スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「デスコ」で「フェーバー」

どうも凝り性なもので・・・・
知の「ビックバン」とでも言ったらいいのでしょうか
秀逸なアイデアが頭部の「穴」という「穴」から
ほとばしっています。

(お前、いいかげんにせえよ!)

アイデア集です

その1
ルアーって飛ばす時、
「あっ!横になった」
「とばね~」
なんて事ありますよね。
(無い??)
(あるって言って!!)

NASAの最新の理論を応用しました。

「飛距離を生む羽飛び出し式」
ようするに、飛行姿勢では補助翼が出て
リトリーブでは水流で羽がルアー内部に格納される仕組みです。
当然。この羽は「揚力」を発生するので
飛行姿勢の安定化以上に飛距離がUPします。
同時に飛んでる「トビウオ」をジャンプして捕食すると言われいる
シイラに猛烈アピール!!!
ちなみに、このルアー、水面の上空1mを飛行中の場合でもシイラ猛烈にジャンプして捕食します。
(すいません、嘘つきました)

また、乗り合いシイラでは飛距離が圧倒的なアドバンテージ
を生みます
このルアーならトモのアングラーも
ミヨシの人を飛び越してより遠くに投げれます。

名づけて
「脅威の核弾頭テ●ドンルアー」
idea1

ダメですか??





このアイデアは
ネットで見かけました
ミノーの頭をちょん切ってブレードを付けます
同じ事考える人はいるんですな~

この絵に関する、
「賞賛の言葉」「購入希望の問い合わせ。」以外は受付ません。(爆)


スピナー型

idea2


駄目ですか・・・





リアクションバイト

うーんいい言葉です。
シイラには金属の反射のフラッシングは
かなり効果的

ピカピカしてると
ガブッ!!!ガブガブガブガブガブガブ

スパイラルした金属板が水流でクルクル回ります

お腹にクルクル回る反射板内臓型
「風車の弥七ルアー」

idea3

ダメでしゅか?


その昔「サタデー・ナイト・フィーバー」って映画がありました。
あらすじ
「ニューヨークのペンキ屋で働くトニーは、変わりばえのない毎日の生活にうんざりしていた。彼の生き甲斐は土曜日の夜(サタデーナイト)にディスコで踊り明かすことだけ。ある日、ディスコで年上の女性ステファニーに出会い、自分の生き方を考え直すようになる。」

BGMはこちら
「Bee Gees Stayin' Alive」ハッ八ッハッ八ッ すてんあらー♪ 

当時ナウいヤング達は、ラッパズボンを履いて
「デスコ」で「フェーバー」したものです

で、デスコには必ず
人心を一気に「ノリノリ」モードにさせる
「ミラーボール」がありました。


「ジョン・トラボルタ」ダンスシーン
ちなみに、このシーンのBGMで
「空耳ー♪」が・・・
しかも、ジョンの腰の動きがやばい・・・・

「団しん也~」「団しん也~」「団しん也~」「団しん也~」
って。(爆)


だめだ~
「ダンシング~イェー」とか言ってるんだと思うんですが
「団しん也~」「団しん也~」
にしか聞こえない・・・(困)


段々話しがそれてますが

ミラーボール型
名づけて!
「ジョン・トラボルタもびっくりルアー」
idea4

ダメデスカ????
DAME DESUKA イエーィ!!

このルアーで釣れたら

このポーズでキメる事にします、ミヨシでやるとより一層カッコイイです。


PS 皆様、「作ってみて~」とか「見たい~」
  とか安易な発言は差し控えていただければ幸いです(爆)


スポンサーサイト

作ってます

とうとう梅雨入りしたようです。
でも、いきなり晴れたりして、
エルニーニョの反対のチョチョリーナ、いや、
アニータ??
なんだか名前忘れてしまいました。

とかで、短い梅雨と暑い夏が待ち受けてるそうです。




こんばんは、最近、
後頭部に違和感を感じているFUNKYおやぢです。

なんだか、すっかりハンドメイドカフェに入り浸り、
いや 、ハンドメイドルアーネタが続いてます
(寒っ~~)
飽きずに作っております
何かに取りつかれたやうに・・・

LONG

ローーーーーングです
リアルに仕上げたいと思っております

mino-

深夜にF1見ながら作っていたらこれまた変な形になってしまいました(しかし、クラッシュシーン凄かったです)
一体なにしたいんだろ
俺・・・・
しかし、最近のF1のボディも色んなカタチがありますねぇ

8kaku

8角形ルアー(すでに正8角形でないです)
コレに鏡を貼りたいと思います

魅惑のフラッシングアピール!!!
鏡はアクリル0.5ミリ厚
かなり難しそう・・・
ティーザーとして頑張ります。
あまりに激しい反射で、
喰いの直前Uターンの予感
(あっ やっぱ魚じゃねぇ みたいな・・・)

シーバスルアー1

シーバスミノーです。
9センチのリップつきの予定。
やっぱり小さいといろいろ作業早いです

こちらはとある人に強引に作るから
注文してぇと強制発注依頼をかけ、
スキルUPのために製作中。。。
やっぱ、自分用でないと集中して作れるかな
と思いまして・・・・

ははは~

ルアーでけた!3

ファイヤー(^0_0^)!
ボルテージ上がってきました
シイラ軍団はドス黒い黒潮に乗り相模湾に接近中。

リンク先の「南紀さんの釣り日記」ではショアからマグロのジャンプが見えたそうです。

燃えるぜ!
緊張の夏
日本の夏
どっか~ん!

やけにテンション高いですが作業は地味なルアー作り
懲りずに第3弾!

uriteru lure1-1

uriteru lure1-2

一番大きなバランス悪いヤツ
あっしの作るルアーは寝不足かもしくはカナヅチのよーです
アタマが平らになっております

200606ルアー5-1

200606ルアー5-2


一応バランスが取れました

uriteru lure5-1

uriteru lure5-2

余りで作ったペンシル

200706ルアー10-2

200706ルアー10-1


入浴写真取り忘れた!(爆)
最後の方で作ったのは、
反省点が活かされており、
これは比較的キレイにでけました。
アルミ貼りの場合のアルミの平滑化が難しい。
丸い棒でならしてもどうしても凸凹してしまいます。
上のペンシルは
ヤスリを当てて、「ヘアライン」仕上げになりました。

ヘアラインだったら、
シルバー塗った方が良い気がしますが・・・

uriteru lure2-1

uriteru lure2-2

デカイやつ

200706ルアー8-4

青ばかりで面白くないので
マスキングして

200706ルアー8-1

200706ルアー8-2

塗りましたが、見事色が流れました
最初は赤から黄色のグラデーションにしましたが、
釣れない感じたっぷりでしたので、コーティング用のウスメ液で色流れを修正していた所、コーティングが柔らかくなったんでコーティングの皮を身ぐるみ剥がしました。
やり直しは
赤→紫→青のグラデーションにすますた!
色止めのテクニックは習得しましたが、
先を急ぎ色止めしていないケツの方は色が流れてしまいました


マスキングの剥がしはかなりコツが要ります。
一旦ウスメ液を吹いて剥がすと塗装が柔らかくなって良い感じです

再度挑戦
200706ルアー8-7

200706ルアー8-6

200706ルアー8-5

ファイヤーッ!!

アース・ウィンド・アンド・ファイヤー!(^0_0^)

モーリス・ファイトいっぱぁ~ッ!



この場を借りてどーよさん、ご指導ありがとうございました。
詳しくは画面右上のリンク「Reel&Wheel」を見てね。かなり参考になります。

次のを懲りずに作っております。(笑)

次は[リアル系]と[削り執着系]でございます。
ネチネチ、シコシコ作ってます。

8面体ルアー作ってますがコレがまた非常に削るのが難しい。

またもや続く




ルアーでけた!2

素人がルアーを作るとどうなるか?
第2弾(笑)です。

uriteru lure6-1

こんなイモムシリップレスが・・・

uriteru lure6-2


200606ルアー3

こんなになりました
イモムシだけに「蝶」になりました(笑)自画自賛‥
いや、「蛾」かも
前回記事にした、もうひとつのリップレスイモムシはリップの下の部分が丸いので「つっ~」と横に動きましたが、コチラはイマイチなイモムシ

uriteru lure3-1

uriteru lure3-2

溺れかけていたルアー・・・
たまに水面にニゴイとかこんな感じで浮いていますね(泣)
200606ルアー4-1

200606ルアー4-2

一応、浮いてます
目玉は市販品で、玉虫色に光りまする
アルミ貼りの後のコーティングが薄いうちにヤスリ当てたらいつの間にかアルミまで削ってしまいました。
煙突1

こんな感じで塗装してますやはり、外で塗装は風が強くて不可能だったので、急遽、スーパーで団ボールを二個貰ってきました。

煙突2

コンロに乗せるだけ
換気扇のスイッチを押すと手元がスースーします。
夜中に塗装しましたが、
翌朝起きてきた家族の話しでは「臭くない」そうです。
コンプレッサーが結構静かでしたので、
寝れない夜にムックリ起きて深夜の塗装もオッケー

でも、コンプレッサーが振動で勝手に床を這い回るのはどうにかして欲しいです

懲りずにまだハンドメイドルアーネタが続きます


ルアーでけた!!

ご無沙汰しちゃってます。
シイラ用ルアーでけました

一番ちっちゃいの
余りで作ったモノです
uriteru lure7-2


こんな状態だったのが

uriteru lure7-1

200606ルアー1

こうなりました
やっぱり黒目を入れないと宇宙人にようで不気味
目玉はガラス製、青い海をイメージして思わず「ハンズ」で
買いました。

200606ルアー1-2

きおつけー!!
フック付けたら沈?(汗)


uriteru lure4-1

uriteru lure6-2

こんなんだったのが

200606ルアー2

200606ルアー2-2

こうなりました

目玉はアワビ貼りです
なんかデザインイマイチー!!
でも、作った中では一番期待できる泳ぎをしてました

細かい部分はやっぱり上手く仕上がってないです。
次に生かしましょう~

順次公開予定です


最近めっきり

最近めっきり釣りに行ってません(^_^;)

昔はblogの更新をマメにしていましたが、最近はかなりほったらかし(*_*)

とは言うものの、素人ハンドメイドルアーはなんとなくカタチになってきております。

エアブラシによる色付けはもうちょい面白いかなぁと思ったんですが、引き出しが少ないためかかなり難儀しました。

今のところ、ハンドメイドルアーは削る所が一番楽しいかなと思った次第。

エアブラシも慣れてくれば楽しいはずです。

記事を読んでる方には面白く無いかもしれませんが、次回制作も踏まえて反省点を列記します。(また同じ間違いしそうで‥)

1、シェイプは大事まずは色々なルアーをじっくり見ないといけません
2、木の板に形を描く時にもう結果が出てる気がします。
3、削る時は左右対照に(百均のノギスでも買いますか)
4、オモリの位置は細心の注意が必要
5、貫通針金のアイの形状やそれを埋める溝も重量バランスを考えないといけません
6、最初のコーティングはあまり注意する必要はないがアルミ貼り前のコーティングには表面を平滑にしないといけません
7、アルミ貼りに凸凹が出来てしまいました。
アルミにもヤスリを当てた方がいいみたい
8、塗装は室内の風の無い所でやりましょう、吹き出した色が曲がります
9、コーティング中は絶対に触らない事(爆)
10、塗装中はティッシュは近くに置くように

かなぁ
やっぱりコンプレッサーは買って正解でした、エアー缶では絶対にお金がいくらあっても足りません
リューターも必要です
以外に便利だったのが百均でした。
固定出来る万力や安いペンチ等は結構重宝します

しかし、今回のルアーは妥協の産物です
次回は落ち着いて作る事にします

写真が無いって?携帯からなんです、近々画像を披露しますね、いつの事やら(*_*)



[ 2007/06/01 22:19 ] その他 普通に日記 | TB(0) | CM(7)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。