スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬の東京湾アジ釣り 3

前回、スソを喰らったヘビータックルアジ釣り
ちょっと悔しかったので再挑戦しました。

前回は基本に忠実過ぎた気がしましたので 棚が合ってなかったかも
今回は棚取りを自分なりにアレンジして釣ってみることにします。

時間もあったので、
前日夜に船宿に行って釣り座を確保。
てっきり常連さんがもう名前を書いてるかと思いましたが
ホワイトボードに名前を書いてきました。

翌朝6:00船宿に到着。
今回もあっしが最年少です。
昭和の偉人2人組から声を掛けられました。

「今朝何時に来て、名前書いたの?」
「昨晩10時です。」
「そうかぁ~トモほしかったんだけどな、2人で来てるし」
「じゃ、入ります?いいですよ」
「いいよ、いいよ」
昭和の偉人も早く来たようですが
トモにあっしの名前があったようです。

あっしは自宅からとても近いので前日夜に名前を書けます。
悪いな~と思いましたが、そのままトモをゲット!

ふぁんきいは周りが年上ばかりなので
全体的に遠慮がちなスタンスです。

船に乗ると昭和の偉人が話しかけてきました
「2人で着てるんだけど、もう1人はミヨシ、俺はトモなんだよね~」

「ミヨシだと歯がガクガクするんだよね」
(歯をガクガクさせています。)

ふぁんきい「船の振動ですか?」

「いやー違うと思うなあ、どうもミヨシだとガクガクするんだよな」
(歯をガクガクさせています。まじめに話しているようなそうでないような・・・)

ふぁんきい「この船だけですか?他の船なら大丈夫なんですか?」

「この船だけなんだよな~歯がガクガクするのは」
(歯がガクガクするのでこの船のミヨシ、ダメ出し食らっています(汗・・・))

「ミヨシに乗ると、入れ歯がピヨーんって飛びそうになるんだよなぁ」
(入れ歯が飛ぶジェスチャー)

ふぁんきい(プププププ・・)
ネタなのか、ネタでないのか?
釣りをしている最中に入れ歯が飛んでいき
船中を入れ歯が海水で流れていく様子が光景が目に浮かび
腹の底から笑いがこみ上げて来ました。

昭和の偉人達、明るくて面白いっす!

しばらくすると昭和の偉人からが近寄ってきて
「トモを取ったら竿頭取らないとね~うひひひ」
とプレッシャーを掛けてきます。(笑)
 
しかも違う人から2回言われました

ふぁんきいいじくられております。

201101アジ観音崎1
 
今回は大潮の翌日なので潮が早いようです。
東京湾は船の数が多いです。
潜水艦とか近くを通ります。潜水艦萌え~

行く道中に、操舵室に入って船長に装備を見せてもらいました。
ソナーも完備していてきれいな操舵室でした。
スイッチが多くて操舵室萌え~

観音崎 
大体この辺りです
航路脇でございます。

201101アジ観音崎2 
この灯標?なんだっけ?
大体、8時半位に観音崎沖に到着しましたが、
ポイント探索に手間取っているようでした。
本日は12:00に潮止まりですが、潮がやけに早いです。

ヘビータックルアジ釣りの掟1
潮が早い場合、130号のビシがヨコに流されます。
一旦、ビシが底に着いてから底を切って
ゆっくりとラインが垂直になってから
コマセを振らないと、
底からの棚が正確に取れないそうです。

駄菓子菓子、だがしかし
今回はラインが垂直になりましぇーん

トモに陣取りましたが後半は
更に潮の流れが速く、
ラインがトローリングのように斜めになります。 

こんな場合は「アバウト」です。
斜めになったラインの角度を大体計算して多めに巻き上げます。
それから、コマセアターック!! 
 
大体ってのが性に合ってるような気がします。
今日は調子がいいです!!

おじさんが桶を覗き込んで
「竿頭だね~」と言ってました。悪い気はしないものです。

ヘビータックルアジ釣りの掟2
別にヘビータックルという理由ではないですが
電動リールの水深メーターは当てにならないので
ラインを見て判断します。
次回、誤差を調べてみたいと思います。

いやー今回は「鯖」が多い!!
サバサバサバサバサバサバ
サバサバサバサバサバサバサバサバ

3本針にすべてサバが掛ります。
3本針に
1.サバ
2.サバ
3.アジ
の場合もあるのですが、サバが走り回るので
船べりでアジがポロリンコ・・・・

3本針にサバ3本掛ることもありました。
タモですくうのですが、
3本針の一番下からすくっていかないと
仕掛けが切れそうなので取り込みが大変!!

でもこの時期サバが美味しいので問題ナーシ

3本針にすべてアジを掛けて
サバが掛らないようにする上級テクがあるようですが
なかなかそんな上手くいきません~

201101アジ観音崎3 
イワシミンチです。

ヘビータックルアジ釣りの掟3
ビシにミンチは8分目と言いますが、余り気にしなかったです。
沢山入れても、ちゃんと「あおれ」ば、コマセは出るようです。 

帰りの船中で潮上の場合は
丸い中通しオモリを入れるといいと聞きました。

潮上の場合はオモリ増量で
ビシが斜めにならずお祭りしないとのこと。
またビシの中でオモリが踊ってミンチが出やすくなるそうです
うーん素晴らしい一工夫!!
先達の知恵でございます。。
201101アジ観音崎4 
デカアジがたまに混じります。
上手くなればデカイのだけ釣れるようになるのかな?


12時潮止まりで、2時間ばかり
船中全く釣れなくなりました。
いやー改めて潮が流れて無いと釣れないっすね~

ヘビータックルアジ釣りの掟4
終盤はトモに陣取ったのでどうやら風の向きが
ミヨシから吹いてきて、潮の流れもミヨシから
トモのあっしはベストポジションです。

皆様のコマセ流れてきてるようで
大型のアジばかり魚の数を伸ばすことができました。
 
人のふんどしで相撲を取らせていただきました。
やっぱりコマセ釣りは潮下がいいようです。

201101アジ観音崎5 
大体電動リールの使い方が判ってきました。
4号300m巻いております。
アジは口が弱いので毎分40mくらいで巻きました。

201101アジ観音崎6 
多分、TOPだと思います。ちょっとウレシイ  うほほほ~

201101アジ観音崎13 
35センチのアジです。
サスガにこのサイズはスーパーには無いですね~
デカイのは捌くのラクでいいや
アジはよくわかりません

201101アジ観音崎15 
こんな魚も混じりました
なんでしょうか?
201101アジ観音崎7 
サバサバ~
全部捌くのに3時間位かかりました。
ちらほら、アニサキスも身の方に居たりしてちょっと怖いです。
同乗したアニキの1人はアニサキスにやられて
病院にいったそうです。
刺身で喰ったのが原因だとか。。。。
酢でちゃんと〆るようにとアドバイスいただきました。。。(怖ッ)

大量のサバは家の保存食として小骨も全部抜いて、
から揚げ用、塩焼き用サイズにカットして冷凍しました。

参考までに、ビニールに入れて
中の空気を「急いで口で吸う」と真空パックになります。
急いで口で吸え~!!

解凍はそのまま流水で。。。。
空気が入らないので直ぐに解凍できるのと、
冷凍焼けも幾分防げるような気がします。

【当日の船宿釣果】
観音崎沖(行程 約1時間30分)・水深40~60mで
今日はどのポイントでも良い釣れ方はなく、
転々とポイントを変えながら拾い釣りで、
今晩のオカズだけは取る事ができた。 
しかしサバは多数GET サバではお土産は十分でした。
定時(PM3:00)まで釣りました。
船長コメント!
サバに邪魔されてか? 本命(アジ)は渋いでしたね~
しかしいつものようにアジ・サバでお土産にはなりました。

型20~36cm・数3~20匹(2番手18匹)

【アジ料理編】
201101アジ観音崎16 
アジの刺身 歯ごたえプリプリ♪
201101アジ観音崎17
アジピザ シーチキンの方が旨いかも・・・ 

以上です。
スポンサーサイト
[ 2011/02/01 23:42 ] 釣行記 船 アジ釣り | TB(0) | CM(8)

冬の東京湾アジ釣り 2

タックルの調子を確かめるために東京湾のエサ釣り
タチウオ&アジリレー釣りを計画しました。

船宿に予約の電話をしたものの、前日7時に
人数揃わないので取りやめになりました。
まあ、船宿からは人数が揃わなければ、
出船しない可能性があると予告されていましたので
仕方がありません。
1月の平日ですから仕方ないですよね~

迷った挙句、
早起きしたら釣りに行く事にしました。
案の定、宍戸錠、早起きしました。

去年の夏に行ったアジ釣りと同じ船宿です。
江戸川区葛西の須原屋さんです。

今回は、釣り場は観音崎です。


201101須原屋アジ2

予報通りのベタ凪です。冬場にしては珍しい!

201101須原屋アジ3
片舷3人づつです。
東京湾のアジ釣り、最近はライトタックルが流行ってますが
今回はヘビータックル130号ビシのアジ釣りです。

201101須原屋アジ4 
水深80m位です。
この釣り、あっしが最年少です。
夏にそこそこ釣ったのでちょっと甘くみていました。


201101須原屋アジ1 
コーヒー、お茶、インスタント味噌汁無料
道中一服しながら釣り場に向かいます。

201101須原屋アジ5 
東京湾横断道路です。

201101須原屋アジ9 
風の塔です。

えー
スソくらいました。
隣のおじさんと同じ釣り方してるつもりでしたが
全く釣れませんでした。

まあ、でかいアジが数匹釣れたのでまあいっか

当日の船宿釣果
本日もビシアジのみ出船 型20~40cm・数15~38匹(2番手31匹)
今日もいつもの釣り場で・・ どのポイントも派手な釣れ方はないが、型は見れるので、転々とポイントを変えながら拾い釣りで皆さんお土産を取る事ができた。
型はポイントによりまちまちで、型良いポイントでは40cm級の大アジが混じりました。

[ 2011/01/28 21:50 ] 釣行記 船 アジ釣り | TB(0) | CM(4)

ビシのアジ釣り 

9月中旬、まだまだ暑い日が続きます。
久しぶりに海釣りに行きたくなりました。
今回は手軽に東京湾で食べて美味しい魚としました。

候補� エサ釣りタチウオ
候補� エサ釣りアジ

いずれも、そこそこ釣れている様です。HPでチェックしました。
浦安吉野屋さん
以前にタチウオルアー船に乗ったことがあります。大御所で安心感がありますね。
深川吉野屋さん
こちらもルアータチウオで過去に乗船あり。アジもやっています。
葛西の須原屋さん
こちらはタチウオ船は出してませんでしたが、観音崎周辺のアジで大型が上がっているようです。

アジ釣りは15年位前に一度行ったっきりでなんだか寒かった思い出しかありません。
今回は一緒に行くのは久しぶりに会うSさん、Sさんも東京湾アジ釣りは初めてだそうです。

タチウオはアタリも多く釣り味はなんともいえなく楽しいのですが、
今回は爆釣という感じでないのでパスしました。

それではアジです。結構人気宿ですと、お祭り大会になる可能性もあるらしいです。
今回は船が大きくサービスも1,2を争うという「須原屋」さんに決定。
ふぁんきいもこの宿初めてです。

んでもって、結構深いところも狙いそうな感じなので、
電動リールを借りることにしました。

2人ともアジ釣り初心者、電動デビューです。。。
前日の情報ではトップ90匹以上、いやでも期待が高まります!!!

事前に色々ネットで研究したので備忘録も含めて書いておきます。
「アジ タナ ビシ」とかで検索するとなかなかいい情報が出てきます
�タナが結構シビアらしい。大体底から2mくらいの所に群れているようです。
�仕掛けは2本針、3本針が主流のようですが
 初心者は2本針が良いらしいです。一応どっかのHPにヤマシタの「10ー2号 海戦アジ」
 がいいということで前日釣具店で買ってみた。仕掛けの消耗が激しいようです。
 何しろ、さばが掛かるとぶっつり切られるようです。
 仕掛けのライン号数を上げるとタナがシビアだからコマセと同調しないのでしょうね
�ビシは保証金2000円で貸してくれるようです。130号ですので3.7グラム×130=480g重い仕掛けですね・・・

早速、釣り宿に着きました。久しぶりの釣りで興奮して、朝早く目が覚め1番乗り
この宿の着座システムは、宿の軒先にあるホワイトボードに自分で書き込むシステムです。
一応、初心者なので、船長に指示を受けるべく胴の間に陣取り、なおかつ、くそ暑い直射日光から身を守るべく風向きを計算して、左舷側に記入します。

船に乗り込む時間となり、Sさんと乗船
今日は仲乗りさんも居るようで、早速レクチャー開始です。
「釣りはしたことあるんですか?」
「ハイ」
「普通のベイトリールは使ったことあります?」
「ハイ」

「では、仕掛けの巻き方ですが、このスイッチだけでOKです」
「ハイ」

「巻き上げ完了前に、手巻きを開始してください、口が弱いのでリールの巻上げが急にストップするとバレる可能性があります、折角来たのだから1匹も無駄にしたくないですよね」
「ハイ」

「で、水面にビシが見えるくらいになって竿を立てると丁度コマセバケツにビシが入るようになります」
「ナルホド」

「今度は投入ですが、投げ入れないでください」
「コマセが出るからですか?」
「いえ、仕掛けが絡んじゃいます」
「ナルホド」

「ではここで投入から取り込みまで練習してください」
「ハイ」

アジつりは手返し勝負ですのので、しっかり聞いて練習します。
この時点でまだ、船は出ていません。(笑)

練習しますが、ジギングとは違い効率のいい動作が身につくまで慣れが必要な感じです。

初めての釣りですので、あくまで謙虚に情報収集を心がけます。

201009ビシアジ2
出船しました。旧江戸側河口です。
そういえば、最近どっかのHPで見かけたのですが、海と川の境目って最初の橋からと見かけたのですが
最初の橋が上流にある川はどないなるんじゃ??
※よくよく調べたら「口部の両岸を結ぶ線が境」だそうです。

201009ビシアジ3
旧江戸側河口、黒鯛狙ってるような感じでした。


201009ビシアジ
しかし、須原屋さんの船は大きくて揺れませんねー
HP見るとヤンマーエンジン・1002馬力搭載、トン数19t 長さ24m、幅4・5m
小型船舶で業務用のMAXサイズみたいですね。

201009ビシアジ5
貸し道具です
電動リールは釣り船専用と書いてありました。多分操作が簡略化されているか耐久性が違うと勝手に想像・・・
しかし、130号ビシなのでかなりアタリは微妙な感じです。LTアジとか楽しそうですね

201009ビシアジ4
さあ、到着しました。横浜沖ってことですがかなり陸地に近い感じがします。
一投目は陸地から100mくらいですがどうも沖堤防のようです。
底が凸凹してるようで、着底したら直ぐにサミングでラインをストップしてください
と指示がでました、着底後巻上げだとワンテンポ遅れて根掛かるようです。

30秒でアタリが無ければ、底を取って再度タナを調整します。

仲乗りさんが始終回り、声を掛けてくれます。
この、仲乗りさん素晴らしいです!今まで乗った釣り船の仲乗りさんナンバー1です!!
土日は乗ってるようですので、初めての釣りの時はこの仲乗りさんチェックして乗船したいくらいです。

201009ビシアジ6
アカタンと青イソメ
何となく、アカタンで食いが渋って、青イソに換えるといい感じがしました。
多分気のせい・・・

201009ビシアジ7
釣れた魚 サイズは均一でなくたまに大型も混じります。
鯖がかかると上手くやり取りしないと、仕掛けが切られます。
手巻きで上げると切れないで取り込めました。
中層にはウヨウヨ鯖がいるようで、お祭り時に仕掛けが中層に漂うと鯖が掛かります。
さらにややこしい事態になります・・・

201009ビシアジ8
ハイチーズ
久しぶりの釣りなので撮ってもらいました。
結局、アジ27匹、鯖6本でした。TOP45匹だからまあまあかな~

201009ビシアジ12
こちらはSさんが上げた結構大きなイシモチ
ハイチーズ
Sさん遠い所からお疲れ様でした!!

201009ビシアジ11
頂いたイシモチです。知らぬ間に2匹上げており1匹貰いました。

201009ビシアジ9
釣果です。27匹でもかなり捌くのいやになりました。
仲乗りさんに夏場の干物やめた方がいいか聞いたところ、キス等は良いがアジは身が厚いのでやめた方がいいらしいです。

それと電動リール、かなり抵抗感あったのですが130号ビシで水深80mとかだとかなりシンドイと思われます。
今回は水深が25mくらいだったので必要なかったかもしれませんが、
これはこれでアリかなと…いい練習になりました!

当日釣り宿コメント
ビシアジ 型20~38cm・数7~45匹(2番手39匹)
横浜沖(行程 約1時間)・水深30mで
午前中が“良い感じ”でポツポツと見る事ができ、午前中で皆さんお土産を取る事ができた。 そして午後にも期待したが、午後からはどのポイントも何匹は見れるが、午前中のような釣れ方はなく、少しお土産を増やす程度でした。
サバも何匹か釣れ、サバでもお土産を取る事ができた。

だそうです。
今度は食料調達かねて干物が作れる秋にもう一度行きたいな

それでは!
[ 2010/09/14 06:49 ] 釣行記 船 アジ釣り | TB(0) | CM(6)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。