スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スマックレッドチューン100L調子にのって分解

数年前に型落ち半額で購入した
スマックレッドチューン

シマノスピードマスターをメンテしたついでに
やみくもに開けてみました。

スマック機構が付いてるのと
展開図が手元に無いので
深追いはやめておきます。

スマックを上手く使って釣ってる人いるようですが
あっしにはまだまだ、てか、全然使わないです。

むしろラインがたまに引っかかります(~_~;)

別名「ライン引っかけ機構」(笑)


ダイワスマックメンテ
 
この辺は普通に開けて

ダイワスマックメンテ (3)

ダイワスマックメンテ (4)
グリスと一緒にワッシャーがくっついてました。
このパターンはワッシャーだけ落ちてどの部品か
判らなくなるので要注意

ダイワスマックメンテ (5)
こっちもくっついていた。

ダイワスマックメンテ (6)

ダイワスマックメンテ (2)  
 全然つかってないのできれいでした。
でも、最近クラッチの外れ具合が中途半端で
たまにですが、「ギーっーーーー」と異音が発生するのですよ

何回も使ってないのにどーゆー事?

ダイワスマックメンテ (8)
流石にドラグは小さいですな~

ってことで適当にオイルとグリス打って閉じました。

クラッチの異音治ってるといいな~

スポンサーサイト
[ 2012/10/13 06:35 ] メンテ ベイトリール | TB(0) | CM(0)

シマノ スピードマスター 201のメンテ

ここの所リールメンテ記事が続いておりますが、今度はシマノスピードマスター201メンテです。
このリールも長い事使っております。

3か月くらい前にクラッチの戻りが悪くなって
メーカー修理に出しました。
2500円位かかった上に釣具やさんで
「調子悪い所以外は何も触ってません!」と豪語されました。
まあ、治ればいいのですが
買ってから一度もメンテしていないのでイッチョやってみっか

スピードマスター201メンテ (15)
いつもの道具一式です。
モンキーレンチは使いたくないのですが
メガネ一式は実家にあるんですよね

精密ドライバーは何かの景品だと思いますが、
もらったドライバーってのは本当駄目です。
先端部に焼き入れてないんだろうな~

スピードマスター201メンテ2 (16)
かってきちゃったよー
350円位
流石にお金を出したドライバーは良い

スピードマスター201メンテ (12)
この辺は普通に分解

スピードマスター201メンテ (2) 
ハンドルを取ったところ
ちなみにこの四角いネジは通常のネジと逆です。
左ハンドルだから?
意外にネジは右回りで締まることが
体に染みついていて何度も間違えました(~_~;)

スピードマスター201メンテ2 (4)
左側の2枚のワッシャーは
2枚とも反っているので隙間が空くように組み上げるです。
(忘れそう)

スピードマスター201メンテ2 (2) 

ここまでは何も考えず分解完了

スピードマスター201メンテ (3)
ハンドル側のカバーを開けますが
4ヵ所のネジが3種類、長さが違うので
そのまま置いておきます。
(もし判らなくなっても展開図見ればわかります)

カバーはダイキャスト製です。
スプールの軸を受けているので
それなりに頑丈にしてあるのですね~

スピードマスター201メンテ2 (17)
こんな感じ
このネジがカバーの奥の方で締めるので
ドライバーの先が広がっていないタイプの
ドライバーで締めた方がいいです。


スピードマスター201メンテ (4) 
どわぁ~(゜ロ゜;
ドラグの汚れが…(;´д`)

スピードマスター201メンテ (5)
外しました。
(こちらも展開図で順番確認可能です)
右側のカラーは組み付ける時忘れがちです。
スピードマスター201メンテ2 (14)

スピードマスター201メンテ (13)
メインシャフトに付いているカラーは
ローラークラッチで挟んで締める構造になってました。
スピードマスター201メンテ (10)

スピードマスター201メンテ (6)
左側の金属のストッパー爪部品に要注意

スピードマスター201メンテ2 (7)
無理して外さないで
セットで外した方がいいです。
スピードマスター201メンテ2 (8)
挟んでるハネをまげてしまい。
組み付けた後に異音が発生しました。
リールを上に向けると音が発生
さかさまにして廻すと音が止むのでオカシイな~と思っていたら
この羽がギザギザのストッパーギアを挟んでなくて
フリーになっていました。

スピードマスター201メンテ2 (19)

63番です。
家のプリンターの性能が悪いせいか
スマホで展開図見た方がきれいに見えます。 

スピードマスター201メンテ (7)
ドラグワッシャーは2枚です。

スピードマスター201メンテ2 (11)
パーツクリーナーで洗いました
ダメなの?(^_^;)
しかも、ダイワのドラググリースを使用
駄目だったらシマノのドラググリス買えばいいか

スピードマスター201メンテ2 (12)
メインギアも洗浄中 

スピードマスター201メンテ (14)  
個人的にはベイトリールの方がかなり複雑でした。
WEBで調べたらベイトの方が簡単って
記載が多かったけどなぁ

スピードマスター201メンテ2 (5)  
 ギアの歯に着けたグリスが
ドラグに回らないように細心の注意を払います。
シマノのスプレー式のドラググリスを吹きかけると
噴射して要らぬところまで飛ぶので
一旦ひらに吹いて、メインギアを廻して塗りました。

スピードマスター201メンテ2 (18) 
25と27がドラグだけど
展開図では座金って書いてあった
記載ミス?

スピードマスター201メンテ2 (9)
短い方の軸はスプールドラグに連動していました。
かなりややこしい構造です。
文系人間なので感心しますわ

スピードマスター201メンテ2 (10)
うーん、この先までバラすと
危険な領域に突入しそうなので
やめておきます。
深夜作業で終わらなくなっても困るし

スピードマスター201メンテ2 (13)
洗浄して、グリス、オイルを塗って組み上げていきます。

スピードマスター201メンテ (9)
組み上げてウンともスンとも回らなくなった(^_^;)

スピードマスター201メンテ2 (3)
ラインローラーが逆でした。

スピードマスター201メンテ2 (15)  
ツブツブの方が本体の外側に向くように
取り付けないとハンドルが回らないです。

で、
メンテ前はハンドルを空転させるとかなり渋かったんですが
メンテ後はスルスル回るようになりました。

ドラグも調整幅が広がった気がします!

ちょっと面倒でしたが
効果テキメン!でした。
[ 2012/10/03 06:02 ] メンテ ベイトリール | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。