スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一級小型船舶免許 発表

いよいよ発表です

Webでの発表が有ります

いや~

本当に便利な世の中になったものです

で、早速、チェック



発表前にブログの更新しましたが……

番号無かった日にゃ
チョ~
恥ずかしい(゜Д゜;≡;゜Д゜)



ヤバいよ
ヤバいよ



あっしは
2番


ン?

スポンサーサイト
[ 2008/07/25 00:02 ] 小型船舶免許取得 | TB(0) | CM(18)

一級小型船舶免許 試験編

駆け足でブログの更新をしましたが
とうとう試験の日が来てしまいました

クソ忙しくて、途中全然勉強していなかったんで
2,3日前から勉強再開しました。

しかし、テストって本当にイヤですねぇ


試験前日の夜、スクールで配られた問題と、マークシートを見つけ出して
学科の模擬テストをしてみました

試験問題とマークシートの転記ミスをしており
何とか合格点には達していたものの、一抹の不安が・・・

天気と海図が鬼門でしたので、ここで最後の詰め込み作業です

翌朝・・・・

試験会場に着きました
運よく、天気もいいし、風もたいしたことなさそうだし。。。。

試験会場は東京のベイエリアの再開発地区で
スクールもきれいです。
ロビーで、60代とみられるおじさんと会話
なんだか、視力がよくなくて矯正も効かないみたいで
眼科に行って、検査したものの手術は間に合わなかったようです。

ひとごとながら心配です。


さあ、時間になりました
まずは身体検査ですが、合格しました(爆)
(40肩が心配だったんですが歩いたり、受験票の受け渡しが出来れば大丈夫だそうです)

早々に身体検査が終わり、外で休憩
試験会場に戻ってくると、先ほどのおじさんの受験票にハンコがおしてあります
受かったようです。

「よかったですね!」と一声かけて席に戻ります
今度は学科で2時間ちょっと時間があるので途中退出OK
ですが、一旦出ると二度目の入室は厳禁です。

スタートしました。30分経過後
海図の問題に移る人が出てきたようです。

あっしは、まだまだです(汗・・・)
てか、「間違っているものを答えなさい」問題が多いので
ちょっと迷うんですよね・・・・

で、1時間くらいすると退出する人が出てきました(汗汗)
あっしも海図の問題に移ります。

ちょっと疲れたな~
なんて思って顔を上げると・・・
試験官の方のギラついた視線が・・・・・
国家試験なので(ってさっきの説明で初めて知った)
不正は許されません

ムショの作業員のようです
(すすすすすいましぇーん 顔上げないで作業に取り組みます・・・)

ちなみに試験前の説明で、カンニングすると行政処分とかになるそうです

さて
1時間半後、再度、先ほど迷った問題を見直し最終判断をします。
時間がまだ40分あるので、再度、海図に線を引きなおしてチェック

さっきと線がずれてます・・・・(汗)
大きなずれではなく、何度か変針して距離を合計して
所要時間を求める問題なので、答えはそれほど変わりませんでした。

昨晩のチェックシート転記ミスが起きないよう、再度、問題用紙と
チェックシートをつき合わせてチェック

本当に早とちりな性格ですので、今回は念には念を入れてと


あら!12人位居た会場にはもう2人しか居ないや・・・

終了15分前に退出しました。
おしっこしたかったんで、トイレに行き、ちょっと休憩してると
すぐさま実技の説明。。。。。。

昼飯食う時間がありません

今度は実技の説明、船は2隻でラッキーなことに早い時間の
組に当たりました。

とっとと終わらせて帰るっぺ

挨拶もそこそこに、船の点検の試験です

船灯を確認してください(船のチェックでは一番めんどくさい問題)
まずは、アクセサリー電源を入れないと、電気が点かないと思い
キーを回すと
「ピーーーーーー」
あーびっくりした
音が鳴るって事は、キーひねらなくても、電気は点くと判断し
船舶灯のスイッチを入れ、船の外からチェック(点いていた)
戻って、停泊灯のスイッチを入れチェック

次は、エンジンの燃料経路の点検をしてください
の質問が

エンジンルームを開けて・・・・
ない、ない、あるべきところにない
どうやら、ちょっと配置が違ってました。
燃料のフィルターが確認できたので、出入りしているパイプを手で触ってチェック

何とか、終了して下船
さっき、受けていた人と話をします
「1番でしたね~、でもスクールと様子がちがいますね」
「あかくみって、あれ、ひしゃくでしたよね」
akakumi
こちら「あかくみ」

そうなんです
先ほど、「ふぁんきいさん、それでは救命胴衣とライフブイの点検をしてください」
のテストの時に、目についた「ひしゃく」・・・・
どうみても100均・・・

一応試験項目です
「あかくみの点検をしてください」
の問題がでたらどうするのでしょう?
ひしゃく

「ヒシャクの点検完了すますた!」
って報告したら落とされるのだろうか
まあいいか・・・・・

さあ、船に乗って水路から出て行きます。
さっきの1番の人の操船で狭い運河をトコトコと走ります

広い場所に出ました。
スピードが出てきたので、風が心地よいです。

救助とか、蛇行運転とかは問題なかったと思います
スクールの先生の指導のとおりにやれば問題なしです。

3人受験したのですが、救助できなかった人が居たのですが
大丈夫だったのでしょうか?

1時間30分まもなく終了です
帰路に着くようです


それでは2番(ふぁんきい)さん、3500回転であっちに行ってください
「はい、3500回転であっちの方向にいきます~」

気持ちいい~

結構、早いし・・・・・
怖いからはやくとめてって言って~

船が沢山要るところに出てきたので停船の指示があり
止まりました。(ハァハァ)

てな感じで、終了、
「お疲れ様でした~!!」

試験官から「あそこに居る次の人に救命胴衣を渡してください~」

暑くてオレンジ色の救命胴衣の首周りが
汗でビショってます。

(次の試験の人気持ち悪くてすみません、おやじのジト汗が付着しています)

次の順番の人に若い女性がいたのですが
さすがにジト汗の付いた救命胴衣は渡せませんでした。。。。
テキトーに後ろに居たアンちゃんに渡しました(爆)

試験会場に学科の答えが掲出してあるので
チェックしに行きます。。。。。

全問正解でした
我ながらありえません
まぐれです

簡単な問題がでたのでしょう

あとはWeb上での発表を確認するのみでございます

[ 2008/07/23 21:48 ] 小型船舶免許取得 | TB(0) | CM(3)

一級小型船舶免許 トリビア編

こんにちは
ここで海関係のトリビアを・・・・・

へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~

1.灯台は・・・・・・
  日本全国1台?ずつ光り方が違う

へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~

組み合わせで光り方が違うそうです


2.カレンダーの1の日にちの
  同じ曜日の1の位の数字を読み上げると
  1海里のメーター数になる

 1日翌週同曜日
 →8日  翌週同曜日
 →15日  翌週同曜日
 →22日  翌週同曜日

1852メーター=1海里(マイル)

へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~

3.1ノットの海流は毎秒約0、5メートルで流れる海流である
  
単純にジギングとかで知ってると便利かも
船長さんがよく今日は3ノットで流れてる
とか言ってるますね~ 

へぇ~へぇ~

4.海上交通安全法では東京湾の浦賀水道航路や
中ノ瀬航路を横切る操業中の漁船が
航路を横切る場合は漁船が優先となる

但し200メートルの巨大船は巨大船優先です

へぇ~

5.ライフジャケットを着ていると
海に落ちた人の8割が助かっている
このトリビアは一緒に講習に来ていたヘリのパイロットさんから
聞いたおはなし。

へぇ~へぇ~

問題として出題されるのですが
ライフジャケットを着て助かった人からしか
サンプル数にならない気がしますが
あっしはひねくれ者でしょうか

6.船の右舷灯は緑、左舷灯は赤がだ
  飛行機の翼端灯も一緒である。

なんだかネタ尽きてきた観がありますが
飛行機が左側に出入り口があるのも
昔、船の右側に舵があり、舵が壊れないように
左舷側に着岸していたのに由来してるそうです。

このトリビアは一緒に講習に来ていたヘリのパイロットさんから
聞いたおはなし。
  
ちなみに 海里=マイルですが
マイルにも2種類あって、海マイルと陸マイルがあります
(海マイル=1852m 陸マイル1,609.344メートル)
アメリカ人はクルマのマイル表示と一緒で
便利だなぁと思っていたら違ってました。


7、船用の河川内の標識で対面通行禁止の標識がある

川の中ですれ違い禁止って船通れないじゃん
と思ったのですが橋の下等の
幅員の狭い場所に表示されるようです。

8、夜間船は出来るだけ電気を消さなければならない

衝突しないように出来るだけ派手に
電気を付けた方が良いような気がしますが、
夜間は灯火の種類で船の向きや進行方向を判断しますので
やたらに電気を漏らしてはいけません
但し客船は例外だそうです

へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~


へぇ~と思った方はぽちっとお願いします



[ 2008/07/22 23:00 ] 小型船舶免許取得 | TB(0) | CM(4)

一級小型船舶免許 実技講習編

さぁ実技講習の日がやってきました

こちらも家からかなり近いので大変助かります
しかも、乗るボートと試験のボートが同じなので
のこちらも大変助かります

今回は生徒3名でございます
朝8:30~夕方まででございます

しかし船ちっちゃ!
船外機でなく試験に必要な装備がぎっしり詰まった船です

船が小さい上にエンジンのスペースが大きいっす

釣りには向いてなさそう

先生も、ふぁんきいと同い年でした。

やはりポイントは安全確認だそうです。
試験科目は
船の装備、エンジン点検
蛇行、バック、人命救助などなど
点数配分は別にして
ハイライトは人命救助かなぁ

「人」に見立てたブイを投げ入れ
実際に救助をやってみるのですが
なぜか一発で決まりました
二発目も決まりました


これがビキニのお姉さまなら
ビキニのお姉さま「あら、素敵!」
ビキニのお姉さま「せめてお名前を!」
ふぁんきい「名乗る程の者ではない」
ふぁんきい「苦しゅうない、近う寄れ!」

なんて展開になるのですが

悲しいかな
ブイでございます
感謝の言葉もありません

ちなみにバック(後進)は苦手でした(笑)

夕方まで、息つく暇なく講習をしていたイメージです
車の教習とは違い先生が事務的でないので
いい感じです。

ただやはり変なストレスを感じます

なんだか1日船に揺られて、慣れない事したんで
結構疲れましたわ。。。

一緒に教習受けたMさんとメールの交換もしたりと
充実した1日でした。

Mさんは家も近いので、受かった暁には
一緒に釣りに行こうといって別れました

Mさんは学科はすでに受かって
実技を残すのみだそうです。

あっしは学科と実技を1日で受験しようとしてるので
やっぱ別にしとくのだったかとチョッと不安でございます。

最後に教官より、3人とも合格レベルだと思います
とのお言葉を頂き少々安心しましたが、
イメージトレーニングしておくようにとの事でした。

妄想は得意ですので大丈夫だと思います(爆)
[ 2008/07/21 17:03 ] 小型船舶免許取得 | TB(0) | CM(0)

一級小型船舶免許 講習編 2

2日目は上級編

1日目の講習内容は電車の中などで
眺めていたので、大体の感覚は掴んでいたのですが
今回は予備知識無しでした。

午前中から2時位まで海図の授業
必須文房具は三角定規、デバイダー(コンパスの両方針のやつ)
でございます。

どこで買っていいのかわからないので
現場で購入しました。

やってみてどうだったか・・・
めんどくさい~
定規の使い方慣れてね~
計算間違い多い~
(小学生並の計算問題忘れてます)
ちょっと人間として、どうかなと思いました(爆)

昔から数学はハクション大魔王に匹敵するほど
苦手だったんですが、ここにきてやはりあっしは
完璧な文系人間だと実感・・・

計算機のありがたみを実感した次第です

話はそれますが、アポロ13って映画で
計算尺が出てきてましたが、
一般的に電卓も無い時代に
よくロケット飛ばしたなぁと思います

さて、問題としては、ある場所から10ノットで
目的地に着きたいんだけど、方位○○度の方向で
潮が3ノットで流れているので、流される事も計算に
入れてどっちの方角に進んだらいいんでっしゃろ
とか・・・・

答え、潮は一定でないのでわかりましぇん
って答えたいんだけどそうもいかず・・・・

ふうう・・・・

それと気象やディーゼルエンジンとか
結構女性も一級を受ける人が多いらしいのですが
エンジンって難しいですよ
興味が無い人には厳しいだろーなぁ~
基本的に二級はガソリンエンジンの質問、
一級はプラスしてディーゼルの質問が出ます

ガソリンエンジン構造の質問
ではガソリンエンジンでキャブでディストリビューターって
設定です。
懐かし過ぎますよ
プラグの焼き色とか
船のエンジンは止まると困るので
あえて単純な構造にしてるのでしょうか?

あっしもはるか昔、学生時代先輩から
ただで貰ったミラージュは仲間からも
「クラシックカー」と呼ばれるほどで、
よくプラグの掃除してましたけど(爆)
ちなみにそのクルマは彼女と
岩手の旅先で追突して廃車になりました(爆)

海図の試験はつい最近まで
船の上で行われていたようです

下向いて海図と向かい合ってると
船酔いで試験にならない人もいたみたいです
当然、海図は海の上で使うので
あり得るシチュエーションですが、船酔いする人は辛いでしょうね
多分、海図にゲロッパした人もいるような気がします

そういえばこの記事
少しでも免許に興味がある方に
参考にと書いておりますので
もう少し内容をお伝えします

Q 独学でとれるか?
A 取る人もいるようですが
ちょっと難しいと思います
  でも取ってる人いるんですよね~
 

Q 一級か二級か
二級でも5海里→約10キロ沖まで出れますので
 十分かと思います
 一級なら免許的にはどこまでも行けますが、
 船のスペック的に行ける範囲が法的に
 決まってますので実質難しいです
 ただ、1級も2級も実技は一緒だそうです
 学科は海図とちょっと難しい問題がでます。


Q どうしても、憧れのハワイ航路とかチャレンジしたいのですが
  ※100海里以遠を航行する場合には、
6級海技士(機関)以上の資格をもった人を乗船させないと
 駄目だそうです。てか燃料足りんし・・・
 ちなみにヨットは例外だそうですよ
 
Q 試験は難しいですか

 クルマの免許よりは難しいです
 平成教育委員会よりは簡単です
 アタック25より簡単です

 アタック25はどこを勉強すればわからないですが
 ボート試験は勉強する範囲がわかりますので
 大丈夫だと思います。
 但し、もうテストはいやだ!
 って人はやめた方がいいかも・・・
 (あっしはもうテストはイヤだ!って人ですが・・・)

Q 実技と学科どっちが難しいですか
 
 一般的に学科の方が難しい
 とスクールで言われました

Q 亀甲結びとか得意ですが 
  役に立ちますか

  ・・・・・・

[ 2008/07/20 22:53 ] 小型船舶免許取得 | TB(0) | CM(4)

一級小型船舶免許 講習編 1

講習に行ってきました
1級なので2日間です

9時~夕方5時まで
長いっす

でもまあ、結構テキスト見てることで判らない事も理由があったりして
なるほどなぁ~
と思う所が沢山あって結構面白かったです。
先生も飽きさせず、なかなかいい感じです。
しかもスキがなく要点だけを教えてくれるので
時間がない人はいいかもしれません。

テキストだけを眺めていても頭に入りませんが
ちょっとしたコメントがあると、そういえば先生
が言ってたなぁと記憶に残ります。

JACS BOAT LICENSESCHOOL
安くてお勧めです。有名スクールの差額で釣具買えちゃいますよ

おほほほ

今回は1級も2級も一緒の座学です。
一緒に聴いていた生徒は
2名、免許取得の理由はリタイア後の楽しみとか、
船が好きだからとか
色々ありますね

一緒に講習受けたおじさんは
リタイヤ前でヘリのパイロットでした
あと1年で定年だそうです
空の次は海ですか、カッコいい~

駅まで一緒に帰ったんですが
たこ焼き屋さんの前でたこ焼きをどうしても食べたい衝動に駆られたらしく
「私、たこ焼き食べてかえりまっす!!」
とお茶目で明るいおじさんでした


さて
あっしも船も海も好きですが目的はやはり釣り
貸しボートもあるし
最近、実に体力となけなしの知力に
急激な衰えを感じてる次第でして、
早めに取った方がいいかなと思った訳です


まずは、ロープの結び方

釣り船の船長がさささっとやってる「巻き結び」
かっこいいですねぇ
でも難しいです
こうゆうのは頭で覚えるより体で覚えた方がいいっす。

「いかり結び」
一部ハーフヒッチみたたいな結び方ですが
いかりが動くように締め付けはしないそうです
唾液で締めたら余程ヨダレが出ないとNGです。

釣りと違うのは
ほどくのが前提となっているとの事です

こうゆうのは早くさらっと結べないと非常にかっこ悪いので
練習あるのみです

当然テストに出るそうです

問題はやっぱりどうしても覚えなければ
ならない所があるので、面倒ですが覚えます

命に関わる部分でもあるので
忘れる方が心配です。

明日は上級編
[ 2008/07/19 23:43 ] 小型船舶免許取得 | TB(0) | CM(0)

一級小型船舶免許 1

いきなりですが、
以前からとりたいなぁと思っていた
小型船舶免許、

資料などは
手元にあったのですが、
相変わらず肩の調子が良くないので
この時期に取るのも手かなぁ
と思いネットで検索してみました。

スクールに通います

結構、費用に幅があるようでです。

1.国家試験免除コース
  小型船舶免許を国家試験免除でとるなら財団法人 日本船舶職員養成協会(JEIS)
  約13.5万円

2.教習所みたいなところ、試験会場で受験コース
  有名Y社 約12万円

3.講習&実技の練習して試験会場で受験コース
  (うちからすぐそば)
  8万円
  
丁度、パスポートの期限切れの為、写真もあるし
住民票も役所が近いので、取りに行ってその足で
スクールに話を聞きにいきました
バスで1本ですので、結構近いです

女性が出てきました
ウエイクボードをやってそうな女性です。

ふぁんきい「話を聞きにきました」
お姉さん「いらっしゃい」
ふぁんきい「1級の免許を取りたいのですが」

中略

ふぁんきい「講習日はいつですか?」
お姉さん「講習日もありますが通常、試験日を決めて講習していただく形です」

ふぁんきい「では試験日は?」
お姉さんがカレンダーを見せてくれました
1級ですと、実技と学科が当日で済む場合と
2日に分かれる場合があるようです。
面倒なので、1日で終了コースで・・・

お姉さん「実技講習は1週間くらい前がいいのですが、
 台風などの万が一の可能性もあるので
 ある程度日にちを明けておいた方がいいです」

ふぁんきい「では2週間位前で・・・」

ふぁんきい「身体検査があるらしいですが肩が」
 ほら!両手を上げる

お姉さん「私も肩の調子が悪いのですよ」

ふぁんきい「一緒ですねぇ」
お姉さん「詳しい人に電話で聞いてみますね」

お姉さん「大丈夫だとおもいますよ」

ふぁんきい「事前に医者に行って診断書かいてもらった方が確実ですね」
お姉さん「でも高いところだと5000円くらい掛かりますよ」

ふぁんきい(却下!・・・)
ふぁんきい「それじゃ試験場にしますね」

ふぁんきい「学科を独学ってのは無理でしょうか」
       (2万円くらい安くなります)

お姉さん「海図とかあるので難しいと思いますよ」

ふぁんきい(却下!・・・無理だ!)

お姉さん「では1級スタンダードコースで」
     「すたっふぅ~♪スタンダードコース入りましたぁ~!!」
     (言わねぇ~)

ということで、コンビニで現金を下ろし
8万円支払い完了。

申し込むか、話を聞きに行くだけか
半々くらいの気持ちだったのですが、結局
申し込んでしまいました。
[ 2008/07/19 06:22 ] 小型船舶免許取得 | TB(0) | CM(4)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。