スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タチウオジグいろいろ

夏に書いた記事ですが
そのままになっていましたので
年末の在庫一掃的に記事UPしてみます。

タチウオジグ色々です。

タチウオ専用団長ジグ
団長ジグ100g 

ただ巻きストップで
これでしか釣れない時があるようです。

アングラーの殺し文句、
これでしか釣れない時がある・・・(~_~;)

思わず購入

ロングタイプも売ってましたが、
ショートでフッキングのハズレが
無いのが一番のアピールポイントだと思ったのですがどうなのでしょうか

謳い文句
広島発信の新コンセプトジグです。
特徴は既製概念を覆す動かないジグ。
ロッドを一定位置で固定。
リーリング のみ簡単アクショ ン!
フラットヘッドなので水押しで太刀魚にアピール
360度どこから見ても同じシルエット
スレ掛かりが少ない一口サイズ



ところで「団長」って誰?
まだ、団長ジグで釣ったことはありません(~_~;)
(使ったことないです)

ブランカ タチ魚SPダークパープル
ブランカ タチ魚SPダークパープル
釣れそうな色なので買ってしまいました(^^;
これはいい感じで釣れました。

ヨーズリブランカピンクホロ 
  ヨーズリブランカピンクホロ
こちらも(^^;結構釣れますよ
一緒に行ったKさんがこれで釣りまくっていました。

201207タチウオ中古治具 
中古ジグを購入してリペイント予定
金色のホロシートを貼って
塗装を待つばかりの状態です。
金色ばかり増えて気持ちがワルイです。

スミスメタルフォーカス60g赤金 

スミスメタルフォーカス60g赤
結構釣れました。

謳い文句
メタルフォーカスは、ショアからの
ジギングや船からのキャスティング用に
専用設計されたジグです。
そのシルエットはフィッシュイーターの大好物、
イワシのフォルムをモチーフとしてデザインされています。

キャスティングジグの多くはテールを振るだけの
アクションをするに過ぎないものですが、
メタルフォーカスはその頭部下の
深い切り込みがリトリーブに水の抵抗を受け、
微妙なバイブレーションを頭部に発生させ、
テールウォッブリングアクションとあいまってより効果的にアピールします。

ヘキサー80g 
ヘキサー80g

謳い文句
ヘキサータチウオ専用設計の強さ! ドラゴン級も連発!!
繊細なテクニックが求められるタチウオ釣り。
ヘキサー・タチウオはアングラーの要求を
満足させる性能を盛り込んだタチウオ専用モデルです。

センターからやや後方に重心を持たせることで、
ジグの暴れすぎを防ぎ、
一定のペースでアクションさせることを可能にしました。
さらに潮の流れが速いエリアであっても、
的確なレンジ攻略と攻撃的な手返しを実現。

さまざまなフックバリエーションに対応する
アシストフックアイを装備。
リトリーブ&アクションはもちろん、
フォーリング時の使いやすさもこのジグの特徴です。
ルアーロストの多い釣りに応えた
コストパフォーマンスの高さも大きな魅力です。
ヘキサーだけのタチウオ専用カラーをラインナップしました。
オーシャンスタイル80g 
オーシャンスタイル80g
廃盤になってるようです。

こちらもいい感じで釣れました。

タチウオジグ80g不明 
タチウオジグ80g不明


タチウオ不明ジグ100g
タチウオ不明ジグ100g
最近は中古を買うことが多いので
意図しないジグが増える傾向です。

タチウオ不明ジグ100gリペイント用
タチウオ不明ジグ100gリペイント中
タチウオ不明ジグ70g 
タチウオ不明ジグ70g

鉄ジグリペイント
鉄ジグリペイント
鉄ジグはサビサビになるので
塗装を一旦落として
マーブルホロを張ってコーティングしました。
スティンガーバタフライ ワーリーギグ1
スティンガーバタフライ ワーリーギグ
これも中古のセットに入っていたやつ
釣れるのでしょうか?
スパイラルって所が???ですが
その昔、スパイラル系のジグが流行った時期もあったようですが・・・

謳い文句
低活性時にモノをいう、スパイラルアクション
シルエットの半面だけに、思い切ってヒネリを加えたエッヂをデザイン。
強制的に水流を捻ることで上方移動を最小限に抑えたヒラ打ちアクションが簡単にでき、
ボトム周辺をネチネチ誘えます。基本的にはセンターバランスのため、
フォーリングでのアクションはイレギュラーかつ多彩。
ジャークしてスライドさせた後にラインスラッグをくれてやれば、
もたつくようにジグがストップするので、フィッシュイーターに睨まれたベイトが
怯える様子を演出できます。
アオモノはもちろんアジ、サバ、マダイ、根魚、ホウボウ、ヒラメなどにも効果的


太刀魚フック作成です。
イーグルクロー トレーラーフック1

イーグルクロー トレーラーフック1
安かったので買ってみました。

イーグルクロー トレーラーフック2

イーグルクロー トレーラーフック2
そのまま、ワインドのトリプルフックに付けて
使用してもいいかもしれないです。

イーグルクロー トレーラーフック3 
奥はリューターでバーブレスにしました。

イーグルクロー トレーラーフック4 
環付きですが「環」が大きい気もしますが
自由度が増していいかもしれません。

タチウオフック自作
左側はザイロン仕様
最近は面倒でザイロン巻はしません
これはバーブ有りですが
太刀魚用はリューターでバーブを削っています。

イーグルクロー トレーラーフック 
赤いのはさび止めで塗ったマッキーの色です。

てな感じでございます。
スポンサーサイト

タチウオルアー製作

今年はタチウオ釣りに
静岡まで4回ほどプチ遠征しましたが
夜の船釣りは毎回魚が表層を泳いでいるのを目撃しています。

んで、タチウオルアーを作ってみました。
素材は桐の1センチほどの角棒を2本を普通の糊でくっつけます。
接着面にマジックインキで色を塗り
(削る際のセンター目印です。)
削り、オモリを入れて再度木工用ボンドで接着

2度ほどコーティングして表面を整え
色を塗りました。

タチウオ用なので普段使わない
原色が多いです。


201211タチウオルアー製作 
ムラサキです。
脇腹は台所用のアルミテープ貼り付け(^.^)

201211タチウオルアー製作 (2) 
チャート風
リップレスで
ございます。

201211タチウオルアー製作 (3) 
赤ゴールド
スケベ椅子風

201211タチウオルアー製作 (13) 
蛍光ピンクリップレス
下地はピンクホロ
画像上下逆だし(*_*)

201211タチウオルアー製作 (14) 
ムラサキじゃ
ゴールドメタリックを軽く吹いております。
シンキングです。

201211タチウオルアー製作 (15) 
グリーン&イエロー
まあまあ重いハズ

201211タチウオルアー製作 (4) 
こちらは黄色い店で売ってた
200円ジグ、ゴールドのアワビ風シート貼り付け
なんかアイが嫌な形状(-_-;)

201211タチウオルアー製作 (5) 
こちらはゼロワン
コーティングしただけです。

201211タチウオルアー製作 (6) 
ヨーズリブランカタチウオSP
お腹に夜光テープを貼り付けてディッピング

前回いい感じで釣れたけどロストしたので復活!

201211タチウオルアー製作 (8) 
こちらも300円ジグ
下地の蛍光ピンクは買ったときのまま
アワビ風シート貼り付け(^.^)

201211タチウオルアー製作 (9) 
重めのジグがなかったので
手元にあったP-BOY、150g
背中が青のホロだったのですが
ムラサキ赤で塗ってみました。
釣れそう(^-^)v

201211タチウオルアー製作 (10) 
ヤフオクで買ったジグセットに
入っていたジグ、ピンクシルバーをムラサキピンクに変更
しかし何だろうこのジグ……
上が魚、下はイカなので目玉が3ヶ所ある
普通のジギングでは絶対に使わないので
タチウオに噛みついてもらいます。

201211タチウオルアー製作 (11) 
デュエルっぽいなあ

201211タチウオルアー製作 (12) 
こちらもヤフオクのセットに入っていた
ヨーズリブランカのパールホロをチャートっぽくペイント
うーん、釣れそう(^-^)v

管釣りルアー作り

管釣り用ルアーを作ってみました。
バルサ製です。

色は面倒なので筆でぬりました。

テストは近くの親水公園

登校中の小学生の注目の的。
「釣れますかぁ?」と訊かれました(^^;

「テストしてるだけだよ~」
と答えましたが
この寒いのに「鯉」が釣れそうになって焦りました(ToT)


緑色

管釣りルアー自作 (9)
適当に

管釣りルアー自作 (10)

グルグルするタイプですが
グルグルしませんでした(^_^;)

管釣りルアー自作 (11)
にょろにょろしました。

管釣りルアー自作 (12)
こっちもニョロニョロ系
ニョロニョロします。

管釣りルアー自作 (13)
団子5兄弟
コーティングで塗装が流れました。
セルローススプレーが残りわずかだったので予想はしておりましたが…
まあ、流れても「味」ってことで(^.^)

管釣りルアー自作 (14)
団子6兄弟
思ったより泳ぎました。
泳がなくてもいい気がします。
フック逆に付ければいいか…

管釣りルアー自作 (15)
団子4兄弟
コンセプトは「沈んでいくペレット」です。
本格的に作るならペレットと沈下スピードを合わせた調整が必要だと思い鱒!

管釣りルアー自作
1つ位アタリがあるはず(^_^;)

管釣りルアー自作 (4)
うーん

管釣りルアー自作 (5)
もう、ひらめきで着色しております。

管釣りルアー自作 (6)
いい感じで泳いでいました。

管釣りルアー自作 (7)

釣れるかなぁ
釣れないだろうなぁ(^-^;

タコエギ作り

一部でタコ釣りは流行っているようで
能登釣行(帰省ですが)を前に
タコエギを作りました。

自作タコエギ製作1 
98円のエギ
この後、黄色い店でタコ専用エギが200円で売ってるのを発見ました・・・

自作タコエギ製作7
かんなを外して
簡単に抜けるのとそうでないのがあります。
抜いた穴には爪楊枝をエポキシボンドで刺しておきました。

自作タコエギ製作2
リューターで エギの後部に穴を開け

自作タコエギ製作5
リューターの歯に布が巻き込まれ避けてしまった。
やすいエギは下腹部の布のかみ合わせ部分からはがれてしまうそうなので
エポキシで強化した方がいいそうです。
確かにはがれそう・・・

自作タコエギ製作3 
針金はステンの2mm

自作タコエギ製作4
こんな感じで刺して 強度確保

201208タコエギ準備製作2
赤い糸でぐるぐる巻き&エポキシで固定

201208タコエギ準備製作3
ついでに、赤いタコベイトをカットして
201208タコエギ準備製作1 
ステン針金で固定
自作タコエギ製作6 

アイの部分に5センチくらいの垂らしをつけて
5号とか10号のナスオモリつけると
沈下スピードがUPしてGOOD
アタリも取りやすいようです。

針金フックはもう少し小さくてよかった・・・
根掛かり多数・・・

先に釣果を報告しますと
釣れました!が・・・・・

詳細は次号で


タコ釣り 釣れたけど・・・

「和」のルアー

まずはリンク先のTSUYOSHI STYLEさんのblog記事をご覧ください。
「チャリ男単独修行中 7月15日釣行記「修行僧が逝く


しかし、モアザンもポッキリ
TSUYOSHIさんついてませんね~

ショートバイトばかりのバイトに苛まれてました・・・
名づけて「海女さんバイト」


海女さん
←クリック!!

このすんばらしい絵画はTSUYOSHIさん作
リンク先の弓削島の「もん画伯」もかなりの作品を描きます(毒)

もんさん作品




さて、あっしの自作ルアーですが

海女ルアー1

カツラを削って仕上げました、(カツラがNGワードの人すいません)
これはコーティング終了後です。

海女ルアー2

ニップレスでございます。いゃ「リップレス」です。

完成すれば、先ほど登場したTSUYOSHIさん行きです。
頑張ってシーバスを釣って下さい
海女ルアー3



海女ルアー5

色はブラックです。
金のメタリック入りでさりげなく「和」の装いです。
さりげないのが「侘び寂」の日本人でございます。

海女ルアー8

ブラックに塗ったところで、これから先は3種類の色を使用します。

海女ルアー6

マスキングします
マスキングして、丸く切りかきます。
海女ルアー7

先ほど調合した「白・赤・黄色」をエアブラシで吹きます

海女ルアー9

塗れました
マスキングは早く剥がさないと塗装まで剥がれてしまいます。

ココからが重要!

構想5分

制作費 ちょびっと

製作期間5ヶ月(かかりすぎ。。。)















さてどんな具合でしょうか




海女ルアー10









ジャーン

海女ルアー11

海女さんでえ~す。
海女をもって海女を制す!!

え~
元の絵が上手すぎて‥‥、
人間国宝のあっしにはわざとヘタクソに描くのが苦心しました(猛毒)
海女ルアー12


アップで。。。
海女。。。2


海女。。。


さて、
残り数回のコーティングを残しておりますが
一旦
由美か○るの入浴シーンしてみますた。

真水ですので実際は海水の方が浮力があります

フックを付けてゆっくり沈むので海水だと
丁度サスペンドになる感じです。

あとはコーティングを更に数回する予定です

博多で爆釣なるか!?

驚きの結果に続く( ☆∀☆)

インチク

丁度、一年前に石川県の能登に行った際に
釣具屋さんで発見して購入したインチク
沢山オモリだけ買ったんですがそのままだったです


インチク10


1年前にに作ったインチクで青物をゲットしましたが、
キャスティングでした。(^_^;)

で、また石川県に行きますのでインチクを作ってみました。
元々、インチクは石川県の能登が発祥らしいです。


「郷に入ってはひろみ郷」(^_^;)さむ
億千万釣りたいと思います。
オ~クセンマン♪
オ~クセンマン♪

常々思ってますが
「オクセンマン」ってどんな単位だよッ!
まぁいいか・・

で、昨年買ったインチクはかなり凸凹してましたので
ウレタンフロアでコーティングします。
鉛にメッキなのですぐにキラキラ感が失われてしまいます。(^_^;)
キャスティングで使ったので磯に当たってボコボコでした(泣)

インチク9


ウレタンコーティングしてツルツルにした後にホロシートを貼りました。
曲面が多いので1センチ位の短冊にカットして縦に貼り付けます
欲張って貼り付けると曲面がしわしわになるのでめんどくさいですが、
なるだけ平面をカバー出来る大きさにカットして貼った方がいいです。

インチク8

ラメを振りかけたのもあります。

その後、更にコーティングします。
コーティングすると「穴」が塞がりますので最後にドリルで穴を回復します。


ちなみに、最近買ったヨーズリさんのインチクオモリは300円台で
仕上がりがツルツルなんでいきなりシート貼りしてからコーティング可能です。


こちらは両方のサイドにアワビ風ホロシートを貼りました。
インチク4


アシストフックを作る要領でフックを制作します。
めんどくさいので内掛け結びをやってみましたが、
結び目がデカくなるので止めました。


ケプラーセキ糸でシーハンターやザイロン使い
フックの軸に巻き瞬間接着で固めます。
ザイロンノットを使用の場合は芯のラインを抜いて、
フックのサキッチョから通してフックの軸を包むようにしてから
セキ糸でぐるぐる巻きにするとバランスが取れていいと思います。


熱収縮パイブを使う方は、
ダブルフックを両サイドに止めてからパイブは入れられないので
先に入れてからセキ糸で巻いて下さい。(笑)

ちなみに、フックは環付きでなくて、
もっと細軸の方がヒラヒラ感が出ていいと思います
手元にはこれしか無くて‥‥
インチク6


ザイロンやシーハンターはかなり長めに取らないと
インチクのケツ(スリット)からタコベイト、フックが出ないので要注意です
ラインは25センチ以上とって、両サイドにフックを
付けます。
長さはインチクオモリと相談して調節しながら
にするといいです。

今回はサワラの可能性も高いので一部ザイロンを使用しました。
お金に余裕のある方はザイロンが間違いないです。
インチク3


ただ、ザイロンは紫外線に弱いので
保管には注意したほうがよさげです。
あっしはザイロンで作ったアシストフックは
アルミホイルに包んで保管してます。

フックの上部に結び目を作って、
その上にウキ止めのゴムをカットして上から通します。
タコベイトがフック側に下がらない用にします。
スカートが下がると恥ずかしいです。(≧▽≦)ゞ
中にあるウキ止めゴム見えます?

インチク1


タコベイトの上部は千枚通しとかで穴を開けると
タコベイトが裂けてしまいます(;□;)!!
ベストは針金を焼いてプチっとやるといいと思います
タコベイトの上にビーズをつけられる方も居るようですが、
付ける理由が分からないので今回は付けません。
だれか教えて!

インチク11


リンク先の隊長さんのアドバイスでサワラが居る場合は
ザイロンにワイヤー通した方がいいですよ
の貴重なアドバイスをいただきました。
ありがとうございます!

タチウオで使ったワイヤーが有るので
インチク15



インチク13


ワイヤーを貫通罪してみました。
両サイドをスリーブで留めました。
フックを付けた後だったのでこんなんになってしまいました
環付きフックでよかったかも(笑)
ちゃんとラインに仕込んで、フックにセキ糸で留めた方がいいですね~


タコベイトの色は迷う所ですが、
能登の漁師さんのオススメカラーは茶色だそうです。
他はラメ入りの赤、青にしました。
そういえば、一般的に漁師さんの使うカラーはオレンジが多い気がします。
鯛カブラもネクタイはオレンジは実績カラーだし、今度買ってみよっと

インチク12


今回は基本的にはジギングが好きなんで
疲れたらインチクを使おうかなと思っております。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。