴメンナサイ

このカニカニ3人組
3人組どころじゃなくて、15人組位居るわ!
どうも言葉が日本の北の方の大陸の言語よ

喰うのね・・・



どうでも良いけど、
アタリも何も無いわ
もう、2時間くらいやってるけど、
折れたわ、心が・・・

遠くに見えたシーバスマンが
段々アタシに近づいてきたわ

アタシ以外の人は釣れてるのかしら?
アタシだけが釣れないってのは重大な問題よ
英語で言えば、ビッグプロブレムよ


「釣れますかぁ~」

「いやぁー今日は駄目ですね、2バイトあったんですけど未だゼロです」

アタシだけじゃないわ!!

「先週は30本上がったんですけどね~」

(#゚Д゚)先週は30本・・・・(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)

アタシ、タイミング悪いわね

2010浦安夜景

おしまい

[ 2010/10/12 17:17 ] 釣行記 陸 シーバス | TB(0) | CM(0)

かご釣り道具考2

実家に帰って、持ってる磯竿を調べてみた。

磯竿1
よくよく調べてみると磯竿が4本もあった
2号が3本も!3本のうち、2本が無名メーカー、
1本はシマノ 
1.5号が1本

どうも、メバル釣り用に当初は外ガイドを買った記憶が・・・
夜釣りなので、チョット奮発してシマノのインターラインの2号を購入したのを思い出した
夜釣りは、インターラインは穂先が絡まなくて便利!!
思い出した!思い出した!
しかし、今ではスッカリ中通し竿を見かけなくなりましたねぇ

でも、磯竿2号じゃ、ちょっと重いかごは投げれないなぁ

ラインを通すワイヤーが無くなってると思っていたが竿袋に入っていた。
大抵無くすんですよねコレ買うとめっちゃ高い!

磯竿2
これも磯竿か?

磯竿3
メーカー記載なし「ショッカー」とか書いてある。4.5m
しかし、このロッドの名前・・・落雷しそうですよ
相当前に買ったのだと思う。
かご釣りにはちょっと短いが久しぶりだからコレでもいいかな

タナトール1
これがかご釣り仕掛け、NEWタナトール

タナトール説明
このように使うらしい

タナトール2
投げるときの状態、前のタイプと随分違います。
前のタイプはミチイトをウキの先に巻き付けてウキとコマセカゴが分離しない仕組みだったけど
今回はそのまま投げていいみたい
タナトール5
かご部分、このスリットでコマセ量を調整できる。
ただ、芯が通っているのでイマイチコマセが入れにくい。

タナトール4
ウキはプラスチックの中空のパイプが貫通しその中をラインが通る仕組み。
ウキは着水後遊動状態になりウキ止めでストップ。ウキ止めだけで止まらないのでシモリ玉も購入

タナトール3
ウキのトップ、LEDが付いていて電池は別途購入、かなり明るかった。200m以上見えるらしい。

タナトール6
これはLED、電池を付けて差し込むだけ。無くならないのかイマイチ不安。

タナトール8
PEに結びこぶが付いていた。多分投げる際にウキが「かご」と離れないようにする工夫かもしれない。
結構、実験して製作してると思う。

タナトール9
下がテンビン部分、上部の中空のプラスチックが遊動部分。
このプラスチック、ポリカだと良いんですけど、ポッキリいかないのかしらん?

とまあ、不安点ばかり書いてますが、なかなか期待できる仕掛けです。

釣り道具を見てるだけでも幸せでございます。
[ 2010/10/04 22:10 ] 釣行記 かご釣り | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。