スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

異国釣行記1

10年位前の事です
リーマンでした。(今でもですが・・・)

社員旅行もあったりしてその時はサイパンでした。

旅行に行く前に
「フグ田さんはゴルフね~」
「磯野さんは何とか島に行く~」
「社員旅行は気が乗らねーな」
なんてニヒルに構えている社員もいたりしますが
社内がなんだかちょっとソワソワしてたりします。

あっしは、当然釣りです。
サイパンに行って釣りをする人は社員では居ませんでした。
さびシー

ロッドをどうしよう?と考え前日上○屋に向かいました。

飛行機にロッドを積むのは初めてだったので、
取り合えず仕舞寸法の短いサオを購入。
メーカー不明の3000円の振り出しロッドです
初心者用のオモリ負荷の一番高いモノでした。色はミドリっす。

リールはなんだか忘れたけど家にあった「ナビ」かなんかだと思います。
ラインはナイロン・・・・ 適当に家にあったジグを旅行バッグに突っ込んでいざ出発

サイパンに到着・・・ 宿に到着ホテルは市内から随分離れた所でした。
宿について早速情報収集っす。
バーのバーテンダーに聞きます

たぶんあっしの英語はこんな感じのはずだったとです

「このへんの、大きなサカナつれるとこあるか?」
「わしはサイパン人でないのでわからん~わ」
ダミだこりゃ・・・・

ホテルに日本人のおねーちゃんが居たりしますが
知ってるはずもなく
「赤やミドリのサカナが釣れるますよ~お楽しみに~ニコッ」
なんて言われちゃうのが関の山・・・・

その後、ホテルの関係者何人かに聞くも情報ゼロ・・・・
仕方なくホテルのプライベートビーチに行きます・・・
遠くの方に、サンゴ礁と外海とのリーフの縁に白い波が立ってるのが見えます
(嗚呼、アソコまで行ければ・・・)

当然かなりの距離がありますし、
波のあるので自殺行為・・・

夕方でちょいと忙しそうに片付けしてるライフセーバーのあんちゃんに
さっきと同じ質問をしてみます

「わたし、釣りするあるよ、とっても大きい魚つりたいよ、この辺ドコ、ワシに教えて頂戴!」

そのライフセーバーさんは腕に模様が入っていてちょっとコワいです
「ん?釣りか!俺もやるのだ!」(おおお~)
「どうやってつるのだ?」

「日本から来たんだけど、ルアーでやろうと思ってね」
「ジグとかもってるよ」(急に饒舌・・ほんとかよ)

「それなら、宿から出て入り口の左に 
細い小道があるのでずんずん進んで 
その先に浜に出るルートがあるので 
その浜沿いにまた進むと岬があるよ 

そこがGOODだぜ!頑張れよ!セニョール」(言ってねえ~)
「歩きで行けるのか?」
「ちょっと遠いけど大丈夫だよ」 (やったー!!でもホントつれるのかな~)

しばし、お互いの釣りを紹介した後にお礼を言って別れました
ありがとうあんちゃん!!

ヤツは巨大魚狙いで「バンザイクリフ」とかで徹夜釣行してるようです。

翌朝~結構早い時間でしたが
同室の部屋の人はゴルフで、
あっしはロッド片手に独り目的の地に向かいます。

指示通り、言われた道を歩くのですが
昨日到着も夕方、サイパンは初・・・・  よーわからん!

ぽつぽつ雨も降ってきました・・・
舗装されてない木の生い茂るクルマ1台分が通れる道を歩きます。
(まだ、日本兵とか居るのかな~?、原住民とか襲ってこないかなぁ?)

でも、その道は浜と平行して走ってるので
波の音が聞こえてきます。 強制的に道が浜に向かいその道は終了・・・

浜にでると、遠くにちっちゃな「岬」が見えます。(遠いな~)
岬に向かって歩きます。
浜が終了してました

岬には陸地沿いには行けません
現在の潮位はヒザくらいです、十分渡れますが帰りが・・・

今は満潮なのか?干潮なのか?

行くしかないでしょ!!

岬までヒザを水に浸かりながらずんずん進みます
噂通りナマコが・・・・

やっと岬の縁に到着、よじ登ります。
溶岩なので岩の上に乗っても移動が凄く大変・・・

ポイントに到着しました。ビールの空き缶があったりして、
人が着てる事にちょっと安心

まだまだ先に岬がありますが、どうもかなり水深があるポイントのようなので
リーフエッジを狙える所で開始!

まずはポッパー・・・・・・・釣れねえ!

次はシーバスルアー飛ばねぇ~
ふうぅ~

次はジグ、

飛ぶなぁ~ あっつ!!来てる!追っかけてる! サカナが!!

キタ~!!
 おおー引くゾ~!!
ロッドが「ミシミシ」いってます。
やばっ!! さあどうやって取り込もう?

足場が高いし、波もあるし。。。。
下には降りれない・・・ もう、ゴボウ抜きだ!!

やった!キレイな魚だなぁ~ 50センチのカスミアジでした。
はっきり言って感動で足がブルッちゃいました。
(カメラ持ってくればよかった。。。。)
ロッドのお尻に魚の尻尾をあてがい寸法を取って放流

再度、キャスト!
また、追っかけてきてる~!!
残念ながら何回も追っかけてくるんですが、フッキングに持ち込めず・・・

潮が上がってきたので終了~
後ろ髪引かれる思いで帰りますた

翌日、ライフセーバあんちゃんの所へ報告に行きました

funkyおやぢ: 「いやーおかげで魚つれたよ~」
あんちゃん: 「おお!どんなんだ」
funkyおやぢ:「GTだよ!」

あんちゃん: 「は?GT何!」
funkyおやぢ:「ジャイアントトレバリーだよ」
あんちゃん: 「は?なんとかアンバーか?」

funkyおやぢ:「ん?」「ダミだ通じん!」
funkyおやぢが砂浜に絵を描く
あんちゃん: 「ん?」
駄目だ!絵がヘタクソで通じん!

あんちゃん: 「おまえはいつ帰るのだ?」
funkyおやぢ:「2日後だす」

あんちゃん: 「3日後休みで釣りに行くが一緒にこないか?デカいのがつれるぞ!」
funkyおやぢ:「わお!行きたいけど帰る日だよ、残念~」

あんちゃん: 「シマノのリールは日本では幾ら位するのだ?値引率は?」
funkyおやぢ:「大体30%くらいかな~」
あんちゃん: 「おおー」

あんちゃん: 「おまえはまたすぐサイパンに来るか?」
funkyおやぢ:「いや、なかなか来ないよ」
あんちゃん: 「そうか、また来るならシマノのリールかって来て欲しかった
         サイパンじゃロクなリールが売っておらん」
funkyおやぢ:「すまぬの~」

funkyおやぢ:「youのおかげでmeは素晴らしい釣りが出来た!サンキュー」
あんちゃん: 「おう!」


てな感じで
予想をしない大物を手にしたのでした。

翌日、バンザイクリフを観光で行ったのですが
さすがに日本人としてココで
徹夜で釣りをする気分にはなれませんでした
合掌・・・


おしまい


 



スポンサーサイト
[ 2006/12/26 23:50 ] 釣行記 異国釣行記 | TB(0) | CM(7)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。